ADMIN TITLE LIST

まずは、私のアコースティック活動、「激しい雨」のライブのお知らせを。

日時 2015年2月1日(日)17時スタート
場所 スタジオレスト(帯広市西1南8)
料金 前1,000円、当1,500円
出演(敬称略)
        ソーメンズ/びんた/SantamoniC’a/吉原利之/
        land scape/池田正樹/オオムラタカユキ/地獄坂電柱/
        ながいみゆる/紺野バラード/
激しい雨

20150201ライブチラシ
今回は5曲を演奏予定。
そのうち、「激しい雨」では初披露となるのが4曲。
ライブのたびにメニューを大幅に変えるのが常になっており、
それはそれで大変なのだが、でなければ練習を怠けそうでもあり、
ある意味、モチベーションをキープするのに役立っている。

来られそうな方は是非ご連絡を。
入場について優遇いたします。
よろしくお願いいたします。

それにしても出演者が11組。
終了時刻は日付をまたいでいることだろう。
色々と話を聞くと、帯広ではライブの後に打ち上げはほとんどしないとか。
かつ、曜日に縛られない。
ならばこのスケジュールもありなのだろう。
「激しい雨」は、日付をまたいでから、
たとえ1時間以下であっても打ち上げをするだろう。

                      ◆

さて、今回は私が選ぶ「2014アルバム・オブ・ザ・イヤー」。
毎年1月の恒例記事である。

「2014アルバム・オブ・ザ・イヤー」などと言いながら、
年々新譜を聴かなくなっている。
2014年にリリースされたアルバムで購入したのは、
コールドプレイとU2の新譜2枚だけだ。

私のリスナー活動は、基本的にバック・トゥ・ザ・ルーツの方向にある。
しかしそれが、私にとってのゴーイング・トゥ・ザ・フューチャーである。
温故知新とも違う。
故きを温ねて未来を探っているのだ。

2014年4月に帯広に転勤し、音楽を聴く時間が増えた。
私は運転中、基本的にはラジオを聴く。
ラジオの受信状態が悪い箇所や、
魅力的なラジオ番組がない時に音楽を聴く。

バンドの練習などで札幌に行く機会が月に1、2回ある。
道中は長い。ラジオ派の私でも必然的に音楽を聴く時間が増えた。
それと自宅にて夜11時台以降は音楽を流すのがスタンダードになった。
こうしてリスン・トゥ・ザ・ミュージックの時間が増えたのだ。

アーチスト別で最も聴いたのは、ザ・ローリング・ストーンズだろう。
とりわけヘビーに聴いたアルバムはないのだが、
SOME GIRLS」(1978年)はいいアルバムだなぁと改めて思った。
The Rolling Stones/some girls 
1曲目「ミス・ユー」から最後の「シャッタード」まで、
途中でだれることなく、心地よいまま一気に聴かせる。
ふと気づいたら、「シャッタード」が流れていて、
「もう最後の曲なのか」と感じるのだ。

胸躍るエキサイティングなアルバムというよりは、
長湯したくなるような、いい温度感のロックンロールアルバムである。
また、数あるストーンズのアルバムの中で、
最も飲食の際のBGMに適しているかもしれない。

                      ◆

札幌へ行く際は、金銭的な事情から、
高速道路は清水IC-夕張IC間しか利用しないのだが、
高速道路を走行中に聴くと特にフィットする音楽がある。
ダフトパンクの「Random Access Memories」(2013年)
まさにそれだ。
ダフトパンク/ランダム 
このアルバムは2014年に入ってすぐに購入し、
1月から2月にかけてヘビーに聴いたのだが、
帯広に住んで高速道路を利用するようになって、また聴く回数が増えた。
アルバム単位で2014年に最も聴いたのはこれだろう。
今聴いても、全く飽きがない。

馴染みやすい古さのあるソウルミュージックやデッスコミュージックを
エレクトリックに料理し、見事な味を出している。
エレクトリックでありながら、ギターとベースの使い方が素晴らしい。
料理で言えば、「みりん」だとか「しょうが」が効いている感じだ。

                      ◆

なんとなくジャズを聴くことも年々増えている。
ジャズを流しながら、酒とタバコとともに過ぎゆく静かな夜更けは、
なかなかの至福のひとときである。
それを想像し、それをモチベーションにして仕事をする日もある。
ソニークラーク 
ソニー・クラークの「クール・ストラッティン」(1958年)。超名作だ。
4曲しか収録されていない38分のアルバム。
様々な要素が盛り込まれているのに雑味がない。
ほぐれるというか、和らぐというか、
心地よくさせる計算されたバランスと展開力。

と同時に、サウンドが空気に馴染み、
曲を流していることを忘れてしまう感覚になる。
雑念が取り除かれていく。
まさにストレス解消ミュージックだ。

                      ◆

邦楽で最も聴いたのは、2013年に引き続きFISHMANSだろう。
ただ、2013年は、「空中」というタイトルのベスト盤だったが、
2014年は「宇宙」(2005年)というタイトルのベスト盤の方を
よく聴いた。
フィッシュマンズ/宇宙
20代の頃に感じた「ほろ苦いふわふわ感」や「夜の魔法」や
「晩秋の青空の切なさ」みたいなものを思い出せる、
何とも不思議な魅力がある。

ポップ・ファンクでありながら、手作り感がたまらない。
程よくくたびれた綿のシャツのような肌触りである。
特に「あの娘が眠ってる」は素晴らしい。
こんなに凄いバンドが日本にあったのだ。
そのことが僅かなロック・リスナーにしか知られていないことが
嬉しいような残念なような。

                      ◆

最後にもう一枚。
私にとっての瞑想ミュージックとでも言おうか、無になれるサウンド。
シガーロスの「Takk…」(2005年)である。
シガーロス/Takk
何年も前にこのアルバムを入手したが、
いまひとつピンとこなくて、ほとんど聴かずにいた。
それが2014年になって聴き始めたのは、
コールドプレイの新譜の影響である。

コールドプレイの新譜を聴いていて、そのスピリチュアルな部分が
シガーロスの「Takk…」に近いような気がして、改めて聴いてみたら、
ついついはまってしまったのだ。
この透明感と壮大さは、高速道路を走行中に聴いてもフィットするし、
この内省感と深層感は、夜更けの部屋で密やかに流れているのもいい。

                      ◆

こうして並べてみると、
安らぎや平穏を求めて音楽を聴いているのかと思う。
もちろん刺激や興奮を求めることはあるのだが、
何度も聞くのは前者の方である。

今回5枚選ばせていただいが、自分の音楽活動に反映されているのは、
ザ・ローリング・ストーンズのみだ。
音楽への接し方、音楽への触れ方は様々だ。
それは尽きることがないような気がする。
ということは音楽の旅はまだまだ続くということであり、
音楽への希望があるということだ。
悪くない人生だ。

スポンサーサイト



















管理者にだけ表示を許可する



| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 トゥナイト今夜もRock Me Baby, All rights reserved.