ADMIN TITLE LIST
4月に帯広に住み始めてから、
十勝管内で幾つかの音楽イベントに足を運んだ。
ステージを見るごとに強く感じるようになったのは、
もうそろそろ本気でステージの側から参加することを考えねば、
ということだった。

で、熱い気持ちで踏み出せば、
手をさしのべてくれる方がいるもので実に有り難い。
そういうわけで、いきなりだが、ライブの機会をいただいた。

■日時 2014年8月8日(金)18時~21時
場所 Live&Pub「チャボ」
      (帯広市西2条南10丁目 都通り地下1F)

■出演 土井隼人/mitsumi/やまなかまさひろ/激しい雨 他
■料金 1,500円(ワンドリンク付き)

ライブのタイトルは「アコースティック・サマーデー」。
私は、「激しい雨」として一人で出演する。

こちらのお店からは、私の音楽活動歴や、どんなタイプの曲を
やっているのかなど、一切聞かれていない。
年齢も職業も出身地も聞かれていない。
「ラフに、みんなでワイワイやる感じなので。気楽に参加してください」と
いうようなことを言われ、
ほんとにいいのか?大丈夫なのか?と思いつつも、
とにかく帯広の音楽シーンに足を踏み込みたい気持ちから、
参加させていただくことにした。

なお、出演時刻は未定。
19時30分より後になる見通しである。
決まり次第お知らせします。
しかし、その場の雰囲気で決めるような予感も。
ちなみに、一人当たりの演奏時間もまだ未定とのこと。
何曲用意していけばいいのか。
とりあえず、1曲目と最後の曲だけ決めてライブに臨もうと思う。

いずれにしても、私のロックを帯広でアウトできることになった。
やっとスタートできる。
私のロックは、果たしてオビヒロックになり得るのか。
楽しみだ。

                      ◆

さて、帯広に住み始めて4か月。
街を歩いたり、走ったりしていて、
幾つかオビヒロックな景色に出会った。

まずはこれだ。
01_ファイ
JR帯広駅から北に5分くらい歩いたところにある。
どこが、オビヒロックなのかと思うことだろう。
注目すべきは右上の看板だ。
近づいてみよう。
02_ファイ
」で「ファイ」。
きてる。
ザ・ルースターズの6枚のアルバムのタイトルじゃないか。
なんてマニアックなんだ。
そこまでザ・ルースターズを敬愛しているのか。
星は空に満ち足りて、瞳の中に降り注ぐような感動だ。

だが待て。
ザ・ルースターズに全く関係がない可能性がある。
ザ・ルースターズが大好きだとしても、
「ファイ」を店名にするだろうか。
真実を知りたい。
しかし確かめられなかった。
なぜなら既に営業していなかったからだ。
店なのか、会社なのかもわからない。
ただ、真実はどうあれ、私のハートを熱くしたことは事実だ。

                      ◆

次はどこから見ても本物だ。
JR帯広駅から北方向に30分くらい歩いたところにある住宅街。
十勝川に架かる「すずらん大橋」の近く。
03_ジミヘンの家 
左側の住宅の壁。
これはすごい。
頭の中にパープルヘイズのリフが流れる。
わかるだろうか。
近づいてみよう。
04_ジミヘンの家 
ジミヘンドリックスだ。
しかも、タイルを並べてジミヘンのフェイスを、
いわば、パープルフェイスを作り上げたのだ。
単にジミヘンを好きなのではない。
ジミヘンが好きだということを世に知らしめたいのだ。

この壁に初めて出会ったとき、興奮して立ちすくみ、
しばらく動けなかった。
こちらのお宅の飼い犬に吠えられながらも、
住宅の外観をあらゆる方向から見学させていただいた。
別の壁には、ジョンレノンやKISSなどもいた。

完全にオビヒロックだ。
札幌で、YAZAWAしている家や、
ブラックキャッツな家は見たことがあるが、
ジミヘンはちょっとない。
しかも、ジョンレノンとKISSという組み合わせだ。
ロック名所になり得るすごい一般住宅だ。

                      ◆

もう一件、オビヒロックな景色を。
JR帯広駅から北方向に15分くらい歩いたところにあるストリート。
なにやら、ミックかつジャガーなロゴが見える。
05_ストーンズ牛舌 

近づいてみよう。
06_ストーンズ牛舌
これは深い。
居酒屋の看板に、ローリングストーンズのロゴだ。
しかも、店名は「おかえり」。
どうしたらいいのだろう。

さらに衝撃的だったのが、ロゴの下。
「牛舌塩焼」と書かれている。
倒れそうになった。
「牛舌」だから、このロゴを使ったのか?
それとも、このロゴを使いたくて、牛タンをウリにしたのか。
そして店名は「おかえり」。

ローリングストーンズ、牛タン、おかえり。
再度言わせていただくが、どうしたらいいのだろう。

真意を知りたい。
しかし確かめられなかった。
なぜなら店をたたんでいたからだ。

事情はどうあれ、オビヒロックな景色は心を弾ませてくれる。
ちょっと嫌なことも忘れさせてくれる。
私もオビヒロックな景色の一部になれるよう活動していきたい。
スポンサーサイト





初めまして、突然失礼致します。
8月8日にChaboに参加している予定の、mitsumiと申します。
私も昨年6月に、とかち民となりました。
(ですが、出身もとかちなので、地元へ出戻りでございます。)

ひとまず、お逢いする前にコメントを残させて頂きました。
そして8月8日、お逢いできますことを楽しみにしております。
どうぞ、よろしくお願い致します!!
【2014/08/04 16:18】 URL | mitsumi #-[ 編集]

mitsumi、はじめまして。
コメントありがとうございます。
7月にmitsumiさんのステージを拝見しました。
音楽と深く付き合ってきたのだということが
よくわかるパフォーマンスでした。
8月8日、よろしくお願いします。
【2014/08/05 06:40】 URL | 本人 #-[ 編集]















管理者にだけ表示を許可する



| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 トゥナイト今夜もRock Me Baby, All rights reserved.