ADMIN TITLE LIST
2016年11月13日、ザ・ハート・オブ・ストーンとして
10枚目となるオリジナルアルバムをリリースした。
タイトルはGOOD TIMES
20161116_01.jpg

今年1月30日、4曲のドラム録りからスタートし、
途中、体調不良や災害対応などにより途中3か月近くも
レコーディングを休止する事態になったが、
なんとかリリースすることができた。

嬉しいのは帯広在住という環境でリリースできたこと。
平成26年に札幌から帯広に転勤することになり、
メンバーは帯広、岩見沢、共和と全道各地に散らばった。
バンド活動は相当縮小され、ライブは滅多にできなくなる、
アルバムリリースなんてとてもじゃないが…、と思っていた。
ところができた。

その最大の理由は、メンバーの音楽活動に対するマインドの強さであり、
メンバーの妻子の理解の大きさによる。
その理解の成分の中には「あきらめ」も含まれているかもしれないが、
音楽活動以外、妻子に対してわがままを言わない、外出もしない、
そんなメンバーのストイックな日常が円滑なバンド活動につながっていると
思われる。
むしろ妻子の側が、バンドぐらいやらせないと可哀想くらいの
シンパシーさえ抱いているかもしれない。

それと私個人のリーズンになるが、
帯広で音楽活動を充実できたことが大きい。
新しい人、新しい刺激、新しい葛藤に出会い、
アイデアが生まれ、方向が見え、落としどころが見えた。

そうしたグッドな環境、グッドな心持ち、グッドな関係の中で
曲を作り、メンバーに示し、レシピを伝え、
メンバーが調理し完成したのがこのアルバムだ。

今思えば、20代から30代の頃は、ただ前のめりに活動していた
ような気がする。
その後、活動は自然休止となり、40を過ぎてから再開。
現在、バンド練習ができるのは、多くて月に2回程度。
それでも、お互いを認め合い、押しと引きのバランスがとれて、
過ごしやすい季節を楽しんでいるような気がする。
20161116_02.jpg
そして忘れてはいけない。
遠くから近くから、ザ・ハート・オブ・ストーンを 見守ってくれる皆さんが
いるからこそ、 アルバムを作成する意欲が沸くのだ。
なので、アルバムを作らせてくれてありがとうの気持ちでいっぱいだ。

2013年リリースの前作から今回リリースまでの3年間、
派手な展開やトピックやエポックは何ひとつなかったが、
我々を取り巻く方々のおかげで、しぶとく地道に継続できた。
いい時間を過ごしている、いい時間を過ごさせてもらっている。
だからタイトルは「GOOD TIMES」になった。

収録曲のことは別途記事にするとして、
今回はアルバムジャケットの話をしたい。

ジャケットのイメージをプレゼンしたのは私で、
実際にパソコンで作成したのはベースのミチ氏で、
「ああ、いいね」と言ったのはギターのタナカ氏で、
「おお、すげえ」と言ったのはドラムのオダ氏だ。
そして、ジャケットにあるシルエットは私で、
その元ネタ・フォトはこれだ。
20161117_03.jpg 20161117_04.jpg
帯広の旧イトーヨーカドーだった建物の
長く閉じられたままのシャッターの前での撮影だ。
これをベースのミチ氏がうまいこと加工してくれた。

私はジャケットのイメージを、北海道的に表現すれば、
「ばふらっと」伝えただけだったので、
「ゆるくない」作業だったと思うが、
長く活動を共にしていることによるアイデンティティと
ミチ氏のセンスとスキルとソウルによって、
こうしたロック・ミー・ベイベーなジャケットになった。

つまりアルバムジャケットは十勝産だ。
旧イトーヨーカドーはどうなっていくのかの黄色であり、
十勝バスの黄色である。
その下の赤と黒はベストな色彩バランスをセレクトしただけだ。
赤井川村や黒松内町に住んでいたら、
それを意識したと言っただろう。

調理や加工は別として、
ジャケットも中身も、原材料は十勝産だ。
十勝にいるときにアルバムをリリースできたことがほんとに嬉しい。
そして有り難い。
皆さま、アルバムを作らせてくれてありがとう。
スポンサーサイト



















管理者にだけ表示を許可する



| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 トゥナイト今夜もRock Me Baby, All rights reserved.