ADMIN TITLE LIST

アコースティック・ギター+ハーモニカでの私のソロ音楽活動、
「激しい雨」のライブがあります。
ロック・ミー・ベイベーな夜にします。

■日時 20131123日(土)18時スタート
■場所 REVOLVER
     (札幌市中央区南1西24 エスタアベニューB1F
出演 LINDA/激しい雨/ホーガン小林/Johnny輪島(出演順)
■チケット ¥1,000(+1ドリンク ¥500

「激しい雨」の出番は18時50分から40分間の予定です。
よろしくお願いします。

                   ◆

さて、ザ・ハート・オブ・ストーンの新しいアルバムが
完成までもうすぐ、という段階になった。
レコーディングは6月に開始し、9月で一通り終了。
しかし、10月に入ってから、「もう1回歌わせてほしいのさ」と、
数曲についてボーカルの録り直しを懇願。
10月下旬に再レコーディングをして正式に終了した。

完全自主製作の我々にとっては、ここからもヤマがある。
まず、ミックスダウン。
別々に録音したそれぞれの楽器とボーカルを、
バランスを調整して、ひとつにまとめる作業である。

ベースのミチ氏の手により、事前にミックスダウンの試作品が作られ、
その最終調整を、11月4日、共和町のミチ・スタジオにて行った。
この段階になって、ギターの不協和音に気づいて一部を削除したり、
コーラスを部分的に削除したり、ボーカルの聴こえ方を生っぽくしたり。
確認のため何回も同じ曲を聴き直す。
そのうち、なんだかよくわからなくなってきて、
「いいんじゃないか、これで」となって終了。
そんな作業を10曲分繰り返す。

ニュートラルな状態で聴いた、ざっくりとした第一印象が大事なので、
部分にこだわりすぎないように、俯瞰してチェックすることを意識する。
ニュートラルな状態を維持するため、
立ったり、正座したり、ストレッチをしたり、意味もなく外に出たりする。
ノーマルを保つため、アブノーマルな行動をしているのだ。

レコーディングの作業は、ミックスダウンのほか、
CDジャケットとCD自体の作成がある。
デザイン作成、印刷、コピー、切り取り、ホチキス留め。
全部自分達でやっている。
外注はしない。

というか、どういうジャケットにしたいのか、
はっきりとしたイメージがなかったので外注のしようがないし、
そもそもそういう業者を知らない。
さらに、外注すると細かな注文を出しにくいし、まあお金も結構かかる。
つまりは、企画力と技術力よりも、精神面の充実と金銭的な安心を
優先したということだ。
我々にはそれが合っている。

1か月くらい前は、CDジャケットのデザインについて、
「今回はサイケでいかないか」という話になり、
「いいんじゃないか」とメンバーで盛り上がった。
ところが、色々とデザインを模索していくうち、
サイケなCDジャケットは、デザインが凝っていて、
自分たちの力で素材を作成するには無理があることや、
鮮やかな色、ポップ、派手、混在、などの要素は、
自分たちの音楽性とちょっと違いすぎやしないか、ということで、
最終的には、レトロチックなロック・アンド・ロール路線でいくことに。

で、こんな感じになりそうです。
1311041 
う~ん。いいじゃないか。

CD自体(円盤)は、こんなデザインになりそうです。
1311042
思い切った。
思い切りバンド名だ。
ダイレクトに自己主張だ。
字体は、当初サイケなデザインを標榜した名残がある。

リリースは順調にいけば11月22日の予定。
タイトルは、「愛しきこの世界」。
アルバムの公式紹介コピーは、
「スタンダードからトラディショナルへ。
 明らかに枯れ始めた中年野郎の
 アマチュアリズムにあふれたロックンロール」
アルバム収録曲の解説は、後日たっぷりと。

ナショナリズムとグローバリズムは人に譲るが、
アマチュアリズムは譲れない。
アマチュアの自由と自己満足を侮るな。
商品じゃなくて、作品を送り出すのだ。
スポンサーサイト

テーマ:音楽のある生活 - ジャンル:音楽



















管理者にだけ表示を許可する



| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 トゥナイト今夜もRock Me Baby, All rights reserved.