ADMIN TITLE LIST
今年の夏、札幌でのライブは、
7月7日()と8月25日()に予定している。
7月7日は単独でアコースティック・ギターを弾いての出演、
8月25日はバンドでの出演だ。
本日は、7月7日のライブについてお知らせしたい。

Hitori Kilapo Tour 2012
日時 2012年7月7日(
      open 19:30 start 20:00
■場所 lakura(ラクラ)
           
札幌市中央区南4条西9丁目1009-3 大正製薬さん裏
           
TEL/FAX(011563-1109
charge 前売¥1500/当日¥2000
■出演 松山和司
       オープニング・アクト 外園一馬/激しい雨(私のソロ活動名義)

このライブは、松山和司(まつやま・かずし)さんの
全国ツアーのひとつである。
大変失礼ながら、このライブの話をいただくまで、
松山和司さんを存じあげなかった。
松山さんのホームページはこちら

松山さんの札幌ライブの主催者であるM氏は、
松山さんのことを、「大阪のポールウェラー」と称した。
それは、私を動かすには極めて効果的な言葉だった。

ポールウェラーは、「○○の」という冠がなかなかつかない方だ。
九州のダルビッシュとか、山形の矢沢永吉とか、
浪速のモーツアルトなどはよくありがちだが、
ポールウェラーは珍しい。
ただ、「大阪」というのは私の感覚としては、くくりが大きい。
他に「大阪のポールウェラー」と自称している人がいそうである。

地域名もアーチスト名も、ややマイナーな方が、
逆にリアリティがあるような気がする。
例えば、月形のアンガス・ヤング、滝川のピエール瀧、
苗穂のシーナ・イーストンなどと言われれば、
間違いなく存在するような気がする。
札幌のジョン・レノンと呼ばれる人より、
積丹のジョン・レノンと呼ばれる人のライブを観てみたい。

いずれにしても、ポールウェラーに例えられる方と共演できるのは
ありがたいことだ。
このような機会を与えていただき感謝しております。

              ◆

私のポール・ウェラーとの出会いは、ザ・ジャムである。
熱くエネルギッシュなサウンドながら、
クールで、スタイリッシュに感じてしまう唯一無二な存在である。

鼻歌を歌えるようなキャッチーなメロディの曲はそれほど多くはない。
キレのある独特のタテノリのリズムに引き込まれ、
なんとなく聴き続けてしまう不思議な魅力がある。
ポール・ウェラーのスモーキーな歌声と、
若干こもり気味の発音がまた良い。
聴きようによっては、鮎川誠氏に似ている気さえする。

ポール・ウェラーのボーカルは、
メロディと歌詞を明確に、そして、はっきりとした発音でやるには適さず、
しかも、楽器を弾きながらでなければ出ないノリがある。
これが本当のロック性なのだろう。
ジョー・ストラマーも同じことが言える。
名曲「デス・オア・グローリー」で、
声が少し裏返り気味になるところなど、たまらなくかっこいい。
ボーカリストという言葉なんかでは括れない。
とにかくロッカーなのだ。

ちなみに私が最も好きなザ・ジャムのアルバムは、
「セッティング・サンズ」(1979年)である。
バラエティに富んだラインナップながら、アルバムとしての一貫性があり、
たたみかけるような展開をする。
そして「イートン・ライフルズ」でハートの熱さは頂点に達し、
ラストの「ヒート・ウェーブ」でなんだかハッピーな気持ちになる。

ザ・ジャムに関しては、ベスト盤のようなコンビレーションものよりも、
スタジオ・オリジナル盤の方が確実に良さが出ている。
流れがいいのだ。
例えば、「デヴィット・ワッツ」という代表曲は、
ベストアルバムで聴くより、
サードアルバム「オール・モッド・コンズ」(1978年)で聴いた方が、
すごくいい曲に聴こえる。

20120525 

80年代半ば近くからのスタイル・カウンシルでの活動により、
私はポール・ウェラー離れをした。
あの洒落たポップ性についていけなかった。
スタイル・カウンシルが解散し、90年代にソロ活動を始めても
私が聴くのはザ・ジャムばかりだった。

そのうち21世紀になり、完全にポール・ウェラーから遠ざかった。
そんな時に出会ったのが、ロック知人・スミス西野氏である。
彼は、ポール・ウェラーがどう変貌し、どんな活動をしようとも、
アルバムをバイし、リスンしつづけた。
素晴らしいキャリアである。
堂々と履歴書に書ける経歴である。

そんな彼が聴かせてくれた、ポール・ウェラーの2005年リリースの
ソロアルバム、「アズ・イズ・ナウ」にいたく感動。
私をポール・ウェラー界にブリング・バックしてくれた。
と同時に、ポール・ウェラー=ザ・ジャムという音楽動脈の硬化から
救い出してくれた。

現在のポール・ウェラーも素晴らしい。
しわが年輪となり、実に渋く深みのあるボーカルである。
本日5月25日でポール・ウェラーは54歳になった。
最高にフレッドで、ペリーな気分だ。
スポンサーサイト

テーマ:音楽 - ジャンル:音楽





激しい雨様、ありがとうございます。
遂に出ていただけるのですね!
これまで何度もアタックしてきましたから、
感無量です!

松山くんはポール・ウェラーの影響を受けた
アーティストの一人ですね。
そのサウンドに滲み出ています。
実はライブは見たことないので、
私も楽しみにしているのです。

私は「札幌のウェラー馬鹿」です。
馬鹿っぷりは札幌一と自負してます。
AS IS NOWも素晴らしい作品ですが、
新作SONIC KICKSも刺激的に仕上がってます。
7児の父、まだまだ止まる事なさそうです。
【2012/05/28 23:23】 URL | M男 #-[ 編集]

M男さん、ありがとうございます。
最近のソロ出演のライブは、コピー曲ばかりやっていましたが、
7月のライブは新旧織り交ぜ自分の曲オンリーでいきます。
松山氏、外園氏のライブを見るのも楽しみですし、
lakuraというスペースでライブをできるのも楽しみです。
せっかくいただいた機会、気楽に、全力で挑みます。
【2012/06/08 23:32】 URL | 本人 #-[ 編集]















管理者にだけ表示を許可する



| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 トゥナイト今夜もRock Me Baby, All rights reserved.