ADMIN TITLE LIST
帯広に住み始めてから初のライブが明日となった。
今日の夜になって出演時刻等の連絡があった。
さっきまで、「ほんとに明日、ギターを持ってライブハウスに
行ってもいいのか」と不安だったが、そのようにしていいようだ。

■日時 2014年8月8日(金)
場所 Live&Pub「チャボ」
    (帯広市西2条南10丁目 都通り地下1F)

■出演 土井隼人/ぢんぢく/かるあみるく/mitsumi/激しい雨(私)
■料金 1,500円(ワンドリンク付き)

私、「激しい雨」の出演時刻は20時40分から30分間。
帯広市在住者で、ライブに来てくれそうなのは、盟友タナカ氏のみだろう。
というか、帯広市在住者でこのブログを見たことがあるのも
タナカ氏オンリーではないか。
それで十分だ。ありがたい。
私の帯広におけるミュージックライフは今が始まりだ。

ライブのために、この2週間、数回にわたりカラオケボックスに
ギターを持ち込んで練習した。
同じカラオケボックスばかり行くと、
「またギター持って中年が一人で来てるよ」と思われそうなので、
3店も利用してしまった。

カラオケボックスにいると、他の部屋の歌が聞こえてくる。
アナと雪の女王の曲を歌う人が多い。
それはそれで結構なことだが、ひとつだけ気になる。
サビの「ありのままの姿見せるのよ」の次だ。
「ありのままの自分になるの」のうち、
「ありのまま」の後の「の」部分。
必要以上に音程を上下させる、そんな人ばっか。
少し気になった。

                  ◆

この一週間、帯広のまちなかは、
駅前のメインストリートにビアガーテンがオープンしたり、
「広小路(ひろこうじ)まつり」なるものをやっていたりで、
地元の中高生から地元の大人、観光客などで連日賑わっていた。
広小路まつり
そんな華やいだ人達を横目に、
ギターを抱え、一人カラオケボックスに入る中年。
全然気にならないぜ。
こっちの方が楽しいから。

ところで、帯広やその近郊に長く住んでいる人に話を聞くと、
この辺りでは神社の祭りは露店も僅かで大して盛り上がらず、
祭りといえば、「広小路まつり」や「平原まつり」など、
産業系、観光系の祭りがメインらしい。

岩宇(がんう)や倶知安、留萌で生活してきた私にとっては、
祭りといえば、神社の祭りであり、
普段、車が走っている道路にたくさんの露店が軒を連ねるイメージだ。
神輿をかつぐ人は、ニシン漁の網あげの掛け声を繰り返し、
神輿はなかなか神社に入らず、見ている方は飽きてくる。
そういうのが染みついている私には、
帯広の祭り事情は、「ふう~ん、そうなんだ」という感じだ。

広小路まつりでは露店が歩道に並ぶのにも驚いた。
しかも、飲み屋街のすぐ近くである。
広小路まつり・露店1
車道の両サイドに露店が並ぶのではなく、
両側の歩道に、露店同士が背を向ける形で並ぶ。
広小路まつり・露店2
露店の数は50から60くらいで、それほどでもない。
もちろんオートバイサーカスもお化け屋敷もない。
祭りの有り様も地域によって様々だ。

さて、帯広に住み始めてから初のライブはどうなるか。
どんな雰囲気で、どういう客層なのか、よくわからないが、
知らない人達に、自分の曲を数曲聴いてもらえるのは、
とても幸せなことだ。
スポンサーサイト





7月に見かけてくださったのですね。
大変恐縮です。
クグエさんというのが、そうだったんですね!
こんなですが、本日はどうぞよろしくお願いします♪
【2014/08/08 11:28】 URL | mitsumi #-[ 編集]















管理者にだけ表示を許可する



| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 トゥナイト今夜もRock Me Baby, All rights reserved.