ADMIN TITLE LIST
先日、今年に入って初の無人駅巡りをしてきた。
所用で士別まで行った帰り道、旭川まで南下しながら
いくつか訪問してきた。
このエリアは、山越えのない平坦な土地に水田と畑が続く。
そこにも味わい深い無人駅があった。

まずは、北剣淵駅。
国道40号線から1kmほど水田地帯を入っていくと忽然と現れた。
北剣淵1 

新緑に囲まれた長閑な佇まいだ。
しかし、夏は日差しをまともに浴び、冬は風雪がうちつけることだろう。
ホームに待合室はない。
と思いきや、ホームから50mほど離れたところに待合室がある。
待合室から見たホーム側は、こんな感じ。
北剣淵2

そして、待合室だ。
北剣淵3
昭和30年代の物置じゃないぜ。
建物の中には時刻表も掲示されていた。
しかし、天井の一部ははがれ落ち、板の床も抜け落ちそうなほど
痛みが激しかった。これじゃあ利用できないだろう。
寒暖の激しい上川の地で長年生き続けたことが窺える待合室だった。

東六線(ひがしろくせん)という駅も、草木に埋もれるようにぽつんとあり、
秘境っぽさを感じさせる無人駅だった。
東六線1 

ここの待合室は、古さの中にレトロ感があり、
地面は加工されず自然のままながら、利用されている雰囲気があった。
東六線2

続いては、北比布(きたぴっぷ)駅。
周辺は、360度水田。視界が広がり開放的でもある。
しかし、駅の場所は、国道から結構奥にあり、
さらに、町道から細い道に入っていかなければ現れない。
駅だけを目指しているのに、なかなか見つけられなかった。
開放的な場所ではあるが、意外に秘境的な駅ではないか。
北比布1 

写真に写っている建物が待合室。
これを見る限り、古そうだとしか思わない。
ところが、これを正面から見ると、いきなりの廃墟ぶりに圧倒される。
北比布2 

恐怖感さえおぼえる佇まい。
中に入ってみる。
北比布3

すごい。荒れている。すえた匂いがする。
入口は開いたままなのに、閉じ込められたような気がする。
写真ではわからないが、実際は薄暗い。
備え付けの木製の椅子は、座ると壊れてしまいそうだ。
この存在感はすごい。
何があったんだ。
何もないからこうなのか。

比布町を南下すると旭川市である。
次第に建物の数も増えてきた。
ここから先は都会的な無人駅しかないだろうと思いながら南比布駅へ。
南比布1

跨線橋のほぼ真下にある殺風景な駅だった。
この写真を見る限りは、取り立てて何だということはない。
しかし、取り立てずにはいられないものがそこにあった。
左側に映っている待合室だ。
これを正面から見たら、こうだった。
南比布2

ピサの斜塔かと思った。
一瞬ここはイタリアかと思い、パスタを食べている人を探した。
傾いている。ちょっと傾いているのではない。かなり傾いている。
ぐらっとしている。イタリア的に言えば、グラッツェだ。

入り口に張られた蜘蛛の巣にまみれないように気をつけて待合室の中へ。
南比布3
壁はほとんど剥がれ落ちているのに、
掲示物は普通に画鋲で留められていた。
きちんと待合室として認められているということだ。

線路は決してどこまでも続いてるわけではないが、
無人駅のブルーズはまだまだ続く。
スポンサーサイト

テーマ:鉄道 - ジャンル:趣味・実用



















管理者にだけ表示を許可する



| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 トゥナイト今夜もRock Me Baby, All rights reserved.