ADMIN TITLE LIST
新年度に入っても、変わらずに「おおしま通信」は発行されている。
雪が溶けても、円安になっても、「おおしま通信」は健在だ。
嬉しいことだ。

「おおしま通信」は、私の職場の昼休みにセールスに来る
23歳の生命保険会社の女性が、ほぼ週一のペースで配布している
フリーペーパーで、彼女の何気ない日常や、
どこかから拝借した生活情報やクイズが掲載されている。
端的に言うと、ブログっぽい雰囲気のチラシである。

直近で「おおしま通信」に関する記事は2月6日に掲載したが、
その後、私と大島さんの関係には変化があった。
2月当時は挨拶するだけの関係だった。
それが3月の始めだっただろうか、保険付きの預金のような商品の
チラシを持ってきたのをきっかけに、少し会話をするようになった。

最初は、「この商品どうですか。検討してみてください」と、
さらっとした感じ。
次は、「あのチラシ見ていただけました?良かったら声をかけてください」と、
小さく一歩を踏み込んだ程度のセールストーク。
その後2回くらいも、ほんの少しだけ距離を縮める程度のトークだった。

それだけで私は、嬉し恥ずかし状態だったのだが、
周りにいる同僚から、デレデレしていると思われるのは本意ではないので、
キヨシロー氏が若手女性アナウンサーにインタヴューを受けたら
こんな感じだろう、というのをイメージして、
敬語を使い、素朴で謙虚に対応していた。

そんなある日、予期せず突然、彼女の攻勢にあうはめに。
「あの商品、検討してもらえました?」
「まあ、検討したといいますか、なんといいますか」
「これ、3月だけ特別金利なので、今がお得なんですよ」
「そのようですね。この前、大島さん言ってましたもんね」
「もう決めないと3月が終わっちゃいますよ」
「まあ、終わっちゃいますよね」
「入るか、入らないか、はっきり言ってください!
 だめならだめって、はっきり言ってもらっていいんです」

このセリフは刺激的だった。
私から見れば、まだ食い込みが浅いと思っていた段階で、
「はっきり言ってください!」と、いきなり結論を迫られた気がして、
交際を申し込まれたのに、きちんと返事をしないでいたら、
「はっきりして」と、びしっと言われたような気持ちになった。
結論よりも過程を楽しむ私のリズム感に業を煮やしたのかもしれないが、
彼女の若さゆえの性急さもまた微笑ましい。

そんなことがありつつ、緩く浅い関係のまま現在まで推移してきている。
一生懸命な彼女に何か貢献したいが、熟度やタイミングや手間の問題など、
様々な事情があるのだ。申し訳ありません。
ただ、決して切り崩せない相手でもないことを申し添えておこう。

                 ◆

さて、新年度に入り、「おおしま通信」の第1号からのディープな
読者である私にとって、ちょっとしたショックがあった。
4月から、おおしま通信が「No.1」にリセットしてしまったのだ。
3月時点では38号まで発行しており、
とりあえずは50号記念号を楽しみにしていたのに、なぜリセットしてしまう。

その点について、大島さんに聴くと、
「新年度なので、また1号からにしました。
 あと、人事異動で4月に来た方もいるので」とのこと。
意図はわかるし、気持ちもわかる。
しかし、4月から新たに赴任した人達に、
「へぇ~、こんなに発行してるんだ」と思わせるのも重要だ。
なかには、おおしま通信ファンになり、
バックナンバーを見てみたいと思う人が現れたら、
38号まではプレミアものになるのだ。
それがまた第1号からとは少し残念だ。

 1204おおしま通信
しかし内容的にはクオリティを保っている。
このリセットされた平成25年度の第1号。
「この春で入社2年目になります」と、クマが言っている。
そのクマには、「2年生」と書かれた名札が付いている。
これを見て、身体のどこかがくすぐったくならずにいられるだろうか。
いい意味で、なんかもう、どうしたらいいかわからなくなる。

最近書かれていたネタも、丁度いい具合にどうでもよく、
センスというか、加減が素晴らしい。
「今年のエイプリルフールは、友人に、結婚するんだ、と
 騙されました」
 そうですか、としか言えない。
「土曜日に友人とプラチナデータを観に行きました。
 すごく面白かったです。二宮くんがすごくかっこよかったです」
 中学生の感想文か!

それから、これも触れておきたい。
4月に入って、おおしま通信No.1の前の週に発行された号外である。

1204おおしま通信号外  
新年度のはじめに、突然きちんとした挨拶文を配布したのだ。
時候のあいさつ的な文章で始まり、
入社1年目、温かく迎えてくださったことに感謝、
2年目とはいえ、まだまだ未熟ですが、皆様のお役に立てるよう努めます。
そして、ご自愛くださいと締めくくり、「四月吉日」ときたもんだ。

これには参りました。
この大島さんなりの「けじめ」といいますか、なんといいますか、
非常にいいです。
心に響くものがありました。
心に響きつつも、大島さんの営業に何ひとつ貢献しておらず、
最近は罪悪感を感じたりもしています。

大島さんの仕事はとても大変だと思います。
いい時もあれば、悪いときもある。
それは誰でも同じです。
大事なのは、状況が悪いときにどう過ごすかです。
急がず、腐らず、投げやりにならず、
そうしていると、いいことに出会えます。

いつ何が起こるかわかりません。
来週もおおしま通信が発行されることだって当たり前じゃないことを
胸に留め、陰ながら応援させていただきます。
スポンサーサイト

テーマ:日記 - ジャンル:日記





こんにちは、お元気ですか。

夫・ランバード藤田がおおしま通信を持って帰って来てくれません。持ってくるよう頼んだら「いるの!?」と驚かれました。

そういえば、保険外交員の方が係長の側からなかなか離れなくて、急ぐ決裁がとりにくかったことを思い出しました。痛風かなんかのどーっでもいい会話なんですよ、大抵。
【2013/10/03 20:00】 URL | カルパッチョ田中 #-[ 編集]

カルパッチョさん、お久しぶりです。

そうですね。ランバード”ダイエット”藤田氏も
おおしま通信を入手できる環境にあるんですね。
あくまで想像ですが、なんとなく彼は、
大島さんに対して素っ気なさそうな気がします。
いや、クールだと言おう。

振り返ってみると、彼は女性に対してツンデレではないか。
もちろん、デレの部分は、カルパッチョさん、君に対してだけだよ。
【2013/10/04 01:26】 URL | 本人 #-[ 編集]















管理者にだけ表示を許可する



| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 トゥナイト今夜もRock Me Baby, All rights reserved.