ADMIN TITLE LIST
私は、携帯電話の使用頻度が、かなり少ない方だろう。
ほんとうは、携帯電話など持ちたくはないと思っているが、
仕事や生活の都合上、そういうわけにはいかない。

こんな私なので、携帯電話に備わっている機能は、
電話とメール以外、ほとんど使うことがない。
カメラさえも、保存の仕方、送信方法などがよくわからないため、
というか、覚える気がないため、全く使っていないし、
インターネット機能さえも、見にくいため全く使っていない。

今、ソフトバンクと契約しているが、なんらの思い入れもない。
何かのきっかけがあれば、すぐに携帯電話会社を変えてもいい。
ポイントがどうだ、値引きがどうだ、そんなの関係ない。
うん?そんなの関係ない?

例えば、仕事で真剣な打ち合わせをしている時、
無意識に、「そんなの関係ないんじゃない?」というセリフが出た時、
打ち合わせをしている誰もが、小島よしお氏の「そんなの関係ねぇ」を、
頭に浮かべてしまったであろう、この半年。
そして、それが頭に浮かんだ時から、
それまでの真剣な話が、真剣ではなかったかのような空気になる。
しかし、ある意味、「なごみ」効果もあるかもしれない。

それはそれとして、
携帯電話における電話以外の機能の充実ぶりはすごい。
インターネットをはじめ、テレビ機能、財布機能、音楽プレーヤー機能…。
名称が「携帯電話」というだけで、
そのうち、携帯電話以外の機能を使うことのほうが多くなるのではないか。
そうなると、「すげぇ!その携帯、電話もついてるの?!」
という時代がきてもおかしくない。

携帯電話のマナーというのは、色々なところで言われ続けており、
現在は、ひと頃よりか、ましになったとは思う。
だが、携帯電話による会話中、驚くほど周りが見えなくなる人は未だに多い。
通勤時の人混みの中で、大きな声で話すサラリーマンや、
人通りがほとんどない夜の住宅街を歩きながら、大きな声で話す女。
その女を追い抜く時も、追い抜いた後も、女は変わらぬ音量で話し続ける。
仮に私が、その女を追い抜いた後、
凍った道に滑って転び、立てなくなっても、
その女は変わらぬ音量で話し続け、私を追い抜いて行くだろう。

実は、私の職場にも、携帯電話マナーの悪い男がいる。
私の向かい側に座っている男(私より年上)である。
ぼけっーとした面白みのない風貌だが、プライドはかなり高い男である。
彼の携帯電話のマナー・モードの「ブー、ブー」という音に、
非常にストレスを感じている。
時々ならいい。
時々じゃないのだ。
1時間に4、5回程度、つまり1日に40回程度は、「ブー、ブー」と鳴る。
尋常じゃない回数である。
これが毎日なのだ。
相当にダメージがある。
時々、彼が口で「ブー、ブー」と言ってるんじゃないかと思う時もあるほどだ。
ブー・ブー・クッションに座ってるのかと思う時もあるほどだ。

マナー・モードであっても、1日に40回程度も鳴れば、
マナーなどあったものではない。
私にとって、まさに、迷惑メールである。
なぜ、1日に40回も鳴る?
なぜ、鞄や机に入れない?
自分で、うるさいとは感じないのか?
周りはどう思っているのか考えないのか?
1日に40回も、マナー・モードが鳴る人など、
皆さんの周りにはいないだろう。

彼に対して、うるさいんだと、はっきり言えばいいのかもしれないが、
言って改善するどころか、聞く耳を持たないタイプだから困る。
また、彼は、同僚の誰とも距離を置いており、
というか、壁をつくっているため、
和気あいあいの会話の中にいることはなく、冗談めかして言うこともできない。
冗談を言って、むっとされたのは、今の職場で彼だけである。

それでも、マナー・モード騒音に絶えられなくなり、
思い切って、でも、やんわりと言ったことはある。
俺「携帯、よく来ますね。メールですか?」
奴「別に」
俺「…」(「お前は、沢尻か!」と心で叫ぶ)
奴「…」
俺「結構鳴るんで、ちょっと気になりましてね」
奴「そうですか」

奴にしてみれば、「そんなの関係ねぇ」だろう。
まともな意味での「そんなの関係ねぇ」だろう。
この会話の後も、何ひとつ変わらなかった。

また、「ブー、ブー」とうるさいのも頭にくるが、
ヒロシ&キーボー「三年目の浮気」的に言えば、
開き直るその態度が気に入らないのだ。
しかし、両手をついて謝ったら許す。
というか、両手をついて謝られたら、こっちが悪者になってしまう。

このマナーモード騒音は、私の上司も、同僚も皆、気づいてはいるものの、
奴の携帯電話の置いてある位置が、私の近くであるため、
あまり聞こえないらしい。
そのため、例えば、同僚のY下氏には、
「山下さん、俺の席に1時間座ってたら、俺のダメージがわかるから」とか、
同僚のGT氏には、「後藤さん、みんなで席替えしないか」など、
周りにあたっている始末である。

ミス・チル的に言えば、今より前に進むためには、争いを避けて通れないのか。
この解決策を教えていただきたい。
騒音の話だけに、誰からどういうアドバイスを受けたかということは、
「こうがい」しません。
クグ丸です。
スポンサーサイト

テーマ:職場でのできごと - ジャンル:就職・お仕事





個人名や席の場所が出ていてハラハラです(笑
【2008/01/08 18:16】 URL | ガミオオ #-[ 編集]

初めまして。
あまりにも文章が面白いのでコメントしてしまいました。

札幌在住のピアニストです。

1991~1995年辺りまで、ベッシーホール近辺でアマチュアバンドをいくつかやっていましたが、クグエさんのお名前やバンドの事は、噂で伺った事があったように思います(ライヴを拝見した事は無かったような‥‥。スミマセン)。

過去の日記等も読ませていただきましたが、失礼な表現かもしれませんが、面白いです(笑)。

最近、仕事でシンガーソングライターの方とご一緒する機会が多いのですが、面白い詩を書く人は、話をしていても、ものを見るポイントというか切り口というか、そういったものが非常に面白く、勉強になります。

クグエさんの書く詩もきっと素敵なんでしょうね。

今度、ライヴを拝見させていただきたいと思います。

今後も日記を楽しみにしております。

突然失礼いたしました。
【2008/01/09 00:00】 URL | いづ #-[ 編集]

ハラハラしていただきありがとう。
このマナー・モード騒音は、
すぐ近くにいる私しかわからないため、
苦痛を誰とも共有できないのだ。

このままでは、メンタルになるか、
レンタルでDVDを借りるか、どちらかになりそうだ。
1日40回は、きつい。
【2008/01/09 00:52】 URL | クグエSW #-[ 編集]

読んでいただきまして、ありがとうございます。
どうして、このブログにたどり着いてしまったのでしょう?

このブログでは、身勝手なほどに辛口のため、
「面白い」と言われると、
救われるような気持ちになります。

「最近、仕事でシンガーソングライターの方と
 ご一緒する機会が多い」というのが謎めきすぎていて、
非常に興味をそそります。

ちなみにライブは、そのうち具体に書きますが、
3月1日にやります。
【2008/01/09 01:10】 URL | クグエSW:いづさんへ #-[ 編集]

最近のバンド事情を調べていて、「カウンターアクションはどんな感じかな?」とウロウロしていたら(実際に行ってみる勇気は無い‥‥)、ここにたどり着いたというわけです。

ところで、謎めいてますか?

仕事が音楽なんですが、最近はシンガーソングライターの方のサポートをさせていただく事が多いのです。
ライヴの演奏サポートとか、作曲、アレンジ、録音などのサポートです。

それだけです。

スミマセン、謎めいた書き方をして(笑)。

ちなみに最近最も興味深くご一緒させていただいている方は、佐々木幸男さんです。
一見神経質で怖そうに見える方なのですが、話をしてみると、大変面白いです。




今後も勝手に期待しております(笑)。

ライヴ告知もお待ちしております!!!

お邪魔しました~。
【2008/01/09 01:53】 URL | いづ #-[ 編集]

Tピオカ鈴木です。本年もブログ日記を楽しみにしております。ガバイばあちゃんとかけまして、普段笑わない人の微笑みと解く。その心は!「笑いはクスリや」
【2008/01/09 20:34】 URL | タピオカ鈴木 #wArKOgbk[ 編集]

「タピオカ鈴木」を「Tピオカ鈴木」とした無駄ぶりがいい。
無駄の中にこそ本質がある。
無駄なく生きることに固執する人間は、
存在自体が無駄になりかねないし、ムダ毛も増えるだろう。
そして、クスリが欲しくて、ゆすりをするようになったら、
故郷の親が悲しむだろう。
【2008/01/09 23:55】 URL | クグエSW #-[ 編集]















管理者にだけ表示を許可する



| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 トゥナイト今夜もRock Me Baby, All rights reserved.