ADMIN TITLE LIST

都議会でも国会でも、
女性議員に対する結婚や出産に関する野次が問題なっている。
やっと問題になってくれた、と思っている。
この内容ではなくても、議会(委員会)という場での野次は不愉快だ。
なぜ野次に寛容なのか、議会(委員会)運営にずっと疑問を持っていた。

私は、以前から女性に結婚や出産をすすめるような発言を全くしない。
結婚祝賀会における、「少子化なので子供をたくさん産んで」などという
お祝いの言葉も、愉快な気持ちにはならない。
新郎新婦も素直に、「そうですね」という気持ちになるだろうか。
人には人の乳酸菌があるように、人には人の結婚生活があるのだ。

結婚に関する半ばパワハラ的な発言は、
女性だけではなく、男性も嫌だろう。
大勢の飲み会の場で、それを話題に出す人は少なくない。
「その人=独身」としか捉えられない想像力の欠落ぶり。
また、結婚していることの優越感を見せつけているような気さえする。
大勢の前での、結婚・出産について指摘するのは、
体型、毛髪、口臭、体臭、過去のミスなどを指摘するのと
質的には変わらないのではないか。

今回の問題を契機に、もう少しそれぞれの生き方が尊重される社会に
なってほしい。
教育、勤労、納税は義務とされながらも、
教育、勤労、納税をする、しないにかかわらず、
基本的人権は尊重されているのだから。

                 ◆

さて、ライブまであと一週間となった。
出演順についても連絡がきたので改めてお知らせを。

日時 2014年7月12日(土)18時10分スタート
場所 クラップスホール
   (札幌市中央区南4西6 タイムズステーション1階)
■料金 1,500円+ドリンク代500円
出演 Cats of fourty eightFlip Flop & Fly/辻亮次/
      THE HEART OF STONE7 color sauce (出演順)

我々、THE HEART OF STONEの出演時刻は20時25分です。
今回の演奏時間は35分。
いつもより曲数を多くやります。
よろしくお願いします。

今回のライブでは、新曲を2曲用意している。
ひとつは、以前に紹介した新曲、「世界は発見にあふれてる」。
もうひとつがこれだ。

つれていっておくれ

まるで必要ない そういうわけじゃないが
そこまでお付き合いするほどの義理はない
早くに家に帰って 古いロックに埋もれたい

ニール・ヤング つれていっておくれ
しみ入るあのメロディ ほどけてゆく 和らいでゆく

まるで関係ない そういうわけじゃないが
なすりつけるのなら それはちょっと筋が違う
車を走らせて 追憶のハイウェイへと

ボブ・ディラン つれていっておくれ
ダミ声響かせて 開いてゆく 広がってゆく

通りすがりの店 キヨシローが聴こえてくる
sweet soul music
くちびるにくっついた
sweet soul music
つれていっておくれ
色あせないメッセージ 刻まれてく つながってゆく

                 ◆

ゆううつな気持ちで、心が重たい日々。
そういう日々の中で、ふと流れてくるミュージックが、
気持ちをほぐし、心のドアを優しく開いてくれる時がある。
そうした音楽に対する感謝や有り難さを、
リスペクトするミュージャンの具体名まで持ち出して表した曲である。

ちなみに「つれていっておくれ」というタイトルは、
海外の古いブルースやフォークの日本版タイトルにありそうだという
イメージでつけた。


2013年の時点でメロディはできあがっていたので、
年明けから何度か、バンドで音を出してみたが、
ノリが出ず、こうしたら良いものになるというイメージが沸かず、
放っておいた。というか、寝かせておいた。
しばらく寝かせた後に再度やってみると上手くいくこともある。

最初は、中途半端に重たくて閉塞感があるようなサウンドだったのが、
どういうわけか歌詞が固まってくると、
アレンジのアイデアが浮かび、演奏のノリもでてくる。
不思議なものだ。
久しぶりにハーモニカ・ソロもある。

歌詞もできあがってみれば、
反復のフレーズが多く、シンプルなつくりになっているが、
真剣に作り出してから1か月半くらいを要した。
これだけの歌詞のために、ノートには数ページにわたって文字がある。
寝そべってノートに向かい、
そのまま眠ったことも5、6回はあっただろう。

ここまでして新曲を急ぐこともないし、
歌詞づくりでストレスを感じる日もあるのだが、
結局は曲が出来上がっていくのが楽しく、嬉しい。
バンドに刺激を与え、幅を広げることにもなる。
漫然と同じ曲を繰り返し、転がらない活動をしていては、
それぞれ遠隔地から札幌に集合するメンバーのモチベーションにも
影響が出る。

しかし、無理はしない。
無理をしていると幸せにはなれない。
要は自由を楽しむことだ。
自由を楽しむためにはお金と時間と理解者が必要。
そのバランスで決まるのだ。
自由は不自由があってこそ成り立つ。

スポンサーサイト





このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2014/07/11 20:21】 | #[ 編集]















管理者にだけ表示を許可する



| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 トゥナイト今夜もRock Me Baby, All rights reserved.