ADMIN TITLE LIST
2017年3月25日、帯広市「ホーリーズ」で開催された
ライブに出演した。

セットリストは次のとおり。
1 魔法のブーツ
2 ほどほどに
3 あんなに好きだったのに
4 白樺の街
5 無人駅のブルーズ
20170325_02.jpg 20170325_01.jpg
最後の「無人駅のブルーズ」は、
曲指定でアンコールをいただき演奏した。
アコースティック活動においては、
私といえば「無人駅のブルーズ」の人、とイメージする方が多くいて、
ホーリーズでは特にそうだった。
ありがたいことだ。
印象に残る曲をひとつでも残すことができて嬉しいかぎりだ。

この日も転勤に関して色々と声をかけていただいた。
音楽を通じて多くの人達と知り合えたこと、
その場を提供してくれたホーリーズというスペース。
この3年間の帯広での経験は、ほんとうに大きなものだった。

こうしてできた様々なつながりを、
これからもっと深めていけると思うだけに、
帯広市に住まいが無くなるのは心残りではある。
それだけに、このつながりを絶やさず大切にしていきたい。
20170325_03.jpg
4曲目の「白樺の街」は出番を待っている間に演奏しようと決めた。
この曲の「君と歌うよ 広い世界の片隅の小さな夜が
かけがえのないものになってゆく」という歌詞は、
帯広での小ぢんまりとしたアットホームなライブが
私にもたらした幸福感みたいなものを表現しており、
それはまさにホーリーズの夜でもあったからだ。

「白樺の街」のサビの歌詞は、
「黄色いバスが行く この街もいつか懐かしくなる」。
懐かしくなる「いつか」はずっと先であればいい。
懐かしくならない程度に、今後も帯広通いができたらと思う。

気がかりなのは、パーフェクトに黄色いバスの比率が
下がっているように感じること。
車体の側面がまるごと広告になっている車両が増えた。
しかしそれは憂うべきことではない。
帯広・十勝の活性化を考えれば喜ぶべきことだ。

十勝における互助の精神みたいなものは随所で感じた。
十勝エリアの中で、お互いに助け合い、支え合い、
活力を生み出し、ここで完結させる。
音楽活動の面でもそれを強く感じた。
十勝は素敵なところだ。
スポンサーサイト



















管理者にだけ表示を許可する



| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 トゥナイト今夜もRock Me Baby, All rights reserved.