FC2ブログ
ADMIN TITLE LIST
三笠市。
岩見沢市の北隣にある人口8,800人の市で、
岩見沢市から12kmくらいだ。

北海盆踊りの発祥の地としても一部で有名で、
カントリーサインも盆踊り。
市中心部にある中央公園には、やぐらが常設されている。
20171126_01.jpg 20171126_02.jpg

そんな三笠市に歩いて行ってきた。
目的はカツカレーを食べること。
より美味しく食べたいなら12kmくらい歩こうじゃないか。
それだけの理由で歩いた。
2時間30分かかった。


行き先は、市の中心部にある「みつい食堂」。
20171126_03.jpg

古くからある食堂の典型のような佇まい。
作為的な古さではない。
自然体だ。
いい。
魅力的だ。

4月に岩見沢に引っ越してから3週間ほど経った頃、
仕事で三笠市の方と話をする機会があった。
その際、「カレーの三笠」なるパンフレットをいただいた。
そこには三笠市内にある14店のカレーが掲載されていた。
20171126_04.jpg 20171126_05.jpg

その時から、みつい食堂のカツカレーを食べに行こうと決めていた。
一番美味しそうに見えたし、
長く地元に愛されている感がカレーに表れていたからだ。

実はゴールデンウイークに、
このカツカレーを食べるために三笠まで歩いた。
しかし、軽い二日酔いと黄砂による灰色感のせいで、
みつい食堂の前まで行きながら、
全くカレーや肉を食べる気にならず、

結局、三笠の有名菓子店「稲葉菓子店」で、
どら焼きとココナッツロールを買い、バスの待合室で食べた。
それから7か月も経って、やっとカツカレーに出会えた。
20171126_06.jpg

注文して5分ほどで運ばれてきた。
カツを揚げているシーンはなかったので作り置きだ。
しかし美味しければそれでいい。
ルーの色合い、いいじゃないか。

食べてみる。
コクがあって、クセがない。
スパイシー感はほぼない。
美味しければ、スパイシーであろうがなかろうが関係ない。

カツはまあ普通だ。
ライスのボリュームもまあ普通だろう。
カレールーはよく煮込まれていて非常に美味しい。
どんどん食べられるし、食べ飽きない。

ただ、ライスに対してルーの量が少ない。
結局ライスが残ってしまい、
福神漬けでライスを食べ、それでもライスが残ったので、
キャベツ用のマヨネーズでライスを食べた。

訪問したのは日曜日の13時近くだったが、
入れ替わりお客さんが来た。
カツカレーをオーダーしている人が一番多かった。
20171126_07.jpg

店を出た。
当初は帰りも歩こうかと思っていたが、寒かったのと、
ルーが少なくてマヨネーズでライスを食べたショックから、
バスで帰った。

コクがあるのに、あっさりとしたカレーで、
カレーを食べた重さは全くなかった。
最後の福神漬けとマヨネーズでカレーが消されたか。
それも含めて、小さな町の古い食堂はいいものだ。
スポンサーサイト



















管理者にだけ表示を許可する



| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2018 トゥナイト今夜もRock Me Baby, All rights reserved.