ADMIN TITLE LIST
2014年10月25日土曜日、
ザ・ハート・オブ・ストーンにとって初めての帯広ライブを終えた。

2014102501
セットリストは次のとおり。
1 夏は終わった
2 チャンス
3 蛇行する川
4 世界は発見にあふれてる
5 無人駅のブルーズ
6 三日月の舟

現在のザ・ハート・オブ・ストーンの最もスタンダードな曲で臨んだ。
音の締まり具合も抜け具合も良く、
音響的には非常にやりやすいライブハウスだった。

また、ライブを迎えるにあたり体調も良かった。
これまでで最も良い状態で臨めたといってもいい。
やはり住んでいる土地でのライブは調整しやすい。

ロック系ライブハウスにおける帯広的なノリも経験できた。
我々の出番のときは、帯広的なノリから除外された、
というか、該当しない扱いとなったようで、
無事最後まで、落ち着きつつも熱い気持ちで楽しくライブができた。

ザ・ハート・オブ・ストーンというバンドが帯広で、
ちょっと古くさいスタンダードなロックをやったことを記憶した人は
おそらく数人だろうが、ゼロではないことを実感した。
やっと始められた。
帯広のロック界といい付き合いをしていきたい。

                ◆

この日は、日高管内の様似町から来てくださった方もいた。
2年ほど前、様似町の駅前民宿の女将さんのブログに
いたく感動したという内容の記事を書いた。
その女将さんがわざわざ会いに来てくれたのだ。

ライブハウスという特殊な場にもかかわらず、
よく来てくださったと思う。
感謝とともに、足を運んだ勇気に感動した。
こうした行動力や気持ちの強さが、
様似町への愛情にあふれた充実した内容の記事を
高い頻度で更新できるのだと思った。
ほんとうにありがとうございました。

2014102502
ベースのミチ氏、ドラムのダーオ氏も、よく帯広まで来てくれた。
長い移動時間があったにもかかわらず、
力みのない良いパフォーマンスをした。

ギターのタナカ氏は現在帯広に住んでいるので、
居住地でのライブとなったのだが、
頻繁に転勤している彼にとっては、
十数年ぶりの居住地でのライブだったわけで、
そのことをとても喜んでいた。
これまで何度も何度も数時間かけてライブ会場に行っていたのだ。
そうした負担と努力と熱意を思うと、私も嬉しい気持ちになった。

ライブ会場を後にしたのが23時30分。
帯広でのライブは終了時刻がどこも遅い。
その後に打ち上げをするという流れが基本的にないようだ。
それでもメンバーで打ち上げをして、さらにタナカ氏ともう一件行き、
帰宅したのは午前3時だった。
楽しい一日だった。
繰り返される地味な日常があってこそ得た楽しさだ。

スポンサーサイト



















管理者にだけ表示を許可する



| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 トゥナイト今夜もRock Me Baby, All rights reserved.