ADMIN TITLE LIST
今回もまずはライブのお知らせを。

■日時 2012年11月24日(土)19時スタート
■場所 ベッシーホール
         
(札幌市中央区南4西6晴ればれビルB1)
■料金 1,500円
■出演 Juilliard/レンジ・オブ・モーション/
       The Black SheepsTHE HEART OF STONE

ザ・ハート・オブ・ストーンの出番は19時40分。
我々にとって、今年最後のライブです。
よろしくお願いします。

             ◆

さて、江差線巡りの後編である。
JR北海道から、平成26年度の始めに廃止される方針が
打ち出された木古内―江差間、約42kmを訪問した。

この路線は、道道5号線がほぼ並行して走っているが、
上ノ国町市街地を除けば大きな集落はなく、
交通量が極めて少ない道である。
私はこの道を通ったことがなかった。

江差線・後編9
木古内駅から北上し、まず登場するのは「渡島鶴岡駅」。
なかなか駅を見つけられなかった。
通り過ぎたことに気づき、道を戻るが、
また見つけられず、木古内の市街地の辺りまで来てしまい、またUターン。
そんな行ったり来たりを繰り返してやっと発見。
無人駅の旅はこういうことが多い。

続いては「吉堀駅」。
見てくれ、この雑然とした駅前を。
江差線・後編1 

雑草をかき分けて乗降口へ行くのだ。
それでも人は電車に乗る。
想像力をかき立てられる味わいのある駅だ。
江差線・後編2

ここから道道は、木古内町と上ノ国町をまたぐ稲穂峠に突入する。
カーブの多い小さな山越え。
どこを見ても紅葉真っ盛りだった。
江差線・後編3

峠を下り終わった辺りのカーブの途中、横に細い道があった。
まさかここが神明(しんめい)駅につながる道ではないだろうと
思いつつ、試しに入ってみる。
数百メートル進むと突然、駅が現れた。
江差線・後編4

駅舎も、そしてホームも板張り。
森の中にひっそりと佇んでいる。
この空気感がたまらない。
駅舎も周囲もきちんと掃除されていた。
こうやって誰かに支えられていることでまた胸が熱くなる。
江差線・後編5 

何かを語りかけてくるような駅で、
なかなかここを去ることができなかった。
しかし、寒いので10分ほどで駅を後にした。
寒さは感動をも飲み込んでしまうのか。

ここから先も、田舎のありふれた風景の中にぽつんとある、
愛おしくなるような駅が続いた。
山道は終わって平野となり、空や風や草木の雰囲気が、
海が近づいていることを気づかせてくれる。
上ノ国駅を過ぎると、いきなり海が広がった。
江差線・後編6

そして江差駅に到着。
江差線・後編7 

1年半後にこの駅が使われなくなることを思うと、
勝手に寂しい気持ちになる。
しかし、様々な事情があってのことだ。
部外者である私が軽々に「残してくれ」というのは不謹慎だろう。
江差線・後編8

江差駅までの道中、電車が走っている場面にも出会った。
廃止による需要増と紅葉時期が相まってなのか、結構な人数が乗っていた。
交通量の少ない道路沿いの小さな集落にある無人駅はやはり良い。
廃止前にもう一度、今度は電車に乗ってみようかなと思えた、
そんな秋の終わりの江差線だった、LIFE GOES ON
スポンサーサイト

テーマ:鉄道 - ジャンル:趣味・実用





いいっす!
【2012/11/20 06:25】 URL | 矢部善城寺 #mQop/nM.[ 編集]

このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2012/11/20 19:02】 | #[ 編集]

矢部善城寺さん、コメントありがとうございます。
次は雪の無人駅へとぼとぼと行ってきます。
【2012/11/22 23:38】 URL | 本人 #-[ 編集]















管理者にだけ表示を許可する



今回もまずはライブのお知らせを。■日時 2012年11月24日(土)19時スタート■場所 ベッシー まっとめBLOG速報【2012/11/19 09:10】

| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 トゥナイト今夜もRock Me Baby, All rights reserved.