ADMIN TITLE LIST
7月の帯広は、6月に続いて青空や太陽になかなか出会えない。
気温もなかなか上がらない。
冷夏のまま過ぎ去ってほしくはないが。

雨の日も多い。
テレビニュースを観ていると、
「激しい雨」というテロップをよく目にするし、
気象予報士などから「激しい雨」のアナウンスをよく耳にする。

そういう場面で、私のアコースティック活動名義「激しい雨」を
はからずも思い浮かべてしまう方がいるとしたら、
「ありがとう、幸運だ、覚えていてくれて」と
英語をそのまま和訳したような形でお礼を言ってみたい。

というわけで「激しい雨」は、
激しい雨の降った2016年7月28日木曜日、
帯広市のライブバー「Sugar」に出演した。
今回は一人バージョンでのオン・ザ・ステージだった。
20160728_01.jpg 20160728_02.jpg
セットリストは次のとおり。
1 大事な用事
2 いい知らせが聞きたい
3 古びた喫茶店
4 何かが足りない
5 瞳はダイアモンド(アンコール)

「大事な用事」は、バンドでも「激しい雨」でも、
現在最もアクト頻度の高い曲。

「いい知らせが聞きたい」は、この日共演した藤原さんが
「いい曲ですよねえ」と言ってくれた。
美メロ・シンガーの彼の一言は嬉しいぜ。

「古びた喫茶店」と「何かが足りない」は、
バンド・バージョンとは構成もアレンジも変え、
ミュートを強めにしてアコギなのにロック度を高めた。

アンコールの「瞳はダイアモンド」はコピー。
というか、コピーをしたのは歌詞とメロディだけ。
ギターコード進行も原曲どおりとはせず、
私が歌いやすいよう、アルペジオとミュートギターを絡めて演奏。
帰宅して、録音したテイクを聴いたら、思った以上に歌えていなかった。
もっと柔らかく、それでいて輪郭を持たせるべきだった。
20160728_04.jpg
ライブが終わると、こんな感じで足りない部分や改善すべき点を実感し、
残念な気持ちになる。
また、他の出演者の優れたプレイを見ると、
年季、センス、音楽との接触度など色々と考えるところがあり、
自らの未熟さを思い知る。

ただ失敗箇所はあるものの、成功箇所もある。
その両方があるから、次を求めるだろう。
まだやれるはず、という前向きな気持ちになれるのだ。
それに現在の私を取り巻く状況は、
自分の未熟さを楽しめる「ゆとり」がある。

私の音楽キャリアにおいて、いい時期にあると思う。
しかし、黄金時代ではない。
既に終わったのか。
いやいや、これまで黄金時代などなかった。
これから来ると思いたい。
スポンサーサイト



















管理者にだけ表示を許可する



| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 トゥナイト今夜もRock Me Baby, All rights reserved.