FC2ブログ
ADMIN TITLE LIST
クロスバイクを車に積んで地元へ。
積丹半島の西側の海岸沿いの道でペダルを漕いだ。

クロスバイクを購入して10年近くになるが、
その時は札幌に住んでいて、
その後は帯広、岩見沢と転勤し、
内陸部ばかりを走っていた。

小樽、石狩、留萌、大津(豊頃町)など、
海のある場所まで走ったことはあったが、
行っただけであり、海外沿いをぶらつくことはなかった。

走ったのは、いわゆる「岩宇(がんう)」地域。
神恵内村、泊村、共和町、岩内町だ。
これらのマチは、海岸と田園風景が魅力なのだが、
写真ではどこにいるのかわかりにくいため、
工夫が足りないとは思いつつも、役場を用いて伝えると、

まずは神恵内村役場。
20180727_01.jpg
国道229号線沿い、海岸がすぐ近くにある。

そこから12kmほど南下すると、泊村役場。
20180727_02.jpg
国道229号線沿いの、
海岸沿いの街並みを一望できる小高い場所にある。

ここから共和町役場へ向かう。
海岸から離れ、周囲の景色は水田とスイカ畑などに変わる。
共和町役場。
20180727_03.jpg
再び海を目指して西へ向かうと、岩内町役場。
20180727_04.jpg
どうだい、役場オンリーの写真は面白みがないだろ。
しかし、無礼講の飲み会がこの世にはないように、
刺激的でアバンギャルドな役場など無い。

神恵内村には、「稲葉屋」さんという和菓子屋がある。
私はここの甘く濃く重たいあんがつまった中華まんじゅうが
大好きで、私にとっての
オールタイム中華まんじゅうランキングの第1位だ。
20180727_05.jpg
しかし、積丹半島の先端に近い人口千人未満の村の和菓子屋だ。
常時商品が店頭に揃っていることはない。
中華まんじゅうは予約による受注生産のみの対応だ。
写真でも、営業しているのかどうか、というか、
和菓子屋なのかどうかさえわからない店構えだ。

この日、店頭で売っていたものは、あんドーナツのみ。
6個買った。
実家に置いたまま、そのまま忘れて岩見沢に帰ってきた。
写真も撮り損ねた。

                        ◆

2週間前に帯広に行った時は、
生い茂った草木と野菜畑のせいで、
緑の面積、体積とも圧倒的で、むせそうなほどだった。

積丹半島はとにかく青い。
20180727_07.jpg
海中もきれいだ。
20180727_08.jpg
一言で「青い」と言っても、色々な青色があるものだ。
20180727_09.jpg
NHKの朝の連続テレビ小説「半分、青い。」は、
出会って1週間で結婚を決め、
満足に働かない夫に苦労している中、妊娠し、
迷走というか、逆にありがちというか、
先の見えない転換となっている。

キムラ緑子さんらおばさん3姉妹の存在意義と、
舞台での芝居のような演出がやや食傷気味だ。
このドラマにおける位置づけに関して、
そろそろひとつの答え、あるいは結論が欲しいところだ。
20180727_06.jpg
夏の積丹は「半分、青い。」どころではない。
ほとんど青い。
内陸部で見る青は空だけで、
それはそれで草木とのコントラストは映えるが、
海岸線で見る青は、空と海がつながっている。
何度も見ている景色なのに毎年感動する。
それだけのことだが、それだけで十分だ。

スポンサーサイト



















管理者にだけ表示を許可する



| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2018 トゥナイト今夜もRock Me Baby, All rights reserved.