ADMIN TITLE LIST

今年の帯広の6月は天候がすぐれない。
雨、雨、曇りのローテーションが組まれ、しっかりと守られている。
なぜにそこまで勤勉なのか。
記録的な日照不足は確実だ。
心までじめじめとしてくる。

ザ・モッズの森山達也氏は、
ファーストアルバム「FIGHT OR FLIGHT」のレコーディングのため
ロンドンに行った際、空港を着いたとき「ダーク」とつぶやいた。
「LET IT ROCK」にそう書いてあったような記憶がある。
毎朝そんな気分になっている。
しかし、さすがに「ダーク」とはつぶやかない。
春の十勝、平日の早朝、民家のベランダで
欧米人を気取ってつぶやくような経過、必要性、圧力、人間性。
そのいずれもない。
つぶやかないまでも、心の中で思い浮かぶのは、
SIONのファーストアルバムに収録の「街は今日も雨さ」だ。

そんな毎日ながらも早起き生活を続けている。
雨であれ曇りであれ、早朝は神秘的だ。
見慣れた街が、知らない街に見えるほど、
朝でも昼でも夜でもない不思議な空間と化す。
20160624_01.jpg
〈JR帯広駅南口のメインストリートも静寂に包まれている〉

早朝の街は止まっている。
動いているモノがない。
人を見かけないし、車も走っていない。
道路や建物や標識など、そこにある有体物は
全てドラマのセットのように感じる。
20160624_08.jpg
〈早朝は裏通りも遠くまで道が続いていることを気づかせてくれる〉

音も聞こえない。
現実感がない。
時間の感覚も麻痺する。
朝、昼、夜、どれにも属さない、一日の中でほんの少しある
ミステリアス時間だ。

この街には私しかいない気分になる。
「僕しかいない街」だ。

20160624_05.jpg
〈我が家の前の片側2車線道路も早朝は怖いくらいにひっそり。6月10日から青空を見ていない〉

こうした非日常感が早朝の醍醐味だ。
午前6時が近づいてくれば、
公園や遊歩道や河川敷にはウォーキングをするR-60世代や
幹線道路を走る車の数が増え始める。

日常の「朝の色」に塗り変えられ、一気に現実に引き戻される。
私は、動き出した様々なものに埋もれていき、

僕しかいない街が、僕だけがいない街へと変貌していく。

20160624_07.jpg
〈何ら変哲のない住宅街の早朝は沈黙さが際立つ〉

リアルに「僕しかいない街」になってしまったら生きてはいけない。
私以外のものであふれている現実がすぐそばにあるから、
私しかいない時間帯が魅力的なのだ。
20160624_11.jpg
〈帯広競馬場前の白樺通。雨の音しか聞こえない〉

夜明けの来ない朝はない、という励まし言葉がある。
ただ、今抱えている悩みや不安は、明日と明日以降があるから苦しむ。
明日又は明日以降に悩みや不安と向き合わなければならない。
今日で全てが終わるなら、悩みや不安はどうでもよくなる。
未来がなければ、全て投げ出していい。
しかしそれではあまりに悲しすぎる。

だから、日常の中にあるほんの少しの非日常が貴重なのだ。
朝、昼、夜、どれにも属さない、
一日の中でほんの少しあるミステリアス時間。
それはとても純粋なものだ。
しかし、純粋なものを求めれば求めるほど、不純なモノが見えてくる。
ストイックであろうとすればするほど、欲望がより鮮明になるように。

要は、ほどほどに、ということだ。
振り幅は小さくなるが、それが最も大過なく継続できる。
ところが、「ほどほどに」を継続するのが最も難しいかもしれない。
だから日常の中に、非日常というスパイスが必要なのだ。
スポンサーサイト



















管理者にだけ表示を許可する



| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 トゥナイト今夜もRock Me Baby, All rights reserved.