ADMIN TITLE LIST
空知は焼鳥ムーブメントが活発な地域だ。
その代表は、鶏肉に鶏レバー、砂肝、鶏皮、玉子などを
一本の串に刺して、塩・コショウで味付けしたタイプ。
空知では「もつ串」や「鳥もつ」と呼ばれ、
もっと広いエリアでは「美唄焼き鳥」と呼ばれる。

このタイプの焼鳥は岩見沢に住む前から好きだったし、
住んだらもっと好きになった。
札幌でお酒を飲んでいても、
岩見沢に帰ってもつ串食べてぇ、と思うこともままある。

空知で特に焼鳥が熱いエリアは、
岩見沢から北に向かって、三笠、美唄、砂川、滝川までだ。
それぞれのマチには美味しい焼鳥店があるし、
国道12号線沿いには、スーパーハウスのような建物で
営業している焼鳥専門店が幾つかある。

三笠の道の駅には、マイクロバスを焼鳥カーに改造して
営業している店がある。
20180113_01.jpg
この写真を撮ったのが、年明けの平日の午後だったので、
バスしか写っていないが、
土日は長い行列ができるし、
ゴールデンウイークから10月くらいまでは
平日でも行列を目にする。

あまりに行列ができるので、
帰るのは一人10本までと制限されている。
焼き上がりが追いつかないのも何度か目にした。
夏場の土日はお客さんの回転率がかなり低い、
また、営業時間は17時までだが、
完売により15時過ぎに閉店していることも珍しくない。

なお、店名は「くいしんぼう」という。
三笠の市街地に店舗がある。
店舗でのテイクアウトは、本数に制限はない。

で、焼鳥だ。
売られているのは鳥串一種類のみ。
空知スタンダードであるもつ串ではない。

まずこんな感じで商品を受け取る。
20180113_02.jpg

これを車に乗せると、炭焼きのいい香りが漂い、
すぐにでも食べたくなる。

20180113_03.jpg

普通の焼鳥に見えるだろうか。
そうかもしれない。
ところがちょっとだけ普通じゃない
大きいのだ。
鶏肉も玉ねぎも、一般的な焼鳥の2倍と思っていただいていい。
なので、肉を一口で食べると、口の中がいっぱいになる。

一般的な焼鳥がライブハウスなら、この焼鳥はスタジアム級。
U2に例えれば、一般的な焼鳥はアルバム「WAR」の頃で、
この焼鳥は「ヨシュア・トゥリー」だ。
まあ、「WAR」の方が好きなのだが。

余談だが、イギリスのロックバンド、
オアシスにしても、コールドプレイにしても、ミューズにしても、
アルバムが売れ、スタジアム級のバンドに成長すると、
なぜかサウンドがU2に寄ってくるなと5年くらい前に思った。
20180113_04.jpg
この焼鳥は大きいだけではない。
正面突破で美味しい。
炭焼き風味が丁度良く、肉もしっかりしている。
これで1本120円。
お得感が凄まじい。
リピート力の高い一品だ。

もちろん買ってすぐ食べるのがベストだ。
しかし、どうしようもなくビールが欲しくなる。
というか、ビールをお供に食べないともったいない味なのだ。

道の駅で焼鳥を買い、岩見沢に向かう車内で食べたら、
ビールとの合わせ技をかけたい気持ちから離れられず、
途中のファミリーマートでノン・アルコールビールを買い、
店の前で飲み、焼鳥を食べた日もあった。

それなりに焼鳥が好きな方ならば、
三笠の道の駅を通ることがあったら、
ぜひ試していただきたい。
路上ライブ系でこれほどクオリティの高い焼鳥には
なかなか巡り合えないと思います。

スポンサーサイト





このやきとり…
凄く食べてみたいです!!
三笠素晴らしい♪
Tenもまた、よろしくお願いします♪
【2018/01/14 20:09】 URL | mitsumi #-[ 編集]

mitsumiさん、どうも。
アルバムリリースおめでとうこざいます。
相変わらず活発に活動していますね。
素晴しいです。

Ten、ぜひまた呼んでください。
よろしくお願いします。

【2018/01/15 00:25】 URL | 本人 #-[ 編集]















管理者にだけ表示を許可する



| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2018 トゥナイト今夜もRock Me Baby, All rights reserved.