ADMIN TITLE LIST
「リベンジ」という言葉がある。
和訳すると「復讐」だ。
ところが、2007年に松坂大輔氏が大リーグに進出し、
試合に敗れた際のインタビューで用いた「リベンジ」。
その時から、リベンジの意味が変節した。
「再挑戦」の意味で用いられるようになってしまった。

今は十勝のミニバレー大会で敗れた女性や、
馬券をはずした中年男が、何の迷いもなく「リベンジ」を使う。
もう「リベンジ」は和製英語だ。
カレーライスは和食であり、現代の母の味であるのと同じだ。

「リベンジ=再挑戦」はやはり違和感がある。
本来は「復讐」と訳されるように、「仕返し」的な意味の
ケンカ・テイストが漂う言葉に思えるからだ。
その意味では「リベンジポルノ」という使われ方は正しく感じる。

「違和感」といえば、「違和感を感じる」という言葉の使い方が
一般化しているように思うが、大変違和感をおぼえる。
達成感を感じる、絶望感を感じる、とは言わないだろう。

前置きが長くなった。
今回はブックレヴュー。
まずは、中学生による復讐の話。

■櫛木理宇「世界が赫に染まる日に」(2016年)
   世界が赫に
従兄弟がイジメによる暴行を受け意識不明になった。
そのショックから野球部を退部し、鬱屈した日々を送る男子中学生。
一方、クラスからも母親からも除け者扱いにされ、
15歳の誕生日に自殺をする計画を立てている男子中学生。
この二人が夜の公演で偶然出会い、
従兄弟に暴行を加えた中学生に復讐をする計画を立てる。

復讐をミスなく完遂させるため、
彼らは闇サイトなどに掲載されている別のイジメの加害者を
ターゲットにして予行練習をする。
それを繰り返すうちに、二人は次第に心境が変化し、溝が生まれていく。

今にも倒れそうな不安定感と、走り出したら止められない暴走ぶり。
暴力制裁の内容は酷いし、描写も生々しく、
壊れながらも突き進んでしまうさまは痛々しい。
ざらざらした気持ちでページをめくり、後味も悪い。
それでも最後まできっちりと読ませてしまう筆者の技術力の高さ。

イジメの凄惨さ、加害者優遇、少年法のあり方、
そんな様々な視点がありつつも、そこにこだわっていない感じで
ひたすら書き倒していく筆致。
エンディングも収まるところに収まっていない。
なんとも壮絶な作品だ。

■東山彰良「流」(2015年)
   東山・流 
台湾に住む17歳の男子高校生が大人に成長していく物語。
中学までは優秀だったが、高校でドロップアウト。
軍隊に入れられるも逃げだし、交際女性からは別れを告げられ、
悪友に振り回されながら、激動の台湾70S~80Sを生きていく。

たたみかけるように話は進む。
エネルギーをぶつけているような筆致で圧倒感がある。
ただ、油断をしていると置いていかれる。
この早い流れにのれれば、かなり面白い作品に感じるだろう。

苦慮したのは、主人公の「葉秋生」をはじめとして、
漢字三文字の似たような名前の人物が多数登場すること。
まず読めない。テキトーに読んでもそれが正しい読みなのかは不明。
人物の区別がつかなくなる。
それがストレスになり、前半は読んでいて中退したい気持ちにもなった。

主人公はピュアでストレートで常に混沌としている。
それを「疾走感」と捉えるか、「落ち着かない」と捉えるかは、
好みが分かれそう。
台湾・国民党と中国・共産党の関係、第二次世界大戦の出来事。
そうした歴史と猥雑な日常が絡み合い、混じり合いながら、
成長に向かう濃密な70s台湾が見えてくる。

■窪美澄「さよなら、ニルヴァーナ」(2015年)
   サヨナラニルヴァーナ
1997年に起こった神戸児童連続殺傷事件と
1990年代のオウム真理教の活動をモチーフに、
中学生の時に幼児を殺害し現在は29歳になっている男と、
それを取り巻く人々を描いた物語。

その男にはファンサイトがあり、彼が事件を起こした場所などを訪問する者
がいたり、現在はどこで働いているのかなど情報交換が行われている。
そんなファンの一人が、男に娘を殺害された母親と偶然に出会い、
不思議と心を通わせていく。
その距離が縮まっていく過程と双方が抱く葛藤の描写は引き込まれる。

ただ、筆者が第三者的な視点で描いているのは感じられるものの、
殺人者のファンの心理や行動はやはり不謹慎であり、
読んでいて気分が良くなることはない。
辛くなるし、やりきれなくなる。
ところが、その後の展開が気になり、ページをめくる手を止められない。

なお、タイトルからして、
グランジ・ロックな内容もちりばめられているのかと思いきや、
ニルヴァーナに関する表記は数行だった。

■柚木麻子「ランチのアッコちゃん」(2013年)
   ランチのアッコ
アッコちゃんは45歳独身。身長は173cmで髪型はおかっぱ。
小学生用教材を専門とする出版社の営業部長。
その会社に派遣社員として勤務する三智子。
三智子は毎日手作り弁当を持参。
アッコちゃんは毎日外食。しかも曜日によって行く店が決まっており、
毎週それを繰り返している。

そんな二人の昼食を一週間交換しないかと、アッコちゃんは三智子に提案する。
つまり一週間、アッコちゃんは三智子の手作り弁当を食べ、
三智子は曜日によってローテーションがあるアッコちゃん行きつけの店に行く。
それによって三智子は様々な体験と発見をし、
アッコちゃんの人柄を知り、また自分自身も前向きに変化していく。

4作の短編が収められている。
どの作品も都合良くハッピーなエンドをする傾向はあるものの、
滑らかな文章で、話の運びが上手いので、
大変読みやすく、読み速度も上がり、ぱっと読み終えてしまう。

短編ながらしっかりと起承転結がある。
上がったり下がったり、曲がったり折れたりしながら、
相応しい場所に行き着いていく。
さらっとしつつも、生き生きとした爽やかな作品だ。

                 ◆

忙しかったりしてなかなか本を読めないとストレスを感じる。
そういう人はそんなに多くはないだろう。
事実、年に一冊も小説を読まない人は少なくない。
つまり本は、なくても困らないものだ。

趣味とはそういうものだ。
自分にとっては欠かせないものだが、
他の人にとってはなくても差し支えはない。

家の中にあるものをじっくりと見てみる。
あっても困らないが、なくても差し支えないものが多くある。
人生も同じようなものだ。
あるからキープしているが、実はなくても差し支えないもので
人生はできているのかもしれない。

スポンサーサイト



















管理者にだけ表示を許可する



| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 トゥナイト今夜もRock Me Baby, All rights reserved.