ADMIN TITLE LIST

5月下旬、帯広市を中心として展開するスーパー「いちまる」が
マックスバリュ北海道に事業譲渡される、というニュースを目にした。
譲渡時期は10月だった。

十勝を代表するフードパークがなくなってしまう。
これを重く受け止めた私は、いちまる全店に歩いて行ってみようと思い、
6月から「大人の遠足・サラバいちまる」を開始。
7月末までに、いちまる全14店のうち13店をクリアした。
〈参考記事〉
サラバいちまる1(中札内店)
サラバいちまる2(帯広市内の店舗+音更店)
サラバいちまる3(池田店)

残りは清水店のみとなったが、なかなか実行できなかった。
あれこれと用事があったのが最大の要因だが、

7月にいちまる池田店を往復で歩いたことで

燃えつきた感を多分に含む達成感があり、
次への一歩が重たくなったというのも影響している。
また、10月までまだ余裕があると思っていたこともある。

そんな気持ちを打ち砕いたのが、9月10日のいちまるのチラシだった。
そこに書かれていたキャッチコピーは「10日は最後のいちまるDAY」。
そうか、毎月10日は、「いち」と「まる」でいちまるDAYだったのか。
で、9月で「最後」なのか。
ということは、10月10日のいちまるDAYはあり得ないということか。

ただ気になるのが、いちまる譲渡のニュースが、
5月以降ほとんど報じられていないこと。
10月の何日に譲渡されるのかもよくわからないし、
「いちまる」の看板は完全におろされるのか、
既存の店舗は継続されるのか、など疑問は数多くある。

また、十勝住民に「いちまるがなくなってしまうんだぜ」という話をしても、
「ああ、そうだよね」、「あれ?いつだっけ」という反応ばかりで、
私のように重みや寂しさを感じている人には出会っていない。
そういうもんなんすかねえ。

とにもかくにも、9月30日で「いちまる」の看板が消える可能性がある。

いちまる清水店は、JR帯広駅から32kmくらいある。

途中で昼食をとると7時間から8時間を要するだろう。
ざっくり言えば丸一日かかる。
そうなると、9月中に日程を確保できるのは21日(祝日)しかない。
雨が降ったなら、別の日に仕事を休んで実行するしかない。
そんな切羽詰まった状況であったが、
9月21日は運良く天候に恵まれた。

朝7時15分、JR帯広駅を出発。
2015092101
ひたすら白樺通を西へ進む。
しばらく平地を長時間歩いていなかったせいか、
歩き始めて1時間で脚に痛みを感じてきた。

9時47分、JR芽室駅(約12km地点)を通過。
2015092103

帯広市から芽室町のエリアに入ると、景色は広大な農地が続く。
2015092102
高い建物がない平野の真ん中にいると、空が広く大きく感じる。

白樺通りから芽室町内で国道38号線に出たのだが、
シルバーウイーク真っ只中ということで車の量が多く、
また、途中3kmほど歩道がない箇所があり、
ストレスを感じながらさらに西へ。

清水町のエリアに入り、「みしな」(約23km地点)にて昼食。
2015092104 2015092105
11時25分頃の到着だったが、連休のせいか既にほぼ満席だった。

あと10分遅かったら席に座れなかった。

ひれカツカレー(1,020円)をオーダー。
4月に訪問した際、次はひれカツカレーを食べようと決めていた。
2015092106
すごく美味しかった。
ルーは色々なものが入っていることがよくわかる手作り濃厚な味。
コクが深く、ライスが進むルーだ。
それでいて、後味はすっきりしている。
いいぞ。

ルーの中に豚肉がふんだんに入っているのが実に嬉しい。
しかも柔らかく、いい感じでほぐれてしまうほど煮込まれている。
このルーならば、カツがなくても十分に満足できる。
ますますいいぞ。

カツは4切れ。これも柔らかくありつつ、
しっかりと肉の食感と味を楽しめる。

また、普通盛りにしては結構なボリュームだった。
私は盛りが多い外食にワクワクするのだが、
それはあくまで標準仕様で盛りが多い場合であり、
大盛りでオーダーするとメガになるのは、なんとなく魅力に欠ける。
その点、標準でこの量はテンションが上がるものだった。

4時間以上歩いての食事だったので丁度いいボリュームだったが、
通常の状態での昼食だとしたら、少しきつめの満腹だったかもしれない。
1,020円と若干値は張るが、
このルーとボリュームなら、まあいいかなと思える。
これまで、みしなさんでは、ひれカツ定食とカツスパを
食べたことがあったが、カレーが最も胸を躍らせた。
次回訪問時は、またカレーをオーダーすることだろう。

思えば、サラバいちまるシリーズの昼食はカツカレーばかりだった。
中札内店の際は更別の「かしわ」、
池田店の際は店内にある「ジャングル」、
清水店では「みしな」。
サラバいちまるの旅は、カツカレー巡りでもあったということだ。

美味しいカレーでエナジーがチャージされ、
無事14時05分頃、清水町の「プラザ。いちまる」に到着。
2015092107 
「サラバいちまる」の旅は一区切りがついた。

2015092108
ノンアルコールビールとキャラメルを買い、
それを飲食しながらJR新得駅へ向かい、14時20分過ぎに到着。
14時41分発の便に乗る予定だったので、結構ギリギリだった。
2015092110 2015092111

清水駅は無人駅ではないが、ローカル感があってホッとする。
2015092112

歩き疲れて、ぼうっと車窓の景色を見ているうちに眠ってしまった。
どこかで停車して目が覚め、走り出すとまた眠る。
この瞬間がたまらなく気持ちいい。
2015092113

15時45分近くにJR帯広駅に到着。
2015092114
33kmくらいの距離なのに、十分に旅気分になれた。
どこへ行くかも大事だが、どうやって行き、どうやって帰ってきたのかで、
単なる移動を旅にしてくれる。

                     

さて、次の注目は、9月30日と10月1日とで、
いちまるにどういう変化が現れるかだ。
電算システムなど内部的な変更作業は早くから進めてきたと
思われるので、ある程度スムーズに移行されるだろうが、
看板など目に見えるものに関しては、
一晩の間にできることが限られている。
いちまるの看板デザインは象徴的でわかりやすい。
これが撤去されれば街の風景も結構違って見えるのではないだろうか。

とにもかくにも、譲渡前にすべてのいちまるに歩いていけた。
この企画を始める前は、いちまるをあまり利用していなかった。
通勤経路や休日の主たる活動圏に店舗がなかったためだ。


しかし、「サラバいちまる」を始めてからは、
いちまるに対して親近感のようなものが沸き、
ちょっと遠回りや、あえてプチ遠出をして、いちまるに行くことが増えた。
最初はファニーな自己満足にすぎないと思っていたが、
次第に巡礼テイストを感じてきた。
とはいえ、コミカルな巡礼であることは全く否定しようがない。

10月1日、いちまるはどうなっているだろう。
そして、「いちまるロス」現象はあるのだろうか。
スポンサーサイト



















管理者にだけ表示を許可する



| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 トゥナイト今夜もRock Me Baby, All rights reserved.