ADMIN TITLE LIST
9月21日からの3連休を利用して根室まで行ってきた。
その最大の目的は、釧路-根室間の無人駅を訪問することだった。

週末になると雨が降ることの繰り返しだったが、
この3連休の道東は連日晴れた。

初日は、午後1時過ぎに釧路に到着。
約10年ぶりの訪問となった。
「まるひら」のラーメンを食べ、
新釧路川の河川敷や美原の住宅地など、
あえて全く観光地ではない場所をぶらついて過ごした。
こういうのが私にとっての旅の醍醐味なのだ。

2日目は朝8時に東釧路駅を訪問したのを最初に、
日本最東端の無人駅である東根室駅まで車を走らせた。
東釧路駅から東根室駅までの約130kmの道中には19の駅がある。
その中には駅員がいるところもあるが、
滅多に来られる場所ではないので、
コンプリートに訪問をしようと決めていた。

当初の予定では、午後1時過ぎには東根室駅に到着し、
その後、根室さんま祭りの会場へ行き、
釧路町にある難読地名のエリアを通って釧路市に戻り、
ザンギを食べようと思っていた。

ところが時間が足りなかった。
7、8箇所訪問した時点で、ペースの遅さを痛感し、
根室に着く頃には日が暮れてしまうことが容易に想像できる状況に。
さんま祭りは午後3時で終了してしまう。
ならば、午後2時には会場に到着したい。
そこで、東釧路駅から数えて12番目の駅である
「厚床(あっとこ)駅」で一旦無人駅訪問を中断し、
先にさんま祭りへ向かうことにした。

無人駅訪問は地味にハードだ。
釧路から根室までのエリアで丸一日時間があるのに、
納沙布岬も霧多布海岸も風蓮湖も温根沼も行けないのだ。
メジャー観光スポットの訪問を全て断ち切らなければ、
無人駅訪問を成し遂げられないのだ。
価値観が違う、と言われても仕方がないぜ。

というわけで今回は、東釧路駅から厚床駅までの無人駅訪問と
さんま祭りについての話だ。

                 ◆

厚岸町内の国道44号線から5kmほど山に入ったところにある
小さな集落、「上尾幌」(かみおぼろ)。
そこにあるのが「上尾幌駅」。
上尾幌1
駅舎を見ると、古ぼけ感も寂寥感もない。
実際、駅舎の中も外も清掃が行き届いていた。
地域の方々がきちんと見守り、支えているのだ。

上尾幌2
何が心に語りかけてきたかというと、この土地の空気感である。
民家が全くない山中の道を進むと突如現れる集落で、
ひっそりと佇んでいる感が極めて高い。
車がほとんど走っていないので、風の音しか聞こえない。
駅が秘境っぽいのではなく、地域全体が秘境っぽいのだ。

学校も商店さえも見かけなかった。
商店に行くには、10kmくらい行かなければならないのでは。
なのに駅前には、なぜか郵便局があった。
かつては、それなりの規模の集落だったのだろう。

上尾幌3
駅舎には駅ノートが置かれていた。
横浜から船で釧路に旅行に来た女性。
釧路で電車に乗り、何か感じるものがあって上尾幌駅で下車。
駅の周辺を散歩していたら、小学生の女の子に「こんにちは」と挨拶された。
都会にはない、すごくいい時間を過ごした、と書かれたページがあり、
なぜだか涙が出そうになった。
上尾幌4
雪のある季節に来たら、これまた味わい深いだろう。
今回の無人駅訪問の中で、最も印象に残った駅だった。

国道に戻り、車は東へ。
途中、牛ににらまれながらも、次の無人駅を目指す。
130922牛 

厚岸駅のひとつ手前にあるのが「門静(もんしず)駅」。
門静1
「もんしず」の看板を見たら、
とりあえず、ジーン・シモンズのことが頭に浮かんだ。
駅舎のどこかに、「厚岸・メタル・シティ」と走り書きされていないかと
探したが無かった。

門静2 
駅舎と反対側の線路の向こうは、こんな景色。
広い砂利スペースに、何かが大量に敷かれている。

門静3
その正体はコンブだった。
ここにコンブが干されていることを知らずに電車に乗っていたとして、
門静駅に停車した際、車窓からこの景色が見えたら、
少なからず感動するだろう。

厚岸町を過ぎたら次は浜中町。
浜中町には、茶内(ちゃない)、浜中、姉別(あねべつ)と
3つの駅がある。
そして浜中町は、ルパン3世の原作者であるモンキーパンチ氏の生まれ故郷。
というわけで、茶内駅では、いきなりルパンがお出迎え。
茶内1 

ホームには、なぜか花に囲まれて、銭形のとっつぁん。
茶内2 

浜中駅では、次元大介と五右衛門がお出迎え。
浜中1 

閑散とした駅前で、ぼうっと街の風景を見ていたら、
ルパン・デザインの路線バス(くしろバス)が登場。
浜中2 

駅舎に入る。お客さんはいない。
無人駅だから、当然駅員もいない。
と思いきや、切符売りの窓口に峰不二子が。
浜中3
これはもう無人駅とは言えない。

姉別駅では、ルパンがワルサーP38を構えていた。
姉別1

姉別駅では、電車にも遭遇。
この写真だけで、質素な環境に漂う安らぎがわかるだろ。
姉別2

浜中町を過ぎれば根室市。
その最初にあるのが、厚床(あっとこ)駅。
厚床駅1 

ここのホームから見た景色が素晴らしかった。
見渡す限り丘陵だった。
車窓からは、こんな感じで見えるはずだ。
厚床駅3 

釧路から根室までの、いわゆる花咲線にある駅舎は、どれもきれいだった。
地元の方がしっかりと管理しているのだろう。
すごくいいなと思った。
クモの巣だらけだったり、床が抜け落ちていたり、すえた臭いがしたり、
というのも、それはそれで味わいがないわけではないが、
あまり利用者のいない小さな無人駅が、
清潔に保たれているのは気持ちがいいものだ。
ホームのベンチがこんな状態なのは愛嬌だ。
厚床駅2 

ここのホームは長居したくなる魅力があった。
食事をして、ギターを弾いて、読書をして、昼寝をして、
目が覚めたら日がかなり傾いていた、
なんていう過ごし方をしてみたくなる場所だった。
厚床駅4 

厚床駅からは、さんま祭りへ直行。
午後2時頃に会場である根室港に到着。
会場は人、人、人。
ほとんど人がいないところを訪問してきて、いきなり人の渦。
メリハリがあり過ぎだ。
さんま祭り1 

さんまは100円で食べ放題。
祭りの終了時刻が近づいていることもあってか、
さんまを配る係の方に、「2匹ください」と伝えると、
「いやいや、もっと持っていって」と3匹寄越す。
そんな空気にのみ込まれ、結局5匹も食べた。
ごはんも大根おろしもない状況で、さんまのみ5匹食べた。
食べ過ぎた。
しばらくさんまは食べたくない。
皮肉な話ではあるが、さんま祭りに来ない方が、
我が家における今年のさんま購入量は多かった、ということになりそうだ。
しかし、さんま効果で血液の流れは良くなったはずだ。
ごちそうさまでした。
ありがとう、いい薬です。
さんま祭り2 

札幌から根室までの距離は、東京-大阪間とそんなに変わらない。
遠くまで来たものだ。
道東の無人駅に心が洗われ、最果ての港のさんまで腹が満たされる。
旅だなあ。
旅してるなあ。
旅すべきだよ。たまには。
スポンサーサイト

テーマ:鉄道 - ジャンル:趣味・実用



















管理者にだけ表示を許可する



| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 トゥナイト今夜もRock Me Baby, All rights reserved.