ADMIN TITLE LIST
1月8日、野付(のつけ)半島に行ってきた。
北側にある知床半島と、南側にある根室半島の中間あたりにある
細長い半島で、平仮名の「つ」のような形をしている。
あまりの細さに、小さな北海道地図では省略されていることもある。

半島のつけ根から先端までは28kmほどあるらしいが、
一般人が自動車で行けるのはつけ根から18kmほどだ。
ちなみに、つけ根から半島の中間くらいまでは標津町で、
中間から先端までは別海町である。

10年以上前になるが秋に訪れたことはあった。
当時から、最果て感が甚だしいこの半島の冬はどんななのだろうと
興味を持った。
その頃から、人の少ないところに出かけたくなる、
私の寂寥志向や閑散ムーブメントが始まっていたようだ。
そして今、私は帯広に住んでいる。
この道東アドバンテージを活かさないわけにはいかない。

とはいえ、帯広-札幌間よりもずっと距離がある。
冬場のロングドライブはふんぎりが必要だ。
それに、行くならば晴れの日にしたい。
そんなこんなで二度の冬をやり過ごした。
こんなスピリットじゃいつまでも行けない。
というわけで、あれやこれやを一日断ち切って、
新年早々、東へと車を走らせた。

目的は野付半島だけではなかった。
標津町にある蕎麦屋「福住総本店」
20170108_01.jpg
ここにどうしても行っておきたかった。

そのリーズンは、根室在住のカルチャー知人N山氏からの
「福住総本店は蕎麦屋でありながらラーメンとカツカレーが絶品」
という情報だった。
ロングドライブの途中のカツカレーは理想のシチュエーションだし、
カレー店ではないところのカツカレーというのが心をくすぐる。
カツカレーに野付半島。
冬場とはいえロングドライブをするには十分なリーズンだ。

で、福住総本店のカツカレー(1,030円)。
20170108_02.jpg
結構な量だった。
この豪快ぶりだけで、出会えて良かった、という気持ちになる。
ライスが見えないが、茶碗2杯強はあった。
野菜の旨みを感じるマイルドなルー。
ノット・スパイシーだ。
カツがきちんとしているのが嬉しい。
強烈な個性はないが、食べやすく、食べ飽きしない。
いいカレーに出会えた。

で、野付半島へ。
20170108_03.jpg
国道244号線から野付半島に入ると、終点まで信号なし。
カーブは若干あるが、起伏は全くなしの平坦ロード。
終わりのない道を進んでいるような錯覚をする。

細長い地形なので海まで近い。
かつ平坦なので、至るところにテトラポットがある。
20170108_04.jpg

極寒の地域だ。
海の水も凍るだろう。
どこまでが陸で、どこからが海なのかがわからない。
20170108_05.jpg

約18kmを走ると、一般車両は立入禁止の看板が立てられている。
20170108_07.jpg

振り返り、来た道を見る。
道道950号の起点の看板がある。
20170108_06.jpg

以前、秋に訪れたときは、立ち枯れしたトドワラの荒涼感に圧倒され、
まさに秘境だと思ったが、
冬に来ると、雪に覆われて、手のつけられていない素朴な自然地帯という
印象だった。
20170108_08.jpg

エゾシカをたくさん見かけた。
15mほどの距離で見たのは数頭だったが、
200m先に見えたのまで含めると50頭くらい見た。
20170108_09.jpg
ここのエゾシカはどれもふっくらしていた。
食料に不自由していないのだろう。

キタキツネも何匹か見かけたが、いずれもふっくらしていた。
普段、街はずれや山中の幹線道路で見かけるキタキツネは
痩せていることが多く、ハングリーでアングリ―な目が怖かったりする。
野生のキツネが珍しく感激してしまう観光客の女性が、
「やだ、かわいい」などと言っているのを見かけたこともあるが、
私からすれば、痩せていて目つきが鋭く、
この世の全てにNOをつきつけるかのような反体制主義のFOXにしか
見えず、関わるのはよせ、とハートエッジが反応した。

野付半島から約16kmの距離にある国後島がうっすらと見えた。
20170108_10.jpg

行きと帰りでルートを変え、約540kmのドライブ。
標津羊羹も食べた。
道中に聴いたHBCラジオは楽しかったし、
太田裕美の1975年リリースのサードアルバムはフルに3回聴いた。
結構なことだ。
生産性も、合意も、刺激も、学習もなかったが、
資本主義や民主主義や成果主義などを求めた旅でもない。
ご都合主義で楽しく過ごした。
スポンサーサイト



















管理者にだけ表示を許可する



| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 トゥナイト今夜もRock Me Baby, All rights reserved.