ADMIN TITLE LIST
本州で生まれ、本州の高校や大学を卒業し、
北海道に就職する人がいる。
仕事を辞めて、北海道に移住する人もいる。
そういう人に、これまで何人か出会っている。
そして、出会ったほとんどの人に、私は好感を持っている。

なぜ北海道に就職、あるいは移住したのか聴いてみると、
素晴らしい自然、美しい景色、美味しい食べ物、
スキーを思う存分やるなど様々である。

様々ではあるが、共通しているのは、
北海道にずっと住んでいる人より、北海道のことに何かと詳しいことである。
実際、色々なところへ出かけているし、
その土地の美味しいものも知っている。
好奇心と積極性を駆使して、北海道を楽しんでいる。
そして、北海道を好きだという気持ちが伝わってくる。
そういう人に会うと、私も嬉しくなる。

10月、11月の2か月間、
私の職場に、奈良県出身の30代の女性がアルバイトに来ていた。
話を聴くと、奈良県の、とある役場で働いていたが、
旅行で訪れた北海道の自然と食べ物に感動して、役場を退職。
北海道に移り住んで2年になるという。
その行動力と思い切りの良さに感心した。

この女性、北海道のガイドブック的なものを、相当読んでいるようで、
さらには、インターネットでも色々と調べているようで、
かなり詳しかった。

鵡川のシシャモといえば、「大野商店ですね」、
増毛のタコといえば、「遠藤水産ですね」、
帯広のまんじゅうといえば、「高橋まんじゅう屋ですね」。
こんな感じで、素晴らしい反応を示した。

職場で、私の斜め向かいの席は、中村NBRという男性(31歳)である。
彼は、23歳くらいまで埼玉で生活していた。
「どうせなら、北海道いっちゃおうかなと思って」という、
いまいち明確ではない理由で、北海道に就職口を求めた。

中村NBRは、日本ハムファイターズのチケットを、
インターネット・オークションでゲットするほどのファンである。
また、口調も、どこか北海道らしいアクセントになっている時があり、
そんなところに、なぜか嬉しさを感じる。
中村NBRは、北海道の食には、こだわりを見せない。
ただ、北海道に来て良かったことのひとつに、
山岡家のラーメンをいつでも食べられることを挙げる。

ある日、仕事の合間に、この2人を交えて6人で雑談をしていた。
ちなみに、私以外の5人は、みんな30代前半、
そしてアルバイト女性を除いては男性である。
そこで、仕事関係者である明石さん(26歳くらいの女性)の話題になった。
「明石さんは、眼鏡をはずした方が可愛いと思う」など、
胡散臭い男達の、みみっちい会話である。

その時、「クグエさんは、明石さんの評価、結構高いですよね」と、
話をふられた。
気持ち的には「うん、そうだね」だったが、
ストレートに、イエスな回答をすると、
40過ぎのエロオヤジの戯言になるのではないかという不安が
一瞬、頭をよぎり、こう答えた。

「明石さん、いいよねぇ。
 でも、明石英一郎の方が上だけどね」

「明石英一郎」という意外性に吹き出した者もいれば、
冷ややかに笑った者もいた。
その時、無反応だったのが2人いた。
アルバイトの女性と中村NBRである。

そう、北海道歴が短い人は、明石英一郎という、
北海道に長く住む人なら、誰でも知っているような
ローカル局のアナウンサーまでは知らないのだ。
北海道の有名店は知っていても、
それだけでは、どさんこワイドとは言えないのだ。

中村NBRは、「なんすか?どさんこワイドって」という感じだった。
そして、明石英一郎を引き合いに出したことは、
本州出身者を前に、KY(空気読めない)発言ではないかという話になり、
私は、こう切り返した。

「KYっていっても、オレの場合、木村洋二だけどね」

周りは、愛想笑いとせせら笑いに包まれた。
STVつながりの、この見事な切り返しが一瞬にしてしぼんだ。
中村昇は、「誰すか?木村洋二って」という感じだった。

ということは、日高晤郎氏も知らないのではないかと思って聴いてみると、
ノボル中村は、「誰すか?日高晤郎って」。
山岡家のラーメンは好きでも、
ウイークエンド・バラエティはしていないのだ。
おそらく、ランラン号を見ても、何も感じないだろう。

私は運転中、たまにランラン号を見かけると、
「ランラン客待ちリクエスト」に出てみたいなぁと、
タクシーの運転手でもないのに思う。
そして、「何、リクエストしようかな」と考えたりもする。
これは、「食わず嫌い王決定戦」に出演できるわけがないのに、
「オレだったら、大好物の3品、何にするかな」と考える時と同じである。
42歳にもなって、私はいったい何をやっているのだろう。
スポンサーサイト





どさんこワイドは夕方の王様ですね。
なかなか見れない時間帯ですが・・・
朝6生ワイドをよく見てます。
森中慎也と内山佳子派です。内山さんは今出てませんが。
あの暴走振りが目を覚まさせてくれます(?)。

HBCに勤務する友人が「どさんこワイドには敵わない」と言ってました。
ハナテレビも好きです。
【2007/12/13 23:51】 URL | マキシ #-[ 編集]















管理者にだけ表示を許可する



| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 トゥナイト今夜もRock Me Baby, All rights reserved.