ADMIN TITLE LIST

「激しい雨」でのライブが終わって間もないが、
立て続けに、THE HEART OF STONEのライブがある。

■日時 2013128日(日)18:30
■場所 スピリチュアル・ラウンジ
      (札幌市中央区南2条西4丁目 ラージカントリービルB1)
料金 前1,500円/当2,000
出演(出演順) 
      ファンタジーニョ/THE HEART OF STONE
      Johnny輪島/passboatAlfa Jerk/ホッパーズ29

Johnny輪島氏とホッパーズ29(ホーガン小林氏)とは、
11月23日のライブに続いての共演となる。

毎年12月の半ばに、「今年の漢字」なるものが発表される。
平成25年の「今年の漢字」は、Johnny輪島氏の活躍により、
「輪」になるのではないか。

なお、THE HEART OF STONEの出演時刻は19時です。

よろしくお願いします。

                 ◆

さて、THE HEART OF STONE
オリジナルアルバムとしては9作目となる「愛しきこの世界」を、
11月22日、ひっそりとリリースした。

過度な宣伝をしてヒットチャートを賑わすことは望まないので、
静かに一歩を刻んだ。
ところが、あまりに静か過ぎて、今日まで実売枚数はゼロだ。
というか、全く販売するアクションをしていない。
セールスしていないので、セールスはゼロだ。
和製英語は使い方が難しいぜ。

しかし、息の長い作品にするためにはこれでいい。
数年後のセールス枚数が、このことを雄弁に語るだろう。
残念ながら今は詭弁に過ぎない。

131128

2009年にリリースした「雨の交差点」が、
私にとってのスタンダードなロック・アルバムだとするならば、
今作は、トラディショナルなロックンロール・アルバムだ。

60~70年代のギターロックに和のテイストを絡め、
中年の光と陰、いや、厳密に言えば、陰の片隅にあるかすかな光を探し、
そのうち探すことに疲れ、でも、ふと気づくとここにあるじゃないか、
そんなストーリー性のあるアルバムだと思っている。

CDケースを開くと、右側にはCDそのものがある。
それがこれ。
1311284 

CDケースを開いた左側は、表ジャケットの裏部分が現れる。
そのデザインがこれ。
1311282  
スタジオミルクの受付場所でもある「喫茶ミルク」の店内である。
デジタルカメラで撮影したフォトグラフを加工したものだ。
加工しなくても十分に味わいのある店内ではあるが、
壁に隙間なく貼られたポスターやチラシ、積み上げられた雑誌類、
奥に見える巨大スピーカーなど、画像をいじったらいじったで、
ワイルドサイドを歩いている的なロック感が出る。
素材に力があると、どうアレンジしても良いものになる。
この場所もまた、私にとっての「愛しきこの世界」だ。

CDケースの裏側は、こういうデザイン。
1311283
撮影場所は、スピリチュアルラウンジのホール。
撮影者は、ベースのミチ氏。
前出のミルクのフォトグラフもそうなのだが、
面で見ると、色々なものがあって賑やかだ。なのに整然としている。
ゴミ箱が、なかなかいい味を出している。

というわけで、ニューアルバム「愛しきこの世界」の
外観の話ばかりになった。
CDは見た目が9割、ということにはならないし、
まして近年は、ダウンロードなるものが幅をきかせ、
ジャケットの意味や意思が薄れてきているように思う。
それは受け取る側の価値観の問題なのでなんとも言い難いが、
作り手としては、結構な思いを注ぎ込んでいる。
スポンサーサイト

テーマ:音楽のある生活 - ジャンル:音楽



















管理者にだけ表示を許可する



| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 トゥナイト今夜もRock Me Baby, All rights reserved.