FC2ブログ
ADMIN TITLE LIST
岩見沢市街地から北海道グリーンランドを通り、
平野の奥へと進むと、田園地帯の中に洒落たレストランが現れる。
「大地のテラス」だ。
20180328_01.jpg
地元の農業生産法人が運営するファームレストランで、
岩見沢に住んでいる間に、なんとか一度訪れたいと思っていたが、
職場関係の送別会という形で思いがけず実現した。

レストランの裏の丘には、
使われなくなった赤い電車が展示されている。

20180328_10.jpg

私のレイルロード歴において、
赤い電車が身近にあった風景の記憶がないため、なぜかしら新鮮で、
と同時に、蒸気機関車が実際に運行している記憶がない私にとっては、
赤い電車の方が蒸気機関車よりもリアルにオールドな気がすると、
リアル・ゴールドを飲みながら思った。

レストランで飲食をしたのは夜だった。
電車も闇の中にあった。
なので、上の写真は、後日、休日の昼間に別途撮影してきたものだ。

こちらのメニューは、「ビュッフェ」と「シュラスコ」のみ。
ビュッフェは、そこにあるもの食べ放題で、
サラダに肉、チーズ系に、パスタ、シチュー、スイーツなど
洋食系の基本メニューがひととおり揃っている。
20180328_03.jpg 20180328_04.jpg

これがすこぶる美味しかった。
特に、セロリのサラダと鴨肉のローストだろうか、
この二品は絶品で、こればかりリピートでもいいと思った。
しかし、そうはしなかった。
なぜなら、シュラスコを食べるからだ。

シュラスコは、鉄串に大ぶりの肉を刺したまま焼き、
食べる分だけ切り落として提供されるブラジル料理。
私にとって初めての食体験であり、
どう考えても美味しいはずであり、
この機会を逃したらネクストはいつ来るかわからない、
そんな理由から特別な気持ちで楽しみにしていた。

事前に、大地のテラス経験者からアドバイスを受けていた。
シュラスコは比較的遅めに出される。
それまでにビュッフェの料理が美味しいからと、
本能の赴くままに食べていると、
シュラスコが出てくる来る頃にはそこそこ満腹になっていて、
シュラスコかあまり食べられない。
つまり、シュラスコが来るまでは、
大魔神・佐々木、中日・岩瀬のごとく
セーブ王にならなければ失敗する、という忠告だった。

このことは、飲み食い開始の際に、
レストランの方からもアナウンスされた。
私はそれに忠実に従った。
パスタ、ライス、シチュー、揚げ物など、
すぐに皿に名のせたくなる料理は幾つもあったが、
野菜、生ハム、鴨肉ローストだけでシュラスコを待った。
20180328_06.jpg 20180328_07.jpg
そしてついにシュラスコが登場。
ソーセージ、ビーフ、チキンも次から次にくる。
全部で5種類だっただろうか。
臭みがなく、旨みが引き出された肉類と、
つなぎが少なく肉感の強いソーセージ、どちらも美味だった。

もっと食べたいと思った。
もう1サイクルしてくれないかと思った。
しかしそれはかなわない。
シュラスコ・タイムは終わった。
20180328_08.jpg 20180328_09.jpg
帰りのバスで、「シュラスコの量が思ったより少なかった。
もっと食べたかった」と近隣に座っている人にこぼしたら、
「シュラスコは食べ放題だった」という複数の声が。
そうなのか。
そうだったのか。
そんな情報提供はあったか。
広報のあり方は適切だったか。
様々な疑念と後悔を抱いて、雪解けが進む夜の田園の中をバスは走った。

ビュッフェ経験値が低い私の感想ではあるが、
これまで訪れたビュッフェの中で一番美味しかった。
再訪するならば、昼間にビュッフェ・オンリーでいいかと。
ちなみにランチ料金は、ビュッフェのみで1,620円、
これにシュラスコをつけると2,700円だ。
ランチとしては値が張るが、それだけのサティスファイがある。
フィジカルだけではなく、エモーショナルな部分も
充足されるだろう。
20180328_02.jpg 20180328_05.jpg
郊外の田園の中にある瀟洒なレストラン。
何となく
村上春樹氏の小説に出てきそうなロケーションにも思えた。
彼は私のシュラスコ失敗談をどう描くだろう。

国道12号線から岩見沢市街地へ向かう途中にある蕎麦屋で
「もつそば」を食べたかった。
しかし年上のガールフレンドは、
田園の中にあるレストランに行きたいと言った。
ミスター・タンブリンマンが流れるマツダ・ロードスター。
右にハンドルを切る、好むと好まざるとにかかわらず。
彼女の笑顔が見られる可能性に満ちているとき、
それをやり過ごして通り過ぎるのはとても難しいことだ。

シュラスコが食べ放題だと知ったのは店を出た後だった。
やれやれ、メニュー表に書かれたメモを隅から隅まで
目を通しておくべきだった。
しかし完璧なシュラスコ対応などといったものは存在しない。
完璧な絶望が存在しないようにね。
スポンサーサイト



















管理者にだけ表示を許可する



| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2018 トゥナイト今夜もRock Me Baby, All rights reserved.