ADMIN TITLE LIST
 2016年6月18日、帯広市のライブハウス「チャボ」にて
開催されたライブに、「激しい雨」の二人バージョンで出演した。
20160618_03.jpg

セットリストは次のとおり。
1 大事な用事
2 古いロックに埋もれたい
3 いい知らせが聞きたい
4 トビラ
5 ゆとり

今回の「激しい雨」はソロ出演ではないので、
現場でのアドリブ的選曲ができないこともあり、
全編オリジナル・ソングとした。

また、いつものGibsonJ-45ではなく、
久しぶりにTakamine社のギターで臨んだ。
20160618_01.jpg
そして「激しい雨」としては数年ぶりに
スタンディングでステージに立った。

その理由は、「チャボ」や「ホーリーズ」でのライブの場合、
スイッティングだとお客さんと目線の高さが同じになるため、
普通に前を向いて歌うと目が合うことがあり、
なんとなく気まずい思いをさせているのではないかと
以前から気になっていたことによる。
それと、歌にしても演奏にしても、
スタンディングの方が身体の中心部から力を伝えやすいからだ。

身体は私に対して、「いつもよりキモちEぜ」とメッセージを送ってきた。
実際、座ってやるよりイイ感じのノリを出せたように思うが、
果たしてどうだったのか。

ただ、演奏ミスは少なくないし、
ボーカルも理想的な瞬発力を出せなかったり、粘りきれない箇所が
いくつもあった。
残念な気持ちのリバウンドから早く練習したくなった。
有り難いことだ。
20160618_02.jpg
このライブには大阪や札幌から来られた方がいたり、
お客さんもなかなかの熱気があり、
地方の中都市の地下にあるライブハウスのサタデーナイトとしては
非常に望ましい雰囲気だったと思う。

特に刺激を受けたのが「Rino with Friends」の皆さんだ。
帯広、音更、士幌と十勝管内の様々な市町村に在住の方々なのだが、
灰汁抜きをきちんとした、嫌みのない大人の演奏をされており、
聴き心地が非常に良かった。
20160618_04.jpg
ボーカルのRinoさんのパフォーマンスは大変勉強になった。
なんというか正しいのだ。
私にとっての正解のような歌い方だった。
身体の使い方、特に顔の下半分から肩にかけての使い方は
何かヒントをもらったような気がした。

そんなことを思っていたら、ヴォイストレーナーであるとのこと。
納得だ。
無料で勝手にレッスンを受けられた。

「チャボ」でそれなりに飲み、途中で睡眠状態に陥るも、
その後、すっかり行きつけとなった「笑福」で打ち上げ。
20160618_05.jpg
やはりライブをやることだ。
何度やっても必要な経験だったと思える。
準備して、うまくいったところ、いかなかったところがあり、
楽しかったり、残念だったり、刺激を受けたり、だるくなったり。
で、打ち上げをして、一旦全部グッバイする。
そしてまたリスタートする。
メリとハリ、そして「終わらせること」は次への重要な手続きだ。
恋愛もそうだぞ。
スポンサーサイト





クグエさん、ライブ、聴きたかったです。
(別の場所に居ました)

焼き鳥や、ご一緒頂けませんか。
終わったらそのまま打ち上げに入れるという、メリット付きです。
(札幌という場所がデメリットですが…)
【2016/06/21 13:24】 URL | mitsumi #-[ 編集]

mitsumiさん、どうも。
札幌生活は落ち着きましたか?

ぜひ焼き鳥店ライブお願いします(9月以降に)。
ご案内のとおり出番が終了後即そのまま打ち上げ。
もちろん泊りがけで行きます。

また帯広に来てください。
9月3日は観に行きます。
ではまた。
【2016/06/24 21:13】 URL | 本人 #-[ 編集]















管理者にだけ表示を許可する



| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 トゥナイト今夜もRock Me Baby, All rights reserved.