ADMIN TITLE LIST
6月は忙しかった。
飲み会の多さと休日出勤によって、なかなか疲れがとれず、
フリーな時間は新曲づくりに苦悩し、
ブログを更新することがままならなかった。
そのうち7月になってしまった。

何もできないうちに時間だけが過ぎた、ということにならないよう、
フリーな時間を苦労して確保し、少しずつ積み重ねている。
なので、帯広転勤後、最初のライブではあるが、
体調が普通の状態ならば、確実に良いものをお見せできるだろう。

ライブの概要は次のとおり。

日時 2014年7月12日(土)18時スタート
場所 クラップスホール
        (札幌市中央区南4西6 タイムズステーション1階)
■料金 1,500円+ドリンク代500円
出演 7 color sauceFlip Flop & FlyCats of fourty eight
       THE HEART OF STONE ほか

新曲を2曲予定しており、一方10数年ぶりにやる曲もある。
全体として意外なセットリストになりそうだ。

なお、出演時刻はまだ連絡がありません。
近日中にお知らせできるようにします。
来られる方はぜひご連絡を。
優待します。
よろしくお願いします。

                     ◆

さて先日、帯広市の隣町、音更町で開催された「平原(へいげん)ジャム」
という音楽イベントに行ってきた。

音更町にある十勝川温泉地区にて、野外に6つのステージを設置し、
2日間にわたって約120組が出演するという音楽イベントである。
出演するのはほとんどがアマチュア。
ただし、6つのステージのうち1つは有料で、
そこにはロープーの方々も出演する。
今年で2回目だという。
2014平原ジャム1 

こういうイベントがあることを知ったのは帯広に住んでからである。
具体に言うと、ゴールデンウィークが明けてすぐの頃だった。
出演者を募集しているようなので調べたら、
締め切りは5月4日で、ちょっとの差で間に合わなかった。
それ以来ずっと悔しい気持ちが心の片隅にあった。

ならば、せめて観に行こうと思い、
土曜日は休日勤務が終わった後に、
日曜日はタナカ氏との二人スタジオが終わった後に会場へ向かった。

2014平原ジャム2
ステージは、まさしく十勝川温泉地区。
すぐ近くに温泉ホテルや旅館があり、
ステージとステージの間には民家もある。
よくこの環境で開催することが許されたものだと驚いた。

6つのステージがあるのだが、それぞれ距離が近いのが良かった。
一番離れているのでも500mくらいだろう。
なので、ステージ間の行き来が楽で、しかも、必ず椅子がある。
また、必ずいずれかのステージでは演奏しているような設定となっている。

2014平原ジャム3
写真だとあまりお客さんがいないように見えるが、
この写真に写っていない位置には意外と人がいて、
ほとんどのステージは常に30人くらいの人が見ていたと思う。

出演者は、爆音ハードロックやロカビリーから
ジャズやつかみどころのないポップスまで、まさにオールジャンル。
ニルヴァーナのコピーをやっていた高校生もいれば、
このような女性達もいた。
2014平原ジャム4 
どうやら帯広を中心に活動しているようで、
「●REC」というユニットらしく、検索してブログまで見てしまった。
私はいったい何をやっているのだろう。

2014平原ジャム5 
出店数も多い。全部で40店くらいあったのではないか。
お金さえあれば食事にもアルコールにも困らない。
音楽に飽きたら徒歩で温泉にも行ける。
コンビニも近くにある。
駐車場も近く、広い。
天気さえ良ければ、長い時間楽しめる。
実際、私がこれまでに経験したアマチュア野外音楽イベントの中で、
最も長居できるフォーマットだった。

40代、50代のお客さんが多く、
しかも一人で観に来ている人も少なくなかった。
「この人、昨日も観に来てた」という人を何人か目にした。
ステージ同士が近いことや、どのステージにも椅子があるという、
この年代には嬉しいフォーマットなのも大きな要因だろう。

出演者もかなり気持ち良かったと思う。
出演者も観ている方も、いい意味でフリーで開放的で、
そういう姿を見ていたら、来年はなんとしても出演したいと思った。
今から応募したいくらいだ。

それにしても、これだけのイベントをやるのは、
かなりの資金と多くのスタッフがいなければなし得ない。
まさに「音に更ける町」たる素晴らしいイベントだ。
ご苦労も多いと思うが、ぜひ来年も開催していただきたい。
そして、来年こそステージに立ちたい。
上の写真の女性3人ユニットの前座的ポジションで結構だ。
むしろそうありたい。

スポンサーサイト



















管理者にだけ表示を許可する



| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 トゥナイト今夜もRock Me Baby, All rights reserved.