FC2ブログ
ADMIN TITLE LIST
帯広に引っ越ししてから、
ザ・ハート・オブ・ストーンのメンバーの前で
レスポールを弾く機会は減った。
この2か月の間にフルメンバーで音を出したのは2回だけだ。

なかなか厳しい環境にはあるが、
ロックンロールがなければ、心はもっと渇いていく。
潤いがなければ良き人生にはならない。

気持ち良くなりたいのだ。
スカっとしたいのだ。
そのチャンスはまだいくらでもあるんだ。
そんな思いで書いた新曲がこれだ。


世界は発見にあふれてる

街へ出よう あるいは街を出よう
この世界は発見にあふれてる
ぴったりかみ合って突き抜ける瞬間を

その気なれば 何度だって出会える
この世界は発見にあふれてる
思いが現実に変わるその瞬間を

とらわれないでbaby 自由な心で
希望は君のこと待っている

ぴったりかみ合って突き抜ける瞬間を
追いかけ続けた夢がかなうその瞬間を

            ◆

「世界は発見にあふれてる」というタイトルを
ドラムのダーオ氏に公表したとき、
彼は「佐野元春みたいだ」と言った。
私も同じ思いで、このタイトルにした。
この感覚的な一致。
その時点で、この曲はほぼ完成したような気持ちになった。

メロディは3月中に作った。
いつものように、通勤中に頭の中で大体のメロディを作り、
家でギターを弾きながら細かい点を調整していく。
この調整作業は、帯広に引っ越しするための荷造り中に行った。
荷造りに飽きてギターを弾いているうちにできた。

最初は、ローリング・ストーンズの「ギミーシェルター」を
アップテンポにしたような曲だったが、
バンドで音を出したら、別のイメージが膨らみ、
なかなかグルーヴ感のあるロックに仕上がってきた。
次のライブでは披露できるだろう。

ところで次のライブだが、7月12日土曜日、
クラップスホールでのライブに出演
できることになった。
詳しくはおってお知らせします。

この歌詞を作りながら、どういうときにキモちEだろうかと
あれこれ想像した。
ボールをバットの芯でとらえたとき、
信号がいいタイミングで青に変わるのが続いたとき、
凡庸だった演奏が、なぜか突然素晴らしいノリに変わったとき、
やっとトイレを見つけたとき、など、あれこれ想像した。
結果、ちょっと抽象的な表現で歌詞に落とした。

想像していて気づいたのが、
「わぁ~」という興奮が最高潮に達するのは、
手に入れた時ではなく、手に入れるのが確実になった時ではないか、
ということ。
だから歌詞も、「突き抜けた」時ではなく「突き抜ける」瞬間であり、
夢が「かなった」時ではなく「かなう」瞬間、としている。

色々と考えている、特定少数の方しか触れることのない歌詞なのに。
しかし、少数か多数かの問題ではない。
そんなことに関係なく、新しい歌が誕生するのは実にキモちE。

スポンサーサイト






















管理者にだけ表示を許可する



| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2020 トゥナイト今夜もRock Me Baby, All rights reserved.