FC2ブログ
ADMIN TITLE LIST
2018年2月24日土曜日、
ニセコ町で開催されたライブ・イベントに参加した。
このイベントは、「狩太座ライブ MINI」というもので、
JRニセコ駅のすぐ近くにある中央倉庫群で
定期的に開催されている


会場は、かつて「でんぷん工場」だった建物だが、
懐かしさと快適さを兼ね備えたデザインに改修され、
実にきれいで、明るく、温かく、やさしい造りになっていた。

会場に入った瞬間から、心が解放されるような気分になり、
スタッフの方々のウェルカム感が高かったおかげで、
すぐに雰囲気に溶け込めたし、
トイレが清潔だったことも気分を盛り上げた。

天井が高く、そして広い。
20180224_05.jpg

飲み物もフードも整っており、巨大なカフェのようだった。
そこにいる人達は皆、いい感じにフリーでラフで、
それでいて、雑でもないし、乱れていない。
そんな環境の中、いい気持ちでライブに臨めた。
20180224_03.jpg 20180224_04.jpg
セットリストは次のとおり。
1 ターミナル
2 潮時
3 夜の国道

20180224_01.jpg

初めての方にとっては、
絵もなく、花もなく、歌はあるものの、
飾る言葉も洒落もない、そんなステージに感じたかもしれない。
しかし、気持ちはかなりのっていた。

「夜の国道」では、終盤の「海辺のワインディング・ロード」
という歌詞を
「ニセコ駅前」に替えて歌ってしまうほど、
のっていた。

私はステージから「のってるか~い?」とコールするタイプでは
決してないし、もちろんレスポンスを求めたりもしない。
ただ、この日は「今日はいつもよりのってるぜ~」と
一方的に申告したい気持ちだった。

私以外の出演者は、ニセコ町とその周辺に住む方々で、
年季が入った本物な方もいれば、
なんとか準備してここにこぎ着けましたという方もいつつ、
羊蹄エリアにも音楽を楽しんでいる人がたくさんいるのだなと、
柔らかな嬉しさをおぼえた。

後志のサブカルチャーシーンにおいて、なくてはならない存在である
ランバード藤田氏、カルパッチョ田中氏も
足を運んでくれたことや、
ベースのミチ氏も駆けつけてくれたことで、

すごく幸せな気持ちになった。
20180224_02.jpg
しんしんと雪が降るニセコの夜の空気も素敵だった。
山間地ならではの独特の透明感があり、
暖かい部屋からぼうっと見ていたくなる雪景色だった。

宿泊したかったが、この時期のニセコ、倶知安の宿泊施設は
ほぼ満室で、
空いているのは1泊8万円、9万円の豪華客室のみ
だった。


施設の快適さ、そして何よりも「人」、つまりスタッフの方々の
ホテピタリティの良さによって、
すごく居心地が良く、豊かな時間を過ごせた。
ご褒美をもらえたような気持ちだった。

そしてニセコをこれまでより好きになった。
忘れていた大切なものがここにもあったなと。
ライブを作ってくれた皆さんに心から感謝です。
是非また訪れたい。

スポンサーサイト





 サブカルチャー界のカリスマ「みうらじゅん」をキーワード録画に設定しているカルパッチョ田中です、こんにちは、お元気ですか。
 先日のライブ、お疲れ様でした。とってもかっこよかったです、3曲では物足りないです。夜の国道、沁みました。
 ドーター沢田の友達のおばあちゃん(地元のオールディーズバンドのボーカル)も出演する、という噂があったのですが、今回は出ていませんでした。
 ぜひ、また後志でのライブをお願いします。
 
【2018/03/04 12:01】 URL | カルパッチョ田中 #-[ 編集]

このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2018/03/04 12:18】 | #[ 編集]

カルパッチョさん、先日はありがとうございました。
ほんとうに久しぶりの対面。感激しました。
梅月すあまの、雑味の無さも素晴らしいものでした。

出演された方々、皆良かったですね。
いい意味で、よそ行き感がなくて。
そんな環境なので、会場には、いちゃつく中年男もいるわけで。
楽しい夜でした。

【2018/03/05 22:23】 URL | 本人 #-[ 編集]

ここでは倶知安の梅月を指しているのでしょうか?

羽幌の梅月の求肥も美味しいですよ。(^o^)
【2018/04/01 22:01】 URL | マキシ #-[ 編集]

マキシさん、どうも。

コメントにあるのは倶知安の梅月です。
羽幌にもありましたか。
羽幌はおやきの印象が強すぎて。
今年は久しぶりに行ってこようと思っています。
【2018/04/05 23:22】 URL | 本人 #-[ 編集]















管理者にだけ表示を許可する



| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2018 トゥナイト今夜もRock Me Baby, All rights reserved.