ADMIN TITLE LIST
ゴールデンウイークだ。
3、4日前までは、帯広の桜の開花は29日頃だと
複数の気象予報士が言っていたので、
ウイークはゴールデンになって、
ストリートはピンクになるのだと思っていたが、
29日朝の帯広はまさかのホワイトだった。
280429.jpg
昨年の4月28日、帯広は真夏日になった。
自然現象だ。毎年同じようにはならない。
人間が手を加えることはできない。
それでいい。
人間が自然に合わせればいい。
自然に対して謙虚であるべきだ。
その方が世の中は平穏で豊かになるはずだ。

帯広の雪は一日で溶けてしまうだろう。
雪は10時過ぎに雨へと変わるだろうと
複数の気象予報士が言っていた。
ホワイトは決してウイークではない。デイだ。
つまりホワイト・デーだ。

「DAY」をカタカナで表記する際は、
デイドリーム、デイサービス、インディペンデンス・デイなど、
「デイ」が一般的だ。
なのにホワイト・デーは、ホワイト・デイとは表記しない。
けれどどうだっていいことだ。

遅れてきたホワイト・デーなので、
自分で自分にスイーツをあげることにした。
そこで、柳月の三方六のお買い得品(いわゆる「切れ端」)を
ゲットすべく柳月スイートピアガーデンへ。

                     ◆

開店45分前の8時15分、柳月スイートピアガーデン到着。
連休に突入したとはいえ雪が降り、風も強め。
なので行列もそれほどでもないのではないか、
地元の利を生かせるラッキーチャンスなのではないか。

しかしそれは思い込みだった。
都合のいい想像であり、見当違いであり、検討不足だった。
行列順位は100番目くらいだった。
天候にかかわらず、混むところは混むということだ。

実は3月初めに三方六のお買い得品を初ゲットして以来、
その美味しさ、信じられないコストパフォーマンスの高さ、
無事ゲットできるのかというスリルなどが相まって、すっかりはまり、
この日が6回目の行列参加だった。
2か月で6回。なんというのめり込みようか。
軽い依存症だと診断されても否定しにくい状態だ。

行列順位が思いの外後方だったので、
この日の狙いの抹茶味は無理だろうとあきらめた。
他の味(プレーン、メープル)は自宅の冷凍庫に在庫があるし、
抹茶は無理そうだし、寒いし、帰ろうか、との考えがよぎった。
しかし、ストーンズの旧譜やパフュームの新譜を聴いているうちに、
整理券の配布が始まり、余裕で抹茶をゲットできた。
連休で来店客が増えるので生産も増えるということなのだろう。
なにはともあれラッキーだった。
ちなみに私の後方にも100人くらい並んでいたように思う。

                     ◆

今年度は仕事の都合で、
ゴールデンウイーク、盆、シルバーウイーク、年末年始の
4大連休を帯広で暦どおりに過ごす。
連休のサイクルヒット、あるいは連休のグランドスラムか。
しかし、これでいい。
帯広ラストイヤーになるのかもしれないのだ。
逆に連休の帯広、十勝を満喫できるチャンスを得たともいえる。

5月1日には帯広市民ホール(小ホール)でライブもある。
サウンドストリームチラシ 
■日時 2016年5月1日(日)16時
■場所 帯広市民文化ホール小ホール
■料金 無料
■出演(出演順・敬称略)
   バサラ/COLD CASEKISS THE ROD/おとといおいで/
   クサカアツシ/いとたい/THE HEART OF STONE
   TETSU スペシャルバンド/FLAG

THE HEART OF STONEの出番は、スケジュールどおりに進めば、
18時30分からの出演となります。
入場無料。待ってます。

出演者の中には、お客さんに手拍子やコール&レスポンスを
求める方もいるだろう。
それは状況によっては盛り上がりにつながるし、
帯広で様々なライブを観ていて、そういうシーンもあった。

私は仕事かスポンサーの都合が絡む場合でなければ、
コール&レスポンスはやらないだろう。
つまりお金か義理でしかコール&レスポンスはやらない。

どうしてもやらなければならない状況になったら、
私は客席に「奥さん~」とコールする。
そして客席からは「お絵かきですよ!」とレスポンスされる。
それが理想のコール&レスポンスだ。
スポンサーサイト




| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 トゥナイト今夜もRock Me Baby, All rights reserved.