FC2ブログ
ADMIN TITLE LIST
まずは次のライブのお知らせを。

■日時 2018年4月29日(日)18時
■場所 アフターダーク・カフェ(札幌市中央区南2西7)
■料金 前2,500円、当3,000円(要ワンオーダー)
■出演(出演順・敬称略)
       綿内克幸(DJ)/KAGE稲荷/46°halo
            THE HEART OF STONE
/綿内克幸(ライブ)

当初は私がソロで出演する予定だったが、
バンドで出られることになった。嬉しい。
THE HEART OF STONE
の出演は20時頃です。
よろしくお願いします。

                  ◆

さて今回は、岩見沢の理容店について。
理容店(美容院も含めて)は地方の小さな集落にも
きちんと存在する業種だ。
地方の町を車で通ったり、歩いたりしていると、
商店や飲食店はあまり見かけないのに理容店はいくつも見かける、
と感じたことが皆さんもあるのではないか。

理容店の需要は根強くある。
年齢に関係なく定期的に訪問するし、基本、近所の店に行く。
わざわざ都市部の店に行ったりはしない。
それにあまり店を変えない。
なので生活スタイルや行動範囲が変わっても、
他の業種に比べたら保っていけるのかもしれない。

岩見沢でも理容店を日々よく見かける。
ある日ふと気づいた。
店名が実にバラエティに富んでいることに気づいた。
岩見沢に住むまで気にしたことがなかった。

「理容〇〇」、「BARBAR・〇〇」を基本に、
あとは「カットイン・〇〇」、「ヘアサロン・〇〇」くらいしか
イメージになかった。
それは20世紀の思考だった。
理容界のネーミングは進化していた。

というわけで、私の家から歩ける範囲で、理容店を巡ってきた。
まずは昔からある定着したネーミング。
20180422_01.jpg

自宅から一番近所にあるベーシックな床屋さんだ。

20180422_02.jpg

ネーミングはノーマルだが、昭和後半を感じる入口のアーチ。
素敵です。看板を変えたら、スナックとしてもいけそう。

20180422_03.jpg

実は「BARBAR・〇〇」や「理容の〇〇」は少ない。

20180422_04.jpg

「カットイン・〇〇」タイプも今はわずか。

私が岩見沢で理容店のネーミングの多様さに興味を持ったきっかけが
この店。
20180422_05.jpg

「ヘア」に「サポート」をくっつけているのが新鮮だった。

20180422_07.jpg

「ヘア」に「ガレージ」もユニークだ。
ガレージロックが好きな方なのか、それとも車好きなのか。
文字の雰囲気からして、ロックに無関心とは思えないが、
立ち止まって店内をのぞくわけにもいかない。

20180422_0601.jpg 20180422_0602.jpg

「ヘア」に「ワークス」。スタイリッシュだ。
店名の「FAB」はファビラスの略なのだろうか。
こちらはガラス張りのなので店内が見えるのだが、
店内もスタイリッシュ。
少なくとも「FAB」はファブリーズの略ではないことがわかる。

ファブリーズついでの余談だが、
洗濯洗剤や柔軟剤の強い香りは苦手です。

20180422_08.jpg

アンティークでイカしているのがこちら。
こだわりのある趣味を持っていそうなデザインだ。
なお、お客さんはごく普通の中高年しか見たことはない。

20180422_10.jpg

なんとも言えない良さ。

20180422_09.jpg

「ユニセックスサロン」。
初めて見た時、ドキッとしました。

                        ◆

ここまでは、曲で言えば、イントロとAメロだった。
ここからがサビだ。

私の住む岩見沢市美園の住宅街は、
一本の市道で明確に区切られてる。
その市道を超えると、住宅はほぼ無くなり、
畑あるいは未利用地が続くエリアになる。
そんなエリアにあるのが、こちらの店だ。
20180422_11.jpg

店名の表示はない。
しばらくは、こちらが理容店だと気づかなかった。
薪がたくさん置かれている民家としか思わなかった。
何度か通っているうちに、ふとサインポールを発見した。
しかも回転していた。
床屋なの?と、かなりの衝撃を受けた。
20180422_14.jpg

営業している時間は、このように表示される。
火曜日が休みか。組合に加入しているということか。
20180422_12.jpg

店の前はこんな景色。
手前は草原。
遠くに住宅地が見える。
20180422_13.jpg

お店の前から西側の景色。
郊外というよりは、平野のど真ん中の農道のよう。

どんな方がお店をやっているのか?客層は?料金は?
色々なことが気になる。
とにかく秘境感が高い。

野次馬風情で恐縮だが、
土日にここの前を通り、サインポールが動いていると、
なんとなく安心するし、
ここを知っていることが嬉しくなる。
岩見沢での生活を楽しんでいる。
スポンサーサイト





金森さんは高校~大学生まで通っていた店で
懐かしかったです。
当時は(今もそうであって欲しいけど)
「かっこいい大人の店」な感じで、
その年ごろの私には、友人にも秘密の、
自分だけの店という、優越感を覚えるような
そんなお店でした。

最後の店の近くに私の実家があります。
この街を楽しんでください。
【2018/04/22 21:25】 URL | フルチューン #-[ 編集]

フルチューンさん、コメントありがとうございます。
金森さんは、まさに「いい感じ」の店ですね。

ここには掲載しませんでしたが、ブラックキャッツ食の強い古川さんとか、
「髪処SASAKI」さんなど、岩見沢は個性的な理容店が多いですね。

最後に掲載した店の圧倒的な秘境ぶり。
岩見沢は奥深いです。
【2018/04/23 23:01】 URL | 本人 #-[ 編集]















管理者にだけ表示を許可する



| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2018 トゥナイト今夜もRock Me Baby, All rights reserved.