ADMIN TITLE LIST
AKB48のメンバーが、男性とのお泊まり発覚により
丸刈りにしたという。
これに対して、擁護する向きが強いと感じている。
年頃の女性だし仕方ないんじゃないの、
本人も反省しているからいいんじゃないの、
丸刈りになんかなる必要はなかったんじゃないの、など。

AKB
48という狭い社会におけるルールを破っただけのことであり、
ましてや犯罪などではないのだから責められるものではないし、
というか、私にとってはどうでもいい話ではある。
だが、ちょっと言わせていただきたい。

本人も、総監督とかいう女性も、謝罪コメントは、
「ご心配、ご迷惑をかけて申し訳ありませんでした」だ。
これは、仕事の相手先と内輪のスタッフに対しての言葉だろう。
それは間違いだとは言わないが、少なくともファンに対してではない。
表向きに最初に出すコメントならば、
まずファンに向かってもいいのではないか。
彼女達に限らず、この手の問題が起こると、
謝罪コメントはいつも「ご心配とご迷惑」だ。

ファン心理としては、「心配」や「迷惑」より、
「がっかり」、「幻滅」ではないのか。
AKB48における恋愛禁止制度の重みがよくわからないが、
私が見てきた限り、恋愛禁止はAKB48の結構な「売り」というのか、
大きなセールスポイントだと思う。
そこを欺かれたようなものである。
「無農薬栽培」を売りにしておきながら、
農薬まみれだったようなものである。

AKB48メンバーの恋愛問題は、これまでにいくつかあった。
そして、その後どういう道をたどったのかを見てきている。
にもかかわらず、堂々とお泊まりしてしまう。
それでも主力メンバーは擁護してくれる。
ならば、恋愛禁止ルールなどやめてしまえ!
どうして私が熱くなるんだ?

丸刈りのメンバーは、研究生とやらに降格とか。
でもほとぼりが冷めれば元に戻る。
郵政民営化に反対し離党させられたが、
そんなに時間が経たないうちに復党させるのと同じだ。

AKB48には、Aチーム、Kチーム、Bチームというのがあるらしい。
何か意味があるのだろうか。
政党の派閥とも違うのだろう。
どうせなら、どれかのチームは恋愛OKにしてしまえ、と思う。
それができないなら、「恋愛生活が第一」みたいな派閥を作るべきだ。
それで総選挙を戦ってほしい。


いずれにしても、こうした恋愛沙汰を繰り返していると、
メンバーの士気に影響するのではないか。
あほらしいと感じているメンバーもいるだろう。
また、見つからなければいい、見つかっても周りがなんとかしてくれる。
こうなると、ファンのモチベーションが下がるだろう。
「恋愛禁止なんて、所詮ポーズなんだろ」で済まされ、
「どうせみんな、それなりに恋愛してるんだろ」と、
必要以上の想像や誤解を招くことになり、
メンバーへの興味や信用が失われ、
AKB48がつまらない存在になるのではないか。

なんらかんら言いつつ、AKBはアイドルでありファンに夢を与えている。
その夢を壊されたような気持ちになるだろう。
結果、若者のAKB離れが強まってくるのではないか。
しかしそれは危惧すべきものではない。
若者の政治離れに比べれば、どうだっていいことだ。
スポンサーサイト

テーマ:芸能一般 - ジャンル:アイドル・芸能



















管理者にだけ表示を許可する



| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 トゥナイト今夜もRock Me Baby, All rights reserved.