FC2ブログ
ADMIN TITLE LIST
パソコンの不具合が続き、
買い替えが近づいている話を前回の記事で書いたが、
テレビは3年ほど前から限界と戦っている。

通常のモードでは見られず、
DVDレコーダーを介して見るしかない。
なので、dボタンは使えないし、
録画をしている最中に別の番組を見ることができない。

DVDレコーダーもまた限界が近づいており、
4、5時間連続でテレビをつけていると、
音声が消えたり、画像が止まったりする。
予約録画が機能しなかったことも珍しくない。

ところが、テレビの不具合にストレスを感じない。
見られないならそれでいいと思えるのだ。
完全に壊れたら、しばらくテレビ無し生活に
トライしてみようかと思っている。

とはいえ、ほぼ毎日見ている番組がある。
NHK朝の連続ドラマ「半分、青い。」だ。

NHK朝の連続ドラマで半分以上見た作品はない。
最も見たのは「あまちゃん」で、
それも終盤の2か月くらいだ。
「半分、青い。」は90%くらい見ているだろう。

なぜそうなったのか。
主人公である「すずめ」の小学生時代を演じた子役の演技が
素晴らしかったことが始まりだ。
その流れで、高校生になった「すずめ」も見続けた。
そこから新たな面白さを見つけてしまった。

すずめの
天然で、率直で、奔放なところが、
ちょっとイラっとすることに気づいのだ。
悪く言えば、無神経で、勝手で、鈍感で、
台本上、意図的にそうしているように思えてきたのだ。

高校3年生の時、家族の口利きで決まっていた就職先が
ありながら、
突然、漫画家になると言い出し、就職をキャンセル。
それを大して悪かったとも思っていない。

19歳の誕生日のシーンはひどかった。
幼馴染の男性の住むマンションへ行く。
そこには男性の彼女もいたのに、家にあがり込み、
あげく、幼馴染の男性は私のものだ!と絶叫。
あまりの愚かさに衝撃だった。

その幼馴染は27歳で結婚する。
何年も連絡をとっていなかったにもかかわらず、、
その事実にすずめはショックを受けて泣き明かす。
つながりが途絶えていたのに、なんでそうなる。
しかも、結局、幼馴染の新居にまで行き、
奥さんと会話までしてしまう。
 

とんでもないキャラだ。
朝ドラの主人公というポジションにいながら、
これほど共感や応援をできないキャラに仕立てていることが
逆に興味深く、この先の展開が楽しみになってしまった。

無神経キャラを継続して30歳を迎えるのか、
いつか自分の不謹慎さや軽率さを反省するのか、
なんだかわからないがハッピーになるのか、
いずれにしても、浮ついた主人公の方向性が見えない。
それが気になってしまう。
私は脚本家の思惑にはまっているのかもしれない。
それならそれでいい。

脇を固める役者の良さもある。
岐阜の田舎の古い食堂で働く松雪泰子の風貌が
アンニュイで憂いが強いため、違和感が激しいのを除けば、
個性と存在感がちょうどいい役者が揃っている。

先週から、すずめは漫画家をやめ、
100円ショップの店員になった。
新たな展開に突入し、登場人物も一気に変わった。
しかし、すずめは相変わらず自分中心で無神経。
悪い人ではないのだが。

ちなみに主人公のすずめとは関係ないが、
悪いことをして、迷惑をかけたり、困らせたりするのは、
「悪い人ではないのだが」と言われてる人が
ほとんどだと思う。
 
スポンサーサイト



















管理者にだけ表示を許可する



| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2018 トゥナイト今夜もRock Me Baby, All rights reserved.