FC2ブログ
ADMIN TITLE LIST
職場における当番業務により、
1月1日の午後から岩見沢市内で過ごした。
職場がらみの事故や事件などが発生したら
職場に行かなければならないので、
自宅から半径3km以内で過ごした正月三が日。

箱根駅伝を見て、AMラジオを聴いて、読書をして昼寝して、
昨年12月にリリースされたローリングストーンズの
アルバム「ON AIR」を聴きながらイオン岩見沢店に
片道25分を歩いて行ったりして、早い時間に夕食を食べる。
そうやって休暇が終わる。

しかし2日間職場に行けば3連休となり、ライブもある。

■日時 2018年1月7日(日)19時30分
■場所 LEGENDS
       (札幌市白石区栄通18丁目6-16 日北ビルB1)
■料金 1500円・ワンドリンク付き
■出演 19:30 Toyohira cats
       20:10 激しい雨
       20:50 ふじこ・M・ふじこ
       21:30 政村悦啓

新しい刺激を受けてきます。

                     ◆

さて、1月1日の午後からは岩見沢市内に拘束状態だったが、
2017ラスト3デイズはフリーだった。
30日から地元に帰ったのだが、あまりにフリーだったので、
倶知安町から蘭越町ある冬の無人駅を訪問してきた。
函館本線だ。

蘭越町には3つの駅がある。
そのうち黒松内町寄りにあるのが「目名(めな)駅」
20180103_01.jpg

木造の古い建物に見えるが、
駅舎の中は新しめのログハウス調で、
日差しが入り、よく整理され、清潔だった。
20180103_02.jpg 20180103_03.jpg

目名に行ったのは20年ぶりくらいだ。
国道5号線から1kmくらい奥に入るので、
目的がなければ訪れない地区だ。
普段来ることがない山間の小さな集落。
地元から近いのに、ちょっとした旅気分になる。
ここから倶知安まで約40km、無人駅を訪問する。

続いては「蘭越駅」
20180103_04.jpg
蘭越市街地は田園に囲まれた丘に広がっている。
周辺は平坦で直線の道路が多いのに、
市街地は小さな坂道とカーブが連続する。
水田にしずらい場所が市街地になったかのようだ。
20180103_05.jpg

駅からの景色はニセコ連峰が広がる。

蘭越町からニセコ町へ向かう途中にあるのが「昆布駅」
小さな集落だが、温泉施設が隣接していたり、和菓子屋もある。
20180103_06.jpg 20180103_07.jpg

「渓流堂」の看板商品である「渓流焼」は、
六方焼きを厚さ1cmに圧縮したような形状をしており、
皮はやや硬めで、あんはやや乾燥気味。
そうした風情がたまらなく良い。
田舎っぽくもあり、都会の老舗っぽくもある。
20180103_16.jpg 20180103_17.jpg

あんはしっかりと甘い。
アンチ甘さ控えめ路線を支持する私にはもってこいだ。
羊蹄エリアの和菓子の中で最もフェイバリットだ。

昆布駅の次は「ニセコ駅」
20180103_08.jpg

残念ながら、というのは不適切だが無人駅ではない。
でありながら、電車が到着しない時間帯ならば
ホームへの出入りは比較的フリーだ。
20180103_09.jpg

それにしても、このあたりの雪はほんとにきれいだ。
汚れていない、というか、いつもフレッシュだ。

最後に「比羅夫(ひらふ)駅」
20180103_10.jpg

国道と比羅夫スキー場を結ぶ位置にあるのだが、
車が交差できないほど細く曲がりくねった道を行き、
さらに細い横道に入ったところにある。
車が走りにくいところにありながら、
徒歩移動だと遭難するような山の中にある。
20180103_11.jpg 20180103_12.jpg

駅舎には民宿が併設されている。
まさに山小屋だ。
どんな人が、どんな時に泊まるのだろう。
20180103_13.jpg

そして、とんでもなく雪が美しい。

比羅夫駅から国道5号線に向かって、
曲がりくねった細い坂道を上りきると、
突然、羊蹄山が目の前にどーんと現れる。
20180103_14.jpg

素晴しい形状だ。

で、倶知安駅に到着。
20180103_15.jpg
岩見沢は雪が多いところだが、倶知安はその比じゃない
ただ、除雪の頻度が高く、流雪溝が多いので、
車道はすっきりしていて走りやすかったりする。

短い時間、短い距離だったが、
久しぶりの無人駅巡りによって、心が掃除された。

思い返せば、岩見沢に住んでから遠出をしなくなっている。
というか、できなくなっている。
ライブがあったり、その準備をしたり、疲れていたり、
出かけるならまず空知探訪を優先したくなるからだ。

また、年々外泊するのが面倒になっている。
帰れるならば自宅のベッドで眠りたいという気持ちが
強くなっている。
その結果が岩見沢ステイ路線だ。
なるべくしてなっている。
望んでそうなっている。

ただ、結構歩けて、結構食べて飲んでができるうちに
色々なところへ行きたい。
10年ぐらい先に定年退職をしてからでは遅いのではないか。
あの時、多少無理してでも行っておけば良かったと
後悔するのではないか。
そんな気持ちになることが増えてきた。
でも、自宅のベッドで眠りたいし。

結局、何かを犠牲にしなければ、
新たな展開は生まれないということだ。

スポンサーサイト





突然の訪問、失礼いたします。
私はこちら⇒b--n.net
でブログをやっているさくらといいます。
色々なブログをみて勉強させていただいています。
もしよろしかったら相互リンクをお願いできないでしょうか?
「やってもいいよ」という方はコメントを返してくだされば、
私もリンクさせていただきます。
よろしくお願いします^^
【2018/01/03 23:50】 URL | さくら #-[ 編集]















管理者にだけ表示を許可する



| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2018 トゥナイト今夜もRock Me Baby, All rights reserved.