ADMIN TITLE LIST
もうすぐ帯広に引っ越しをする。

住み慣れたこの街も
14033001.jpg 

この部屋もさよならだ

14033002.jpg 

積み上げた段ボールはあの時より少し増えた

14033003.jpg 

7年間、同じところに住んだのだ。

通勤した道さえ愛おしくなる。
14033004.jpg 

これまで札幌から地方に引っ越したのは2回。

20代で倶知安へ、30代で留萌へ。
その時は、寂しさよりも、どうなるのかわからない未来の中に、
根拠のない希望みたいなものがあり、それが勝っていたように思う。

今回は、寂しさが勝っているのです。
おそらく、どうなるかわからない未来が怖いのです。
試練だな。
積み上げてきたものを守れるか、そして生かせるか。
なんとかなんてならない。
なんとかするしかないのだ。

何も全てを失うわけではない。
精神的にも物理的にも得たものはそのままだ。
ところが、引っ越しというのは、
住んでいた場所を物理的にゼロにする。
7年かけて少しずつ作ってきた住処をゼロにする。
そのことに今更ながら驚いている。
見た目がゼロに近づいていく作業は決してハッピーではない。

箱詰めをしていると、見たくないものを目にしたり、
思い出したくないことを思い返されてしまう場面にあう。
感じ方は以前とは違えど、心が締めつけられるわけで、
引っ越しはある意味、今の自分と向き合う作業なのだと思う。
いい機会なのかもしれない。
揺り動かされる中から生まれるものの強さを信じたい。

引っ越し業者を確保できないことや、
日にちによって引っ越し料金が大きく異なることから、
4月に入って最初は帯広にホテル住まいで通勤し、
その後札幌に一旦戻って、4月5日、6日で引っ越しすることになった。
落ち着かない数日となりそうだ。
それでも、できるなら、間隙を突いて、
4日の夜にでもブログを更新したいものだ。
きっと引っ越し前夜は、色々なことを考えて眠れないのだろうし。

かつて札幌から倶知安や留萌に行くときは寂しいわけではなかった。
しかし、倶知安と留萌から出るときは、そこでの様々な出来事を思い出し、
引っ越しの箱詰めをしているとき、去りがたくて自然に泣けてきた。
帯広もそういう場所になればいい。
札幌では作れない新しいブルーズが生まれるはずだ。
スポンサーサイト

テーマ:日々のつれづれ - ジャンル:日記





 引っ越し作業、お疲れ様です。

 こんばんは、カルパッチョ田中です。

 ここで無理やりなぞかけを一つ。

 “十勝平野”とかけまして、“ウルトラマンを尊敬しているたまごっち”と解きます。その心は

 「広い大地(ヒーロー偉大っち!)」

 帯広でも元気でお過ごしください。
【2014/04/02 19:47】 URL | カルパッチョ田中 #-[ 編集]

カルパッチョさん、十勝に絡めたなぞかけでの激励
ありがとうございました。
まだ数日ですが、帯広で過ごしていたら、
札幌は特に恋しくなりませんでしたが、
海と坂道を見たいなあと思いました。
でも、いいところな感じがします。
カルパッチョさんもお元気で。
それと、ドンド・フォゲットでお願いします。
【2014/04/04 23:40】 URL | 本人 #-[ 編集]















管理者にだけ表示を許可する



| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 トゥナイト今夜もRock Me Baby, All rights reserved.