ADMIN TITLE LIST

通勤のため歩いている時、
気づくと思いがけない曲を口ずさんだり、鼻歌を歌っていることがある。
最近全く聴いていなかった曲や、
音源を持っていない曲であったりするのだ。
なぜ、そんな曲を口ずさんだのか?
その背景が、その経緯が自分でも解明できない。
皆さんにも、そういうことがあるだろう。

また、普段は興味がない、というか敬遠気味のアーチストの曲を
口ずさんでしまうこともある。
そんな時は、そのアーチストに対する敗北感というか、屈した気持ちになるが、
それでもなお、何回も繰り返して口ずさんでしまうのだ。
例えば、「絶え間なく注ぐ愛の名を永遠と呼ぶことが~」や
「フォ~エヴァ~ラ~ブ」などである。
ただ、そうした曲は、知らず知らずのうちに私の中に張り付いているわけで、
ある意味、心のどこかでは認めているということである。

事実、日本のヒップ・ホップ系、ビジュアル系、R&B系の音楽のほとんどは、
2007年的な言葉でいえば「右から来たものを左へ受け流す」状態であるため、
私の心に止まることなく、鼻歌を歌おうにも、何一つメロディが出てこない。

昨日と今日の鼻歌のメインは「テネシーワルツ」だった。
気づいたときには口ずさんでいた。
テネシーワルツは、改めて名曲中の名曲だと思う。
この曲を聴きながら、ゆっくりと夜を過ごしたい気持ちになる。
その時飲むビールは、もちろん「ヘネシー」しかないだろう。

テネシーワルツは、パティ・ペイジをはじめ、歌入りのものはもちろんいいが、
しっとりとしたアレンジを施したインストロメンタルも最高である。
特にジャジーな雰囲気のインストロメンタルがいい。
しかし、たまに原曲を崩しすぎたアレンジのものがあって落胆することがある。
こうした場合、インストロメンタルだけに、
二つの意味で「しがない(詞がない)」ものになる。

「しがない」といえば、安部内閣の支持率。
内閣改造をした日(8月27日)の記事で、
内閣改造をしただけで支持率が上がるとしたら、どういうことなの?
結局イメージだけ?のようなことを書いたが、
結果、参議選直後より11.5%も上がった。

内閣改造だけで、こうなるのが世論なんですね、
参議選で自由民主党の大敗がもたらした意味はどこへ。
まだこのタイミングなら、右から来たものを左へ受け流すように、
お手並み拝見的に、まずは静観するべきかと思うが。
世論というのは、つくづくムーディなものなのだ。

要は、総理がどうだとか、野党がどうだとか、
姉御キャラを売りにしている女性芸能人は皆どこか胡散臭いとか
そういう問題じゃなく、
国民の側が、ムードで意思を動かすのではなく、
もっと冷静になればと、あるいは冷製パスタを食べればと思うのだ。

さて、明後日には9月。暑さともサヨナラだ。
9月になったらお姉ちゃんと、
魚のすり身を肉団子のような形にしたものを入れた鍋を食べたい。
これがほんとの「つみれセプテンバー・ラブ」。

スポンサーサイト



















管理者にだけ表示を許可する



| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 トゥナイト今夜もRock Me Baby, All rights reserved.