FC2ブログ
ADMIN TITLE LIST
2018年9月1日土曜日、
帯広市で開催された「とかちマルシェ音楽フェスタ2018」
に出演した。

場所はJR帯広駅北口広場。
飲食店が多数出店し、お祭りのような人出で賑わっていた。
20180901_02.jpg 
この日は十勝らしい青空が広がった。
清水インターチェンジで高速道路を下り、
国道38号線を帯広へ向かう。

やはり十勝は緑色の量がすごい。
道路沿いに木が多く、葉が道にかぶり気味だったり、
草が全体的に高いので、緑が迫ってくるようだ。
空知では見られない景色だ。

それと匂いが違う。
草木の匂いが強く、そこに酪農系の匂いがブレンドされ、
これもまた空知では味わえない。

さらに、岩見沢に住んでからずっと感じているのが、
空知管内や札幌界隈の道路はうるさい。
タイヤとアスファルトから発せられる音が大きいのだ。

それに比べると十勝管内の道路はどういうわけか静かだ。
なので車中でラジオを聴きやすいし、
車の窓を開けて走っても快適だ。
こういう点でも十勝に来た甲斐を感じられる。
20180901_01.jpg
で、ライブだ。
出演予定時刻ジャストでスタート。

セットリストは次のとおり。
1 ターミナル
2 刺激がないとね
3 たどり着けない雨の夜
4 夏の匂い
5 恋の迷路
6 今夜ブルースを


20180901_03.jpg

移動の車中からずっとサングラスをしていて、
そのままステージに上がってしまった。
3曲目の「だとりつけない雨の夜は」は、
年をとるごとに見えなくなったものについて歌っているが、
その曲紹介のMCの時、
「裸眼なんですけどね」と言って目に触れた時まで気づかなかった。
素人が洒落こいたっぽい状態になっている。

たくさん人が飲食をしていて、

しかし、ステージに眼を向けている人は30人くらいで、
それでも30人くらいもいるわけで、
それに加え、大きな空とビルが広がる景色の中で
歌えるのはほんとに気持ちがいい。

特に4曲目の「夏の匂い」は、この日のステージでやりたくて、
8月中旬に必死に歌詞を作った曲だ。
「冷たい風が吹いて 影が長くなる
 夕暮れが早くなったね」という歌詞は、
この日のステージに立っていることを想像して書いただけに、
ちっぽけなことだが夢がかなったような気持ちになり、
感動マイセルフな瞬間だった。
20180901_04.jpg

帯広、十勝の知り合いにも10人近く会えた。
特に感激したのは、ローゼンフェルン時代を知っている方が
清水町から観に来てくれたこと。
25年以上も経っているのに、
忘れないでいてくれたことが有り難いし、
足を運んでくれたことがほんとに嬉しかった。

その方が言っていた。
ライブハウスはちょっと行きにくい、
でも、こういうイベントなら気軽に来られると。
そのとおりだ。
よくわかる。
音楽活動をしている私でも同じようなことを思う。
それだけに、こういうイベントは積極的に参加したい。
 

出演が終わった後は、飲食店をまわり、
結局、タントタントのピザと、
帯広水産のチーズはんぺんドックを食べた。
20180901_06.jpg 20180901_07.jpg
生地がもちもちで具はチーズだけなのに

バジルが効いた美味しいピザだった。
チーズはんぺんドックは想像どおりの味。

活気のあるほんとに素晴らしいイベントだ。
出演オファーをくださった帯広商工会議所の澤木さんにも会えた。
ほんとに感じのいい女性だ。
来年も会いたい。
20180901_05.jpg
宿泊すればよかった。
帯広の夜もいいのだが、
十勝はやはり日中がより素晴らしい。
防風林、道の広さ、農機具、橋、人の雰囲気、帯広ナンバーなど、
別世界ぶりを改めて感じた。
余談だが、十勝の車両は帯広ナンバーではなく、
十勝ナンバーにした方がいいように思う。

世の中には動員をかけて無理に人を集めるイベントがある。
そういうイベントはやめた方がいい。
ほんとうに意味や意義があるならば人を集める必要はない。
その点、とかちマルシェは十勝の活気を感じられる
実に魅力的にイベントだ。
楽しんだ。
いい祭りだ。
今年もほんとにありがとう。

スポンサーサイト





このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2018/09/04 10:45】 | #[ 編集]

コメントをくださった方へ。
長く続けていて最も嬉しいのは、こういう再会です。
また機会がありましたらぜひ。
足を運んでいただきありがとうございました。
【2018/09/05 06:35】 URL | 本人 #-[ 編集]















管理者にだけ表示を許可する



| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2018 トゥナイト今夜もRock Me Baby, All rights reserved.