FC2ブログ
ADMIN TITLE LIST
クロスバイクで深川市まで足をのばした。
20180530_00.jpg

目的は「志峰飯店(しほうはんてん)」の麻婆豆腐
食べることだった。
美味しいという噂はかねがね聞いていた。
12時台はかなり混んでいて、
日によってはすんなりと席には座れないとの情報をくれた
深川知人もいた。
私の心の中にある「行っておくべき、いや、行かなければならない
空知の店リスト」の上位に1年間ランクインしている店だった。

これまで訪問できる機会は何度もあった。
しかし食事のすぐ後に仕事があったり、
油+濃い味を受け入れるには不完全な体調だったりで控えていた。
ふらっと立ち寄るよりは、万全の状態で臨みたかった。
肉体的にも精神的にもだ。
いつも以上に空腹で、かつ食事の後に用事がない日に訪問すること。
それが理想だった。
目の前にある楽しさから選択していては、
大きな楽しさは得られない。

空腹を演出し、空腹に付加価値を高め、空腹にロマンを与えるため、
移動手段はクロスバイクにした。
となれば、メンタル、フィジカル以外に
ウェザーという要件が加わる。
そのため、天気が良く風が弱い日を待った。
待つことも重要な準備だ。

とはいえ、岩見沢から深川市までは約70km
今シーズン初の長距離。
しかもリハをほとんどしていない段階での突然のライド。
そのせいか復路ではパワーが急激に下降し、
奈井江町から美唄市にかけては完全に平坦な直線道路ながら、
クロスバイクを降りて歩く場面が何度もあった。

すっかり前置きが長くなった。
とにもかくにも、麻婆豆腐を受け入れるには最高の状態で
「志峰飯店」に到着。
20180530_01.jpg

13時を少しまわっていたが、ほぼ満席で、
席に着くまで5分程度待った。
椅子席はわずかで、ほとんどは小上り(掘られていない)。
私も案内されたのは小上りで、
ブーツを脱いで朝食を、ではなく、
スニーカーを脱いで昼食を、となった。

メニュー表を見る。
最初から麻婆豆腐定食にしようと決めていたがメニュー表は見る。
20180530_02.jpg

マーボー豆腐定食830円の下に、
四川マーボー豆腐定食(激辛)950円とある。
この二品の違いを女性店員に聞くと、
「辛さです」とさばさばとした口調で言われた。

辛さの違いだけで“四川”なる文言が追加されるのが腑に落ちず、
「味付けや量は同じで、辛さだけが違うんですか」と再質問。
「辛さだけです」と、さらにさばさばとした口調で即答された。
そんなやりとりを経て、マーボー豆腐定食をオーダー。

そして登場。
20180530_03.jpg

運ばれてきたときの香ばしい麻婆の香りで、
これはいけると思った。

味そのものが濃いわけではなく質的に濃い。
見た目は重たそうだが、くどさがなくキレがある。
まろやかで旨みと香ばしさの加減が絶妙。

麻婆オンリーで成り立つようなまとまりがありつつも、
ライスとの相性も良い。
ライスを美味しくするような味だ。
20180530_04.jpg

油は激しいが、塩気が丸いせいかすいすいといけた。
また、私が辛さに鈍感なせいもあるが、辛さは全く感じなかった。
辛かったらさらに美味しいだろう。
とにかく香ばしさとコクのクオリティが高い。
これまでに食べた麻婆豆腐の中で最上だ。
感激した。
西城秀樹さんにも感謝だ。
20180530_05.jpg

それにしても天気が良かった。
完璧にブルー・スカイ・ブルーであり、
CRY BABY CRY
であり、バイク川崎バイクだった。

深川から岩見沢へ戻る行程では、
中華の「あん」やラーメンなどを食べた後にありがちな
水分を吸い取られたような体内変化にやや苦戦しつつ、
リハ不足か、体力低下か、いずれにしても完全に後半バテた。
ちょっと無理したなと。
ただ、たまに、ちょっと無理することは必要な刺激かなと思う。
でなければ、近づけるだけで、たどり着けなくなるからだ。
 
スポンサーサイト



















管理者にだけ表示を許可する



| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2018 トゥナイト今夜もRock Me Baby, All rights reserved.