ADMIN TITLE LIST
帯広市を中心に十勝管内でスーパー事業を
展開している「いちまる」が、
今年10月、マックスバリュ北海道に事業譲渡される
ことになった。

そのニュースが届いたのは5月下旬。
それ以来、私の中で何かがくすぶり始めた。
設立から60年。
帯広を代表するスーパーであり、企業である。
このまま漫然と、「サラバいちまる」でいいのか。

そこで思いついたのが、いちまる全店に行くこと。
行くだけではない。必ず買い物もする。
車で行くのは味気ない。
クロスバイクでも味わい不足だ。
ならばどうする。
歩くことだ。

折しも私は、「大人の遠足」なる、
適当に理由をつけて長距離を歩くという、

わけのわからない取組を始めたところだった。
渡りに船というべきか、好都合というべきか、
「大人の遠足」と「サラバいちまる」をコラボレートする
ベストな機会がやってきたのだった。

いちまるは全部で14店舗。
帯広市内に10店舗、音更、池田、清水、中札内に
それぞれ1店舗ある。
6月下旬に中札内店(パルティいちまる)まで歩いた。
そして今回、帯広市内に10店舗と音更店の計11店舗を訪問した。

「大人の遠足」における「サラバいちまる」のルールは、
①帯広市内の店舗及び音更店には歩いて行き、歩いて帰る。
  音更店を除く帯広市以外の店舗は、最低限往路は歩く。
②訪問した店舗で必ず何かを買う、あるいは食べる。
この二つだ。

帯広市内の店舗及び音更店に、
事前にクロスバイクで二度まわってみた。

どの順序で行くと効率的か、どの道を使うと最短距離かを
確認する
ためだった。
闇雲に、行けるところから行っては大味になるし、なんとなく品がない。
適度な引き締め感があった方が、緊張感も達成感も高まる。

クロスバイクで試走をしてみて良かった。
一回目は36kmもの距離があった。
地図を見返し、回る順序とルートを変えて、二回目に挑む。
34kmに短縮できた。
短縮できたが、それでも34kmある。
しかし、2kmの違いは大きい。
いずれにしても丸一日をかけての遠足になることがわかった。

実行に移したのは7月19日日曜日。
8時27分、JR帯広駅。
20150719いちまる1
天気は小雨。
午前中のうちに晴れるという天気予報を信じつつ、
折りたたみ傘を持参して出発。

まずは音更にある「ルーキーいちまる」へ。
国道236号線を北に向かう。
20150719いちまる3
JR帯広駅から4.3km。
9時15分に到着。
20150719いちまる2
全店舗で何か買うわけだが、重たいものを買っては荷物が増えるだけ。
その場で消費できるものか、軽く小さいものにするのが望ましい。
そこでガムを買う。

国道236号線を南へ。
歩いてきた道をそのまま戻る。
そして10時05分、「いちまるフードプライス」(東5南3)到着。
20150719いちまる4
缶コーヒーを買って飲み、タバコを吸い、しばし休憩。
20150719いちまる5
そして南へと進む。

続いては、「イーストモールいちまる」(東4南16)
10時50分到着。
20150719いちまる6
ここでは、昼食用に、イーストモール内にあるパン屋
「フランスベーカリー」にて、
あんパンとクリームドーナツを購入。
クリームドーナツがあまりに美味しそうで、その場でイートしてしまう。
20150719いちまる7

さらに南に進む。
クリームドーナツでエナジーが注入されたおかげか、
歩くのが気持ち良くなった。
「プラザいちまる」(西5南35)に11時35分到着。
20150719いちまる9
ここでも、昼食用に「フランスベーカリー」にて菓子パンを購入。
金時パンと塩パンをチョイス。
20150719いちまる8


ここからは西方面に向かう。
「パークいちまる」(西10南27)に11時35分到着。
20150719いちまる11

昼食時の飲み物用に炭酸水を購入。

パークいちまるは、緑ヶ丘公園近くの住宅街の中にある。
20150719いちまる10
わかりにくい仲通りに道を構え、閑静で車通りも少ない。
なのに夜12時まで営業。
夜遅い時間帯の需要があるということだ。
気になる。

この後、緑ヶ丘公園を横断して、次のいちまるへと向かうのだが、
公園内で昼食。
20150719いちまる12
あんパン、金時パン、塩パンと炭酸水。
ここまで17kmくらい歩いたこともあるが、パンがとにかく美味しい。
炭酸水も菓子パンに合う。

菓子パンが凄いのは、私だけかもしれないが、
すぐに身体を動かせるエネルギーに変わるところだ。
即効力があるのだ。
その反面、腹持ちが悪く、空腹が押し寄せるまでの時間が短い。

緑ヶ丘公演を横断し、「わかば・いちまる」(西16南6)
13時10分到着。
20150719いちまる14
森永のキャラメル「ハイソフト」を購入。

帯広市は、西16条から西側は、南の丁目のエリアが突然広くなる。
「わかば・いちまる」は西16南6にあるが、
その前に行った「パークいちまる」(西10南27)と南の位置は
同じくらいである。
20150719いちまる13
また、西16条から西側は、一条あたりの距離が5倍くらいになる。
一条あたり800mくらいあるのではないか。

続いて、春駒通沿いにある「リバティいちまる」(西19南4)
13時45分到着。
20150719いちまる15
この店舗の近くに、お菓子の人気店「あさひや」があるのだが、
その隣りの「しげジェラート」なる店。
今回、東西南北35kmの道中、最も行列ができていたのがこの店だった。
前からあっただろうか。新しい店なのか。
にもかかわらず凄い行列。改めて行ってみたい。

で、「リバティいちまる」。
こちらでは、ヴェルターズオリジナル・キャンディを購入。
20150719いちまる16
いちまるは、店舗名を安易に地域名にしていないのがいい。
なかでも、「リバティ」(和訳:自由)はお気に入りだ。
音更の「ルーキー」とともに、
この名称にした理由が全く思いつかないところがいい。

続いては、「いちまる西帯店」(西24南2)
ダイレクトに地域名を冠した店名だ。
20150719いちまる17
リバティから西帯まで、この区間が最も距離がある。
4.5kmである。
JR帯広駅から音更の「ルーキーいちまる」よりも長い。
20150719いちまる18
14時40分に到着。累計距離は25kmに。
本日二度目の炭酸水を購入し、その場で飲み干す。

ここからは東へと戻るルートに。
柏林台通から白樺通に出て、「アイモールいちまる」(西18南3)
15時40分到着。
20150719いちまる19
ゴールも近くなってきたこともあり、買うものも強気に。
すぐに飲食できるもの、軽いもの、小さなものからの縛りをとき、
あまりに安かったので豆腐を購入。
20150719いちまる20
今回、いちまる11店舗に行ったが、
特に野菜は店舗によって価格が異なることがわかった。

16時、「セイリョーいちまる」(西18南2)に到着。
20150719いちまる21
ここは、「アイモールいちまる」(西18南3)と近い。
住所にすると一丁しか違わない。
ただし、距離にすると900mある。
まさに帯広的住所設定の象徴的なところだ。
人参を購入。
普通にスーパーで買い物をしている状態になった。

20150719いちまる22

最後の訪問地が、「キャロット」(西12南14)
16時35分に到着。
20150719いちまる23
新緑通という比較的地味な通りにある小規模店舗。
周囲は一軒家ばかりの完全な住宅地。
にもかかわらず、こちらも夜12時まで営業。
夜遅くの需要があるのが不思議な地域だ。
20150719いちまる24
店前に本人登場。
最終訪問地ということで、サッポロクラシックを購入。

店の前にて二口で飲み干す。
歩いているときは、集中しているのか、
完歩しなければという潜在的なプレッシャーからか、
あまり水分を欲しなかった。

ところが、最終訪問地で、いざビールを口にしたら、
あっという間に一缶がなくなった。
そしてもっと欲しくなった。
ここからはあと1.4km、JR帯広駅まで歩くだけ。
もう身体的なコントロール調整は緩めていい。
そういうわけで、もう一缶購入。

今度は二口で、ということはなかったが、
何かつまみが欲しくなり、でん六の豆のつまみを購入。
いやあ、美味しいビールだった。
つまみも最高だった。

こうなると、あと少しの距離なのに、歩くのが億劫になる。
思いの外、休憩に時間を割いてしまい、
「キャロット」に16時35分に到着の後、1.4kmを歩いて
JR帯広駅に到着したのは17時23分。
20150719いちまる25
結局、9時間を要した。

最後の最後に、安心したか、気が抜けたのか、

フライングで打ち上げをしてしまったが、
フライングの方が、美味しく感じるのは間違いない。

楽しい遠足だった。
目的地が11カ所もあると、目標が近いので、
一気に20km、30kmを歩くより、なんとなく楽である。
身体的にも大したダメージはなくゴール。
食べるもの、飲むもの全てが美味しくなるのも嬉しい。


遠足翌日も、身体が軽くなった感じがして快適だった。
ところが、翌々日になって、一気に身体に疲れがやってきた。
だるさと重さで、なんだか身体に力が入らない。
夜になって胃腸も若干崩れた。
完全に二日後にダメージがくる年齢になったということだ。

帰宅し、訪問したいちまる11店舗分のレシートを見る。
20150719いちまる26
いい絵柄だ。
どのレシートにも店名がきっちり印刷されているのが嬉しい。
フランスベーカリーも店名を入れてほしかったが。

今回の遠足は、このレシートが揃ったことに最大の価値がある。
最大の価値、つまり「マックスバリュ」だ。
なんだか切ない締めとなってしまった。



スポンサーサイト




リバティは、自由が丘が近いから、セイリョーもおそらく、西陵地区に由来してるんだと思います。
が、ルーキーはなんでだろう…。
あとキャロットとかアイモールとか…。
いちまる、ネーミングが不思議ですよね(^ ^)
マックスバリューになるの、やっぱりちょっとさみしいです。
そんなにいちまるでしょっちゅう買い物するわけじゃないけれど。
市内と音更制覇、お疲れ様でした!
【2015/07/22 11:11】 URL | mitsumi #-[ 編集]

mitsumi さん、コメントありがとうございます。
私も通勤ルートや余暇ルートにいちまるがないため、
普段ほとんど行けてないのです。
自宅から最も近所にあるのはキャロットなのに、
今回初めて行きました。

ちなみに、最も訪問しているのはプラザです。
隣にイトーさんがあるのにプラザに入ってしまいます。
といっても4、5回しか行けてませんが。

残りは、池田店と清水店となりました。
次は池田店を訪問し、ジャングルのカレーを食べます。
お盆前に行きたいと思っています。
池田町には、飲みにも行きたいんですけどね。

しばらくmitsumi さんとステージをともにしていない気がします。
大人の遠足は楽しいですが、やはりライブが一番です。
またよろしくお願いします。
【2015/07/22 23:30】 URL | 本人 #-[ 編集]

パークいちまるは我が家の縄張りなんですが12時までやってると子供がいると結構重宝するんです。急に熱出した時とか、後子供寝かしつけてから買い物にいけるし。
【2015/07/29 09:58】 URL | イケダ #-[ 編集]

イケダさん、コメントありがとうございます。
パークいちまるの位置的なマイナー感は、妙な魅力がありますね。
周囲も写真館など1970年代的モダンな建物があり、
ちょっとしたタイムスリップ風情が漂います。

イケダさんも利用者の一人だったんですね。
知る人ぞ知るエリアにある店舗ながら、
夜遅くの利用者もそれなりにいる。
興味深い店舗です。
【2015/07/29 22:24】 URL | 本人 #-[ 編集]















管理者にだけ表示を許可する



| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 トゥナイト今夜もRock Me Baby, All rights reserved.