ADMIN TITLE LIST
 2016年5月29日日曜日、帯広市「ホーリーズ」で行われた
アコースティックライブに「激しい雨・ソロバージョン」で出演した。
20160529_01.jpg
セットリストは次のとおり。
1 スローなブギにしてくれ
2 I LOVE YOU
3 六本木純情派
4 SOMEDAY

会場のつくり、出演者の雰囲気や演奏曲の傾向などからして、
ホーリーズではカバー曲をやった方が溶け込めることを、
出演するたびに感じてきた。
なので出演するたびにカバー曲の割合を増やしてきたのだが、
今回はついに全てカバー曲にした。

どれも80年代の曲。
SOMEDAY」以外の曲は、当時よく聴いていたわけではない。
なのに、2016年になった今、
歩いたり、車を運転しているとき、
ふと気づいたらメロディを口ずさんでいて、自分に驚いてしまう。
そんな曲の中から、意外に歌えるかも、と思ったものを
安易にチョイスした。
20160529_02.jpg
フジテレビで日曜日の朝7時から放送している「ボクらの時代」を
結構観ているのだが、
ライブの日は荻野目洋子氏が出演した。
奇遇だ。
「今日ボクは君の曲を歌うんだぜ」と心でつぶやいた。

「六本木純情派」。
古めのメロディに、80年代らしいサウンド、
そして荻野目氏の歌唱力が素晴らしい。
この曲をカバーしている人を見たことはないが、
もっと歌われていい曲ではないかと常々思っていた。

ライブ音源を聴いたら、思ったよりも歌えていなかった。
声とギターの音色を立体的に表すならば、
底の部分が聴こえてくるような意識でプレイしたが、
表面部分の比重が高いパフォーマンスだった。
練習不足というよりは実力不足だ。
課題は尽きない。
しかし、手が届かなくて断念しようと思う課題ではなく、
克服したくなるようなものであることが有り難い。
20160529_03.jpg
帯広でのアコースティックのライブは、ホーリーズに限らず、
発表会とか交流会のようなテイストがある。
しばらくその雰囲気にうまく溶け込めなかったが、
自然に楽しめるようになり、
私のパフォーマンスの異質感がだいぶ緩和されてきた気が。

ただ、それはいい方向へ向かっているのかどうかはわからない。
全てカバー曲というのは、私の中ではトライであり、
小さなレボリューションでもあった。
そんな私のレボリューションをわかり始めたような気もしたが、
やはりオリジナル曲を磨き、
オリジナル曲で納得してもらえるようにならなきゃ、
という気持ちにもなった。

なので次回は、さよならレボリューション的展開を試みたい。
見せかけのカバー曲などいらないのかもしれない。
でも、練習も本番も楽しめた。
いずれにしても、今夜ここでゲットハッピー、だったということだ。
スポンサーサイト



















管理者にだけ表示を許可する



| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 トゥナイト今夜もRock Me Baby, All rights reserved.