ADMIN TITLE LIST
今日は、久しぶりに本の話である。
クグエ@スカイウォーカーの選ぶ「2007・ブック・オブ・ザ・イア」
というのを、1月5日付けの記事で発表した。
その大賞は、桜庭一樹氏の「赤朽葉家の伝説」という作品だったが、
この桜庭一樹氏が、先日、直木賞を受賞した。
受賞作品は「私の男」。
「赤朽葉家の伝説」の次に出版された作品である。
近いうちに読まなければならない。

さて、今日紹介する本は、
今野敏(こんの・びん)の「隠蔽捜査」と「隠蔽捜査2・果断」。
タイトルから想像できるとおり、刑事ものである。
1月中旬、「隠蔽捜査」を読んだら、かなり良かったので、
その続編である「隠蔽捜査2・果断」も、読まずにいられなくなった、
というか、読まずにいられなくなっちまった。
そして、紹介したくなっちまった、というわけさ。

隠蔽捜査隠蔽捜査2

ストーリー、人物描写、展開、重み、深み、その全てにおいて、
非常に良くできた作品だった。
読み始めてすぐ話に入って行けたし、
話の進め方が上手いせいか、途中まで読んで、3日間読まなくても、
ストーリーを忘れない。
そして、3日後に、また読んだ時も、すぐ話に入っていける。
面白い本、良い本というのは、そういうものである。

主人公は、46歳のエリート警察官僚。
非常に堅物で、面白みはないが、異常に仕事熱心である。
生真面目で正義感も強い。しかし、あまりの融通の利かなさに、
周りからは「変人」呼ばわりされている。
私も主人公の堅物さに、少し腹を立てながら読んでいった。
ところが、この堅物さゆえに、後半なかなかいい味を出してくる。

「警察の不祥事」が発生する。
それを隠蔽しようとする警察庁上層部。
しかし、主人公は、全てを明らかにすべきと反対する。
そんな時、主人公の息子のヘロイン使用が発覚する。

そうした板挟みの中で、主人公はどうするか、
というのが、第1弾「隠蔽捜査」の内容である。
主人公の妻が非常にいい働きをする。
葛藤に揺れた夫の決断に対する妻の言葉は泣ける。泣けます。

第2弾「隠蔽捜査2・果断」は、主人公が人事異動になった先での話。
主人公は、相変わらずの変人ぶりである。
ところが、第1弾で、「結構いいとこあるじゃな~い」とわかってしまったため、
全く嫌な気はせず、むしろ面白いし、
「なるほど」と納得させれられるところも多い。
というか、実際、ひと皮向けた感じで描かれている。

強盗犯の人質たてこもり事件が発生し、
主人公は、その前線本部長として指揮をとる。
結果、犯人射殺という形で、事件は一応解決するが、
射殺に関して、大きな問題となる。
そんな時、主人公の妻が、病に倒れ救急車で運ばれる。

そうした板挟みの中で、主人公はどうするか、
というのが、第2弾「隠蔽捜査2・果断」の内容である。
またも、またしても、主人公の妻が非常にいい働きをする。
そして、またしても、妻の言葉に泣ける。泣けます。泣けちゃいます。

第1弾、第2弾とも、終盤に温かみのある展開となり、読後感も良い。
そして、犯人捜し的なただの警察ドラマではなく、
登場人物それぞれの立場からの、
どうしたいのか、どうするのがいいのか、という考え方が、
非常に丁寧に綴られているから面白いし、ある意味勉強にもなる。
「人に伝わる話し方」とか「できる人の考え方」のような類の本が
私は非常に苦手である。もちろん全く読まない。
そのての本を読むより、この2作品を読んだ方が、
話すことや考えることを、より自然に感じられるような気がする。

この2作品、本好きの間では有名作で、評価も高いが、
一般には、ほとんど知られていないだろう。
警察とか、事件などに関係なく、小説のお手本のような作品だと思う。
今野敏という作者も含め、もっと注目されていい作品である。
札幌市内の図書館でも、順番待ちはなく、
すぐに借りられるのではないだろうか。
なお、第1弾の方は、ほんの少し前に文庫化されたようだ。

ところで、警察官の自家用車は、国産車が圧倒的に多いらしい。
やはり、「がいしゃ」には乗りたくないだろう。
そして、その車の色は「シロ」。
やはり、「クロ」にはしたくないだろう。
また、警察官が飲む炭酸系アルコールは、ビールなのだろうか。
やはり、「はっぽう」は避けたいところだろう。
えっ?警察官は、北斗七星やオリオン座を見つけるのが上手いって?
まあ、警察官は、「ホシ」を見つけるのが仕事だからね。
えっ?オチをつけるために、無理矢理、ホシの話をしてるって?
すいません、図星です。
クグ丸です。
スポンサーサイト

テーマ:読書感想文 - ジャンル:小説・文学



















管理者にだけ表示を許可する



| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 トゥナイト今夜もRock Me Baby, All rights reserved.