ADMIN TITLE LIST
クリスマスである。
24日のイヴがゴールで、25日当日は消化試合のようだ。
いつ頃からこうなってしまったのか。
少なくとも30年前にはそれがトレンドになっていた。

クリスマス・イヴはすごく特別の日で、
プレゼント交換、家族や恋人や友達と過ごす、
チキンとケーキを食べる、など、
そういう行為をしなければ寂しい人と思われる。
そうならないために必死になる。
一緒に過ごす相手を見つけたり、
一人で過ごすことがばれないようにする。

職場でも、普段は早く帰宅することにいい顔をしない上司も、
クリスマス・イヴは極めて寛大。
というか、まだ帰らないのか、と逆のプレッシャーをかける。
クリスマス・イヴはどうでもいいから、
誕生日とか夏至に配慮してほしいもんだぜ、と毎年思っていたし、
クリスマス当日の軽視ぶりにあきれていた。

そんなこんなが、ひどく面倒だった。
特に1990年代のクリスマス・イヴ至上主義感は異常だった。
しかし、ヘイト感を主張しすぎたら、世間から疎外されるので、
特に主張せず、毎年静かに過ごしてきた。
家族にさえ、そんな気持ちを隠してきた。
2015121901 2015121902
左:帯広ESATA西館、右:ロイズ帯広

ただ、ここ数年、世の中のクリスマス感が変化してきてはいないか。
クリスマス・イヴだけのために、そんなに頑張る必要がある?
そんなにスペシャルな日?
クリスマス・イヴっていっても、365日のうちの1日に変わりない。
人は人、自分は自分。
クリスマスにとらわれないで、自分らしくしていればいいんじゃないの。
そうした傾向が強まっているような気がする。

そんな世の中の傾向に逆行し、
私自身は年々クリスマスが楽しくなってきている。
街には赤と緑があふれ、クリスマス・ミュージックが流れ、
なんとなく華やかになるのが季節の風物詩のようであり、
楽しそうであり、平和であり、
全然ありだよね、と好意的に受け入れられるようになった。
桜の開花や、初雪や、神社のお祭りだとかと同じような心持ちで
ウェルカムできるようになったのだ。

どうでもよくなったからなのか、
気持ちが大きくなったからなのか、
いちいち反応することが面倒になったからなのか、
理由はわからないが、クリスマスを楽しめるようになった。
こうした変化に自分自身が少し戸惑っているほどだ。
2015121903 2015121904
左:JR帯広駅北口、右:藤丸南側入口

数年前から、12月上旬になると
自然にクリスマス・ミュージックを聴きたくなり、
部屋でジャズ・バージョンのそれを流しっぱなしにしたり、
通勤時に聴くこともある。
クリスマスのコンピレーションアルバムを毎年1枚入手していたら、
もう5枚になっている。

クリスマス・ミュージックよりも、同じ「マス」なら、
ストーンズの「アフターマス」を聴くべきだと言っていた私が
こうなってしまうから、年齢を重ねることは神秘的だ。

帯広では、家を電飾でデコレートする家をほとんど見かけない。
それが今となってはちょっと寂しかったりもする。
札幌に住んでいた頃はよく目にし、その都度、
ヤンキー志向の名残か、と思っていたのが懐かしい。

チキンやケーキは、イヴじゃなくてもいいじゃないか。
24日にこだわるから大変な思いをし、
場合によってはトラブルやイライラも招く。
食べたいときに食べようや。
それが健康的だし理性的。
23日に食べて、24日は食べない。
それこそワイルドだろ。
2015121907 2015121908
左:六花亭帯広本店、右:柳月帯広本店

私にとってクリスマスは、12月上旬からなんとなく始まり、
25日にフィナーレを迎える。
つまり、「DAY」ではなく、「WEEK」と「MONTH」の間なのだ。
そう考えたら、色々なことが楽になるし、便乗しやすくなる。

25日のクリスマス当日をもう少し大事にしないか。
雨が夜更け過ぎに雪に変わるのがクリスマス・イヴならば、
雪が午前中に雨へと変わるのがクリスマスなのか。
それはそれで素敵なことだと思うぜ。

クリスマスはほんとにスペシャルなのか。
「クリスマスが今年もやってくる」とクリスマスのワクワク感を
唄っている竹内まりや氏でさえ、
一方では「毎日がスペシャル」だとメッセージしているではないか。

よくわからなくなった。
人それぞれにクリスマスがあり、それぞれの事情に応じて過ごせばいい。
そこには賞賛も批判も嫉妬もない。
スポンサーサイト





クリスマスはマロンさんにいます。
チキンとかありませんけど、多分眼鏡をかけたシカと真っ赤な小人みたいな人はいると思います。
気が向いたらどうぞ(*^^*)
【2015/12/20 12:52】 URL | mitsumi #-[ 編集]

mitsumiさん、どうも。
クリスマスにライブができるのはハッピーなことです。
私はこれまで経験がないように思います。
25日は職場の事情により、顔を出せないですが、
楽しい夜になるといいですね。

またマロンナイトに参加させてください。
【2015/12/22 23:06】 URL | 本人 #-[ 編集]















管理者にだけ表示を許可する



| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 トゥナイト今夜もRock Me Baby, All rights reserved.