ADMIN TITLE LIST
8月2日日曜日、朝5時、JR帯広駅。
20150802広尾1 
休日の早朝、なにゆえ、そこにいたのか。
クロスバイクで出発をするためだった。

どこへ向かったのか。
広尾町だ。
帯広駅から南へ約85kmのところにある町だ。

私はクロスバイクで遠出をする場合、
休憩やちょっとした寄り道込みで、
1時間に15km進むことを目安にしている。
85kmとなれば、6時間近くかかることになる。
そこで朝5時に出発したのだ。

往路は国道236号線をひたすら南下。
早朝なので走る車は非常に少なく、
クロスバイク・ライダーにとっては快適。

走り始めて1時間を過ぎた頃、空腹で力が入りにくくなった。
そこで、6時20分、幸福駅にて朝食。
20150802広尾2
買い置き、冷凍しておいたトカトカの菓子パン3個を食す。

十勝の一般道は坂道とトンネルが極めて少ない。
これならクロスバイクで、かなり色々なところへ行ける。
日帰りの限界は広尾町か。
でも、往復で170kmか。
これはきちんとした準備と覚悟をもって挑まなければ為し得ない。
無理かな。
でもトライしてみたい。
1年半前、帯広に住み始めてから、そんな思いがずっとあった。

今年は春先からクロスバイク活動が順調だった。
遠出は新得町、本別町、足寄町に行った3回のみだったが、
普段、週に2回程度、早朝に1時間ほど走るようになり、
昨年までよりもクロスバイクへの親密度が増していた。
体調も昨年に比べて数段良い。

広尾町まで行く土台はできた。
あまり先延ばしにすると、日の出が遅くなり、日の入りが早くなる。
行くならばお盆前だろう。
6月頃からそう考えていた。

出発時は曇りで、気温も20度に届かず、長袖スタート。
更別村に入った頃から、空は晴れ、暖かくなってきた。
20150802広尾3 

早朝、車の数が少なかったが、
日曜日であり、かつ平行して高規格道路が走っているせいか、
国道236号線は、午前9時を過ぎても車が少なかった。

それにしても直線道路が多いし、長い。
坂道も極めて少ない。
これほどサイクリングに適した地域は、全道的にもないだろう。
また、十勝の中でも帯広から南方面が一番走りやすい。
20150802広尾4

スタートしてからしばらくは、
無事到着できるか、足りない荷物はなかったか、など、
愚にもつかない不安を中心に様々な邪念がある。

しかし、次第に走ることに集中してきて、
ふと気づくと、新しい曲のアレンジを考えていたりする。
この時間が楽しい。
それが一段落すると、昼食のことばかり考える。

そんな感じで、三度の休憩をはさみつつ、
10時55分、広尾町に到着。
20150802広尾5 
私にとっての広尾町の象徴的建造物は、
道内最大級の飼料コンビナートだ。
奥に見える、白や赤の建物がそれだ。

十勝港へと下り、飼料コンビナートの前へ。
20150802広尾6

さあ、昼食だ。
85kmも走ったのだ。
さらに昼食の後、同じ距離を走るのだ。
強気にガッツリと食べていい状況だ。

出発する前から、昼食は「大将」にしようと決めていた。
20150802広尾7
これまで二度、定休日と臨時休業にあたってしまい、
なかなか訪問できずにいた。
今回は、前日にお店に電話をし、営業していることを確認する周到ぶり。

「大将」は盛りが多いことで、マニアの間では有名でありつつ、
地元客も多い繁盛店である。
メニューはラーメンがメインであり、
実際、ラーメンをオーダーするお客さんが多かった。
20150802広尾9

定食メニューも充実している。
20150802広尾8 

私は人気のある「ザンギ定食」をオーダー。
20150802広尾11
写真だとわかりにくいが、確かにボリュームがある。
ライスは茶碗二杯強ぐらいだったし、
野菜とマカロニサラダも豊かに盛られていた。

で、サンギだ。
20150802広尾12
大きめのものが7個。
素晴らしい。
しょうが風味がさり気なく効いた優しい味で、
衣が多めのふわっとタイプだ。

クセのない味なのでどんどん食べられる。
最初は完食できるだろうかと、ちょっと不安もよぎったが、
食べるほどにもっと欲する状態になり、ザンギはあっさり完食。
むしろ、あと3つくらい食べたい感じだった。
これを求めて遠くから足を運ぶ価値のある美味しさだった。

ライスはボリュームの多さとともに、
電子ジャー保温風味が強く、くっつき気味のタイプだったことで、
ちょっと完食に苦労した。
ふりかけが欲しくなった。

他のお客さんが頼んだメニューもチラ見したが、
ラーメンは、どんぶりが大きく、中身も結構な量だった。
定食は、どれもライスの量が多いものの、
おかずはザンギ定食のボリュームが傑出しているように思えた。

それと、こういう状況における私の典型的パターンなのだが、
カツカレーを食べてみたくなった。
20150802広尾10
カレーメニューも充実しており、どんな味かと興味をそそられたし、
他のお客さんのカツカレーをチラ見したら、かなりのボリュームだった。
ぜひ再訪し、次回はカツカレーに挑みたい。

この日の広尾町は最高気温が22度。
広尾町では長袖で過ごした。
20150802広尾13
クロスバイクの遠出で残念なのは、
復路に要する時間と体力が気になって長居できないこと。
それと荷物になるため買い物ができないことである。
市街地をぐるっとぶらついた後、12時30分広尾町を出発。

当たり前のことだが、復路も往路同様、直線道路が多く、長い。
20150802広尾14

広尾から更別までは、緩いながらも登り坂が連続する。
ただ、帰りはずっと追い風になったことで、
かなり疲労が軽減され、往路よりもスピーディに進んだ。

復路は、更別村の入口から往路と別のルートを使った。
国道236号とほぼ平行に走る旧国道である。
こちらは、国道よりもさらに車が少なく、
また距離的にも、国道より短かった。

足腰が重たくなったり、痛くなってきたりしながらも順調に進み、
17時15分、JR帯広駅に無事到着。
20150802広尾15
広尾町往復を達成した。

1年以上前からのクロスバイク活動の最大目標だったので、
結構な感動があるかと思いきや、
パンクしなくて良かった、強い向かい風にあたらなくて良かったなど、
安堵の気持ちばかりだった。

それと、到着までの最後の1時間は、
帰宅後の打ち上げのことで頭がいっぱいだった。
具体に言うと、サッポロ・クラシックのつまみを何にしようかと、
あれこれ考えながら走っていた。

ミックスナッツはすぐに決まった。
しょっちゅう食べると身体に良くないので、
週一程度、自分に許している大好物である。

それ以外は、甘めのお菓子がいい。
到着までに出した結論は、芋けんぴと日清のココナッツサブレ。
それと、柔らかいウエハースでゼリーをはさんだお菓子だ。
年寄り臭いお菓子が好きなのは10代の頃からだ。

帰宅後のシャワーの気持ち良さ。
サッポロ・クラシックの美味しさ。
お菓子類をだらだらと食べる幸福感。
最高だ。
達成感だとか、挑戦だとかよりも、
ガッツリと強気にいく昼食と、ビールとお菓子の夕食が楽しみで
クロスバイクの遠出をしたくなるのかもれしない。

ただ、最大目標の広尾往復を達成したことで、ネクストが思いつかない。
しかし、そのうちまたどこかへ向かってライドするだろう。

何かを求めてライドするのか、
何かを振り切るためにライドするのか。
どっちでもいい。
お菓子を美味しく食べられる体調と環境はキープしたい。
それが意外と健康に対するモチベーションになっているような気がする。

スポンサーサイト



















管理者にだけ表示を許可する



| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 トゥナイト今夜もRock Me Baby, All rights reserved.