FC2ブログ
ADMIN TITLE LIST
まずは次のライブのお知らせを。

■日時 2018年4月29日(日)18時
■場所 アフターダーク・カフェ(札幌市中央区南2西7)
■料金 前2,500円、当3,000円(要ワンオーダー)
■出演(出演順・敬称略)
       綿内克幸(DJ)/KAGE稲荷/46°halo
            THE HEART OF STONE
/綿内克幸(ライブ)

THE HEART OF STONE
の出演は20時頃です。
よろしくお願いします。

                   ◆


岩見沢には、そうめんの専門店がある。
「めんめん」だ。
20180425_01.jpg

岩見沢市街地から札幌寄りの国道12号線沿いにあり、
特に土日祝は店の前の駐車場がいっぱいになる。

そうめん専門店というのがすごい。
ラーメンでもうどんでも蕎麦ではない。
日常生活においてそんなに食べることがない「そうめん」だ。

そもそもそうめんを外食で、とはあまり思わないだろう。
しかもここは人口8万人の地方都市岩見沢だ。
また、そうめんが食べられてきた歴史や文化や風習が
あったわけではない。
なのに連日お客さんが多く、従業員も募集されている。
岩見沢及び付近の町のお客さんだけではないだろう。

店に入ると正面に券売機がある。
そして席にメニューBOOKが置かれている。
20180425_02.jpg 20180425_03.jpg

この状況にならったルートで行動すると、
券売機でチケットを購入した後、
席についてから写真付きのメニューを見ることになる。

入店いきなりの券売機は、妙なプレッシャーがある。
オーダーを検討時間が極めて短く、決断を急がされるからだ。
検討時間も楽しみといえば楽しみなのだが、
その時間が短縮され、席について答え合わせをするようだ。

店はセルフサービスシステムで、できあがると番号で呼ばれる。
券売機に「通年人気№1」と表示されている
「とりつけ麺」780円。
20180425_04.jpg

写真だとわからないが、麺はかなり透きとおっており、
見た目は冷麺っぽさがある。
乾燥そうめんではなく、「生そうめん」なのだ。
使用している小麦は岩見沢産だ。

つゆはやや甘めのやさしい味。
かといって、あっさりしているわけではなく、
色々と詰まっているコクを感じる。
ただ鶏の風味は強いわけではない。
具として鶏がインされている。
20180425_05.jpg 20180425_06.jpg

美味しい。
食べやすい。
乾燥そうめん特有の香りがなく、
フレッシュですっきりとした独特の食感。
生そうめん体験はエキサイティングな経験だ。
リピーターが多いことも想像できる。

ただボリュームは控えめ。
それもあってか、とり天丼やからあげ丼などとのセットメニューが
複数用意されている。

若い頃ならば、そうめんを外食、と言われても、
物足りなさや家で食べるものとの固定観念に縛られただろう。
今は自然体で対応できる。
そんな年頃になったということか。

どんな年頃か。
例えば夜のススキノで待ち合わせをする際の会話。
「じゃあ7時にロビンソンの1階のベンチのあるところで」
「ロビンソンって、いつの時代のこと言ってんの?
 ヨーク・マツザカヤでしょ」
「そだね」
そんな年頃だ。
スポンサーサイト



















管理者にだけ表示を許可する



| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2018 トゥナイト今夜もRock Me Baby, All rights reserved.