ADMIN TITLE LIST
7月29日土曜日、帯広市「HIPSTER」での
ライブに出演した。

ライブ前日の夜は宿泊先を確保に苦戦した。
キャンセルにより空室が出ないかと、
20分おきにサイトの情報を更新するなど悪戦苦闘。

空室が現れたので、ホテルの情報を確認し、
必要事項を入力するも、入力中に予約されてしまう場面もあった。
市街地から少し離れた旅館などに直接電話をするも空室なし。
しかし粘りに粘り、音更町のビジネスホテルをなんとか確保した。

音更町の歌屋でリハーサルをし、
音更町の「トカトカ」のパンを食べ、
音更町のモダ石油で給油した。

3か月ぶりの十勝に心を癒された。
国道38号線沿いに立ち並ぶ白樺。
予定にはなかったが、「白樺の街」を唄うべきだと思った。
素直になるべきだ。
素直は予定に勝るモチベーションだ。

セットリストは次のとおり。
1 魔法のブーツ
2 白樺の街
3 ほどほどに
4 あんなに好きだったのに
5 潮時
20170729_01.jpg
最近40日の不調を忘れた30分のステージだった。
ES335をローランド社のジャスコーラスにつなぎ、
マイクロフォンにむかって声を出し、 聴こえてきた音がしっくりきた。

6月以降は、練習でも本番でも、
「なんか違う」、「なんでこういう音の返りになるんだ?」と
不調和で不自然な感覚に悩まされてきたが、
この日は私からアウトされるものと、
私にインしてくるものが一致した。

久しぶりにリラックスして力を注ぎ込めた。
プレイヤーとしても、オーディエンスとしても、 いいテンションで楽しめた。
それは会場に来られた方々のおかげ様であり、
十勝の空気に触れて、心が落ち着いたことによるものだろう。
20170729_02.jpg
出演者の皆さんと最後に記念撮影。
ジョニーさん(前列)が実にいい表情をしている。
ギブソンさん(後列中央)の使い込まれたJ-45に感動した。
60年くらい前のモデルらしく、素晴らしい音がした。
藤原さん(後列右)の美メロと安定した歌唱力にほっとした。
振り返ってみると、私が帯広で共演したのは藤原さんが一番多いかも
しれない。

ぷらぼさんや拓郎さんなどに会えたのも嬉しかった。
「久しぶりですね」や「ご無沙汰していました」は元気をもらえる。

ライブ後、「鳥彦」で打ち上げ。
鶏の唐揚げは絶品だった。
思いのほか量が多く、2か月分を一晩で食べた感じだ。
帯広は鶏の唐揚げのマチだと改めて思った。
ジョニーさんとも、色々な話ができた。
ほとんど忘れてしまったが。

1時過ぎまで飲み、熟睡した。
妙に寝起きがすっきりしていたので30分ほど歩いた。

午前9時30分頃から、クロスバイクで帯広市内を
東へ西へとぶらぶら走った。

柏葉高校付近の歩道には自転車専用道が新設され、
柏林台の「ニトリ」と「アイモールいちまる」が無くなっていた。
20170729_03.jpg 20170729_04.jpg
フクハラでコーヒー豆乳を買って飲み、
ダイイチで十勝大福本舗の大福を自宅用に買い、
変わらずにいるレジの女性にほっとした。

果たして昼食は何を欲するだろうか脳の指令を待ちながら、
クロスバイクを走らせた。
脳が寄越した指令はルーカレーだった。
またインデアンに行ってしまうのかと思い始めたので、
インデアン以外の店に向かうが、3軒立て続けに定休。
こうなると脳はインデアンの味しか送ってこない。
しかし、またインデアンに行っては妙味がない。
そこで思いついたのが、インデアンカレーと同じ会社である
「ふじもり」のカレーを食べてみることだった。

「ふじもり」のカレーはインデアンと同じなのか、違うのかを、
これまで帯広市民20人以上に聞いてみたことがあるが、
正確に回答してくれた人はいなかった。
長く帯広にいる大人は、ふじもりには行かないのだろう。

そんなわけで疑問を自ら解明する時が来た。
入店は11時45分。混んでいた。
タイミングが良くすぐに席を案内されたが、
あと5分遅かったら入口待機だった。

最初からカツカレーを食べようと決めていたが、 一応、メニュー表を見る。
3年以上抱えていた疑問が、食べる前に解消されてしまった。
20170729_05.jpg
「当店のカレーは、カレーショップ・インデアンのインブアン・ルー
を使用しています」。そういうことだ。

水とともに、ふじもりアイデンティティたるメロンソーダ登場。
20170729_06.jpg 20170729_07.jpg
シロップっぽい味だ。
そして炭酸弱めだ。
なので味的には、なんということもないが、
メロンソーダが出てこなかったら、どうして?と思うので、
結局すべてはオーライ、オーベイベーなのだ。

混んでいたせいか、カツカレー登場まで20分を要した。
20170729_08.jpg
インデアンの店舗で出される時のようなホット感がない。
だが味は紛れもなくインデアンカレーだった。
カツも、インデアン店舗と同じく、横切り+縦切りだった。
ライスの量に比べてルーが少なめなのも同じだった。

やっぱり美味しい。
甘みとコクのバランスが絶妙。
道央にはこういうカレーがない。
スパイシーすぎたり、家庭的すぎたりする。
帯広に住んでいたときは、いつでも食べられるからと思い、
年に3、4回くらいしか食べなかったが、 離れると求めてしまう。
人はそういうものだ。
20170729_09.jpg
十勝に行って、リフレッシュできた。
歌い、飲み、走り、食べた。
私の中に十勝が不足していたのだろう。
景色もそうだが、道の広さ、車の量と流れ、空気感など、
あらゆるものがしっくりときて、
時間もないのにゆっくりできた気がしたし、
落ち着ける家もないのに落ち着けた。
もっと自由な気持ちになっていいんだと思えた。
スポンサーサイト



















管理者にだけ表示を許可する



| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 トゥナイト今夜もRock Me Baby, All rights reserved.