ADMIN TITLE LIST
まずは、次のライブのお知らせを。

■2012年8月25日(土)18時スタート
celestone code vox(函館)/forelow(釧路)/まいご/
 BLACK VELDT GONER/またたび/Johnny輪島/
 THE HEART OF STONE
■前売1,000円 当日1,500

今回のライブも、十数年ぶりにやる曲と最近の曲を
織り交ぜた構成になりそうだ。
バァーンと音を出せばゴキゲンになるような、
そんなライブを目指して準備します。
よろしくお願いします。

            ◆

さて、ロンドンオリンピックが始まった。
興味がないわけではないが、ほとんど見ていない。
テレビを見るよりも他にやることがあるのが第一の理由だが、
第二の理由として、何時台にその競技がライブで行われるのか、
新聞の番組表からはよくわからない。

その競技を見てみようかとチャンネルを合わせてみれば、
予選だったり、あるいは前日のダイジェストだったりで、
何がどうなってるのか、面倒になってしまうためだ。
北島選手の100m平泳ぎもサッカーも、
夕刊を見てはじめて結果を知る、というような状態だ。

先日、ドラムのダーオ氏と二人で練習をした。
その日は、日本時間で早朝にロンドンオリンピックの開会式が
行われた日だった。

スタジオに入るなり、ダーオ氏から、
「開会式を見たかい?」と聞かれた。
CCRの「雨を見たかい?」及び、
ラヴィン・スプーンフルの「魔法を信じるかい?」に匹敵する
音楽性があふれる聞き方だった。

開会式に全く関心がなかった私は、「見てないね」と即答した。
ダーオ氏は、なぜにそんなことを聞いたのかと思ったら、
「開会式で、ゴッド・セーブ・ザ・クイーンが流れた」と、
誰かに伝えたかったんだ的な情熱のある口調で言われた。

「女王が来てるのに、ゴッド・セーブ・ザ・クイーンやるなんて
○○監督はすげーわ」と、
演出を担当したなんとかという映画監督を評していた。
オリンピックでノーフューチャーとは、さすがに驚く。

また、「アークティック・モンキーズも出てきた。
カム・トゥゲザーをやっていた」とも言っていた。
やはりイギリスにはロックが根付いている。
日本で言えば、オカモトズが「レモンティ」を
オリンピックで演奏したようなものだ。

ダーオ氏は、オリンピックの開会式を見ていながらも、
脳はロックの視点になっている。
ロック・リスナー、かつロック・ウォッチャーとしての、
彼の偏差値の高さを感じる出来事だった。

「ニューオーダーは出てないの?」と、
明らかにジョークと言える私の適当な返しに対しても、
「マンチェスター系はオリンピックに合わないんじゃないか。
それに、ビーディ・アイとかフジロックに来てるから、
オリンピックに出られないからね」と、真剣に回答。
オリンピックに出ることになっていたら、
フジロックに来ていないだろうとは思ったが、
フジロックを優先しているようなダーオ氏の見解を否定することは
ロックの危機をまねくと思った。彼はオールライトだ。

その後も、「ジミーペイジは北京五輪に出てきたのに、
母国のオリンピックには呼ばれていない」など、
北京五輪と比較してのロック的評価を繰り出したり、
「閉会式はエルトンジョンだな」など、真っ当な予測をしていた。
「オリンピックとロック」という本を出版してはどうか、
とさえ思った。

            ◆

今日は仕事で美唄へ行った。
美唄の関係者三人と「たつみ」にて昼食。
「とりめし定食」は、非常に美味しかった。
鶏ダシのコクと、焦げ目から漂う炭焼きの香りが絶品だった。

それはよかったのだが、オリンピックの話題となり、
「あの柔道の判定はひどいよね」とか、
「なんだか体操も調子よくないみたいですね」など、
私が全く知らない出来事について話をふられた。

「オリンピック、あまり見てないんですよ」と
素直には言えない空気感がそこにはあった。
そのため、「ああ、ああああ、あれですよね。あれはねえ…」や、
「いやいやいや、ほんとにもう、ねえ…」など、
極めて曖昧な反応でつなぎ、誰かこのトークを引き取ってくれと
願いながら、とりめしを食べた。

「それにしても、開会式でゴッド・セーブ・ザ・クイーンがくるとは
思わなかったですね」と、請け売りの情報を言いたくもなったが、
不信感をまねき、疎外感を味わうだけだと思い、発言を控えた。
この話に同意してくれそうなのは、美唄市はおろか、
空知管内全体でも100人に満たないだろう。
それでもロックは確かに生き続けている。
決してノーフューチャーではない。
スポンサーサイト

テーマ:音楽のある生活 - ジャンル:音楽



















管理者にだけ表示を許可する



| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 トゥナイト今夜もRock Me Baby, All rights reserved.