ADMIN TITLE LIST
まずは「激しい雨」のライブのお知らせを。

日時 2017年6月3日()20時30分~
場所 エルナイン
      (札幌市白石区本郷通8丁目北1-22石田ビルB1)
料金 1,500円(ワンドリンク付き)
出演 20時30分 ジョニー輪島
        21時10分 激しい雨
        21時50分 佐藤かおるブルースバンド

初めてのスペースでのライブです。
ちょっと時刻が遅いので来られる方が限られるか。
いい刺激を受けられればと。
よろしくお願いします。

                   ◆

さて、一週間前のことだが、クロスバイクで滝川まで行ってきた。
岩見沢からはストレートに行けば片道約45mだが、
寄り道をしながらのスロー・ライドをしたため、
往復でほぼ100km、7時間30分を要した。

昨年までの3年間の十勝ロードでは、
どこまでも広がる畑地景観ばかりを見てきたせいか、
空知ロードにおける水田景観はなんとも新鮮だ。
20170520_01.jpg
先々週仕事で、深川、秩父別など北空知に行った際は、
こんなに水田があったのか、と圧倒された。
空知は米どころなのだと改めて感じた。

20170520_07.jpg
というわけで滝川まで行ってきたのだが、
今回のメインスポットは砂川だった。

空知に住み、空知の人と空知フードについての話になった際、
砂川はご当地グルメとして「ポークチャップ」のPRに力を入れており、
なかでも、「笑飛須(エビス)」という店のポークチャップは、
厚さ7cm、重さ600gのビッグサイズで有名かつ人気だと知った。

「大盛り」にするとデカ盛りになるのには興味がわかず、
ノーマルメニューがデカ盛りだと気になってしまう性分の私は
すぐに行動に移した。
音楽も食事もソロ活動だとすぐにライブが実現する。

砂川市街の手前、国道12号線から1kmほど山側に入った
長閑な住宅地の中にお店はあった。
20170520_02.jpg
駐車場はいっぱい。
駐車場ではないところにも駐車されている。

入店すると、眉毛がシャープな女性店員から、
前払い制だと説明を受けた。
話し方もシャープで、いきなりせかされ感を味わった。
ポークチャップを食べると決めて入店したので、
すぐにオーダーしたが、なんとも味気なかった。

リーズナブルな洋食メニューが意外とあり、
どれにしようかと検討する楽しみを提供してくれない。
ポークチャップをオーダーするという結論はあるのだが、
メニューを眺めるゆとりがあったらいいのにと。

調理に20分程度かかるがよろしいかとシャープに問われ、
「いいですよ」とスローに返答。
「いいですよ」の「す」に入るあたりで、
シャープ女子は私に背を向け、店仲間に何かを告げた。
私もシャープな眉に整形してから訪れればよかった。

なお、シャープ女子ではない店員は、
カインドネスであり、テンダネスだった。

こうしたシャープ闘争はありつつも、ポークチャップ定食登場。
20170520_03.jpg
ポークチャップに、ライス、サラダ、ブース―がセット。
ライスは茶碗1杯くらいの量。
柔らかめで、ややおはぎよりのタイプ
このフォトではポークが奥にあるので小さく見えてしまう。
なのでアップに。
20170520_06.jpg
でかい、というか、分厚い。
クセがなく、非常にあっさりとした味わいの肉で食べやすい。
ケチャップソースがあってこその作りかなと。
ただ、私の嗜好ではライスが進みにくいタイプだった。
20170520_04.jpg 20170520_05.jpg
それでもこの豪快さは名物になるにふさわしい。
いい体験ができた。
きちんと美味しいし、あっさりテイストだからこそ
完食できたとも思う。
一方、私自身の経年変化を思い知った。

量的には、若干の余裕をもってクリアした。
ところが後半は、同じものをひたすら食べる辛さを感じた。
つまり、豚肉オンリーに飽きてしまったのだ。
別の何かが食べたいと思ってしまったのだ。

確かに、数年前までは、おかずの種類よりも、
メインの肉をもっとくれよと思ったものだ。
ところが近年は、少しの量でいいから色々なものを、の方向に
明らかにシフトした。
大盛りカツ丼よりも幕の内弁当をチョイスするようになった。

今回のポークチャップで、デカ盛り巡りも引退かもしれない。
量的にはいけるのだが、途中から美味しさが減少し、
まだ食欲があるのなら、別のもので満たしたいと思うのだ。

1987年、広島東洋カープの小早川選手にホームランを
打たれた江川卓。
1991年、前頭1枚目の貴花田に寄り切られた横綱千代の富士。
2017年、巨大ポークチャップに質的に屈した私。
引退すべきタイミングなのかもしれない。

なお、江川投手は引退の年に13勝もあげている。
この成績で引退するなんて今の時代なら考えられない。
王貞治氏も引退の年に30本もホームランを打っている。
時代は変わった。
私の嗜好も変わった。
しかしそれは新たなものに出会えるチャンスでもある。
スポンサーサイト



















管理者にだけ表示を許可する



| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 トゥナイト今夜もRock Me Baby, All rights reserved.