ADMIN TITLE LIST
今年の札幌は、やけに雷が発生している。
この1週間はそれほどでもなかったが、
先週、先々週は、ほぼ毎日発生していたような感覚だ。

これほど雷を聞いたのは、
1986年にザ・ルースターズが新譜をリリースした時以来だろう。
1曲目の「OH! MY GOD」で、花田氏の激しいボーカルに驚き、
2曲目の「クリミナル・ロック」では、
「オレはロックの犯罪者」という歌詞に衝撃を受け、立て続けに、
「もちろんお前は共犯者」と歌われ、何がなんだかわからなくなった。

雷の多さに日照不足が追い打ちをかける。
なんとなく体調が悪いような、すっきりしない気分で過ごす日々。
しかし、音楽が私を救ってくれる。
6月から新しいアルバムのレコーディングをしている。
現在のところ7割ぐらい終了している。
11月にはリリースしたいと思っている。

そして、ライブがある。
5月18日以来、5か月ぶりのライブだ。

■日時 20131012日(土)1830分スタート
■場所 ベッシーホール
     (札幌市中央区南4西6晴ればれビルB1F)
■料金 前1,500円、当2,000
■出演 The Black Sheeps TOBIRA GRACE
      レンジ・オブ・モーション / The Red BullDog
       THE HEART OF STONE

私ども、THE HEART OF STONEの出番は「20時30分」の予定です。
来ていただける方は、ぜひご連絡を。優待します。

120908 

久しぶりのライブとなるが、
レコーディングのリハと、レコーディングをしていたので、
状態は悪くない。というか、良い。
普通の体調ならば、これまでで一番のパフォーマンスに
できそうな気がしている。

今更ながら、音楽というものの「違い」がわかるようになってきた。
ザ・ハート・オブ・ストーンを始めた頃は、
スポーツに例えるならば、
「武道をやりたいんじゃなくて、走りたいんだ」という程度の、
大雑把な違いを目指していたように思う。

それが活動を続けるにつれて、
「短距離走じゃなくて、長距離走をやりたいんだ」から、
「1万メートルじゃなくて、マラソンをやりたいんだ」になり、
「瀬古選手じゃなくて、宗兄弟のような走りをしたいんだ」というように、
「違い」の感じ方が細分化されてきた。
30年くらいバンド活動をしていて、やっと見えてきた。

ただ、これまでも、つかんだと思ったら、
手の中は空っぽになっていることの繰り返しだ。
しかし、その繰り返しがあるから見えてくるものがあるのだ。

この先、突き詰めていけば、
「宗茂じゃなくて、宗猛のような走りをしたいんだ」というレベルまで、
違いを感じられるようになるのではないか。
そこに何が待っているのかはわからないし、
もしかしたら何も待っていないのかもしれないが、
自分がどこまで音楽というものを手に入れられるか楽しみだ。
完全に自己満足だ。
いいじゃないか。
そこから始まるんだ。
スポンサーサイト

テーマ:音楽のある生活 - ジャンル:音楽



















管理者にだけ表示を許可する



| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 トゥナイト今夜もRock Me Baby, All rights reserved.