ADMIN TITLE LIST
この1週間、苦悩した。
いくつかの厄介ごとが重なり、
何から手をつけるべきか考えては、
何もしないことの繰り返しだった。

厄介ごとの一つは、アコースティック・ギターの修理だった。
ギターをアンプにつなげても、
音が出なくなっていることを7年前から認識していた。
しかし、これまで放置していた。
なぜなら、ギター・アンプにつなげて使用する機会がなかったからだ。
ならば、なぜ今、修理をしなければいけないのか。
ギター・アンプにつなげて使用する機会が生じたからだ。

12月21日、金曜日、ライブに出演する。
場所は、札幌市中央区南2条西4丁目、「スピリチュアル・ラウンジ」。
私、一人で出演する。
使用する音は、アコースティック・ギターと声だけだ。

9月に、私がかつて在籍したバンド、ローゼン・フェルンの
1日限りの再結成ライブに出演したものの、
その後はまた、音楽活動から離れていた。
しかし、久しぶりの音楽活動で、
さえない毎日の中に小さな光明を見い出したような気になっていた。

そんなある日、スピリチュアル・ラウンジの新保氏から連絡があった。
「12月に、出演者全員、アンプラグドで、っていうライブをやるんですよ。
 出ませんか?

 アコースティック・ギター持ってくればいいだけですから。
 この前のローゼン見てたら、全然いけるじゃないですか」

この新保氏の言葉は、私の千円札や百円玉に触れた。
つまり、「きんせん」に触れた。
「できるかな?」と、のっぽさん的な不安があり、
少し検討する時間をもらったが、
「まあ、なんとかなるか」と出演を受諾した。それが11月の始め。

その後、何もしないまま、時間は過ぎた。
ほんとにライブをこなせるかが不安で、
先日、3度目の離婚をした玉置浩二氏的に言えば、
消えそうに、燃えそうな心だった。

11月下旬になると、ギターをアンプにつなげて使えない現実が
大きなプレッシャーとなってきた。
にもかかわらず、
「修理に時間がかかって練習できなかったらどうしよう」、
「修理だけのために、街に出かけるのは面倒だ」、
「玉置浩二氏の離婚について、考察する時間がほしい」など、
修理に行くのが億劫な理由ばかりを、
今以上、それ以上、考えていた。


歯が痛むのに、歯医者に行かないでいるような状態だった。
痛くなって我慢できなくなるのを待っているようだった。
と同時に、「修理に結構お金がかかるから、買った方がいいですよ」と
言われるのが怖かったのだ。

しかしついに、ライブへの不安で血圧が上がるのを自覚する瞬間があり、
いよいよ限界が来たと感じ、ついに玉光堂楽器センターへ。
やはり、「買った方がいいかも」と言われたが、
色々と事情を話し、結局、修理することになり、ギターを預けてきた。
次の土曜日、つまり15日までには修理を終える、とのことだった。

ライブは21日である。
ギターが戻ってきてから、1週間もないのである。
果たして、ほんとにライブはできるのだろうか。

もしかしたら、トーク・ライブになるかもしれない。
「弾き語り」ではなく、「語り」のみになる可能性がある。
いわば、「万里の河」状態である。
つまり、「トーク、トーク、どこまでもトーク」というわけだ。
意外に、その方がウケるのではないかという、おかしな安心感もある。

歌を求められたら、最悪、カラオケを歌おうかとも思う。
トークを長くやって、「万里の河」を歌うという合わせ技もできる。
あるいは、
普通のカラオケじゃつまらないので、替え歌にしようとか。
これまた、その方がウケるのではないかと考えてしまう。
しかし、これでは完全に余興である。
私は、いったいなんなんだろう。

(追記)
とりあえず、演奏する曲を考えたい。
ほとんど、ローゼンフェルンの曲にしようかと思う。
ローゼンフェルンを知る読者の方限定の話になるが、
中期の代表作、「手の中はからっぽ」は、やりたいと思っている。
スポンサーサイト

テーマ:バンド活動♪ - ジャンル:音楽





「こんなちっぽけなぼくだけど」「JUMP」「SUBJECT」・・・
聴きたい曲はたくさんあります。
仕事がどんな感じかわかりませんが、駆けつけるつもりでいます。
歌、是非、聴きたいです。
【2007/12/11 00:45】 URL | YRK #KftVzp0w[ 編集]

おおおおおお!
9月に奇跡の復活に続き、まさか今年二度もクグエさんの
歌が聴けるなんて素晴らしいじゃありませんか!

で、友人あいちゃんからメッセージがあります。
パソコンからしか書き込めないということで、代理で書き込みます。
「リクエストは『わかってくれたら』。
・・・錆付いたプライドそんなのいらないよ・・・
自分を支えた曲と言っても過言ではありません。」

あいちゃんは今年一杯で札幌を離れてしまいます。
札幌最後の思い出に是非ともお願いします。

ていうか、個人的ですいません。

ところで、出番は何時ですか?
遅刻も早退もしたくないので教えていただけるとありがたいです。
【2007/12/11 21:19】 URL | マキシ #-[ 編集]

YRKさんへ

コメントありがとうございます。
「行く」ではなく、「駆けつける」という言葉を見たら、
トークライブにするとか、カラオケにするとか
言ってる場合じゃないことを思い知らされました。

お待ちしております。
【2007/12/12 00:26】 URL | クグエSW #-[ 編集]

マキシさんへ

「わかってくれたら」。
この曲は、どのテープにも、CDにも収録していない曲
ですが、覚えていてくれる方がいて、
ほんとに嬉しく思います。

9月のライブの際に、
城市コータ氏と十何年かぶりに会った時、
彼が最初に口ずさんだのも、この曲でした。

この曲を演奏するには、
山中君のギターが欲しいところですが、
リクエストということであれば、
これはもう、前向きに考えます

なお、出番は20時です。
7グループ出演するうちの4番目です。
よろしくお願いします。
【2007/12/12 00:41】 URL | クグエSW #-[ 編集]

前向きっでお願いします。
「わかってくれたら」は名曲揃いのローゼンフェルンの中でも
ひときわ輝く1曲でしょう!歌詞が印象的過ぎますね。

出番の時間もチェックできました。ありがとうございます!
【2007/12/13 23:59】 URL | マキシ #-[ 編集]

マキシさんのコメントに関して。

「名曲揃いのローゼンフェルンの中でも」。
素晴らしい言葉だ。
「名曲揃いの」。
もっと言ってほしい(笑)。
【2007/12/15 11:03】 URL | クグエSW #-[ 編集]















管理者にだけ表示を許可する



| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 トゥナイト今夜もRock Me Baby, All rights reserved.