ADMIN TITLE LIST
まずはライブのお知らせを。
ゴールデンウイークに帯広に行きます。
残念ながら今回は日帰りです。

■日時 2017年5月5日(金)16時~
■場所 帯広市民文化ホール小ホール
■料金 無料
■出演 すだち/シンクロニイティⅢ/キムバンド/ジャスミン/
        G-BAND/テツ・スペシャルバンド/フラッグ/
        クロハタ/ペナルティ/激しい雨

私、「激しい雨」の出番は18時頃の予定です。
よろしくお願いします。

                  ◆

ライブでは、予定時刻どおりに始まることが少ない。
最初から30分近くずれることもある。
さらに、持ち時間を思い切りオーバーする出演者もいる。
そういう出演者はどの会場でもそれを繰り返す。
本人は気にしていないということだ。
「おいおい、まだやんのか」と思われてるとは思わないのだろう。

ただ、出演者の顔ぶれを見たとき、
この人(このバンド)は時間オーバー枠の人(バンド)だと
事前に察しがつくので、心の準備ができる。
そうやって、自分を落ち着かせ、
なあなあな感じでライブは進んでいく。

これに順応できなければライブ活動は続けられない。

20170427.jpg
↑ 岩見沢の飲み屋街

時間にルーズなのは、職場のオフィシャル飲み会でも言える。

18時開始にして18時に始まったためしがない。
ならば18時30分開始にすればいいだけなのに、
前例を変えられないがんじがらめの脳みそのせいで、
たかが30分を遅らせることができない。
というか、30分遅らせることを考えようともしない。

さらにうんざりした気持ちになるのが、 遅れてくる人のマナーだ。
都合により遅れてくるのは何の問題もない。
問題はタイミングだ。
一杯目の飲み物が揃い、誰かが乾杯前の一言を発しているとき、
あるいは、これから一言発しようとしているときに、
会場に入ってくるという
配慮の無さにうんざりするのだ。

そのタイミングで会場に入ったせいで、
遅れてきた人の飲み物をオーダーし、運ばれてくるのを待ち、
改めて乾杯をする。
その仕切り直しまでの変な数分間にげんなりする。
全ての動きが中断し、ビールの泡が消えていく。
そのことを想像できないのだろうか。
遅れてきた者の礼儀があるだろう。
雰囲気を察して、会場の手前で待てないのか。
乾杯までの居心地の悪い時間を延長させたことの責任も問われない。
本人も何ら罪悪感をおぼえない。

ならば職場研修のメニューに入れてもらいたい。
条例化してもいい。
遅れるのはいい。
頼むから、きちんと遅れてくれ。
スポンサーサイト





このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2017/04/30 19:26】 | #[ 編集]















管理者にだけ表示を許可する



| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 トゥナイト今夜もRock Me Baby, All rights reserved.